「自分なりの和を求めて。夫婦でつくったモダンな日本建築」 by Y.Uniさん

「自分なりの和を求めて。夫婦でつくったモダンな日本建築」 by Y.Uniさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、雄大な自然を楽しめる土地で、木造日本建築をモダンに楽しむY.Uniさんの家づくりをご紹介していきます。懐かしさを感じさせる温もりと、洗練されたカッコよさのバランスが絶妙なお住まいです。

今回ご紹介するのはこの方です!

2018年11月に完成した家で、田舎暮らしを楽しむ26歳です。 完成直後がピークではなく、経年変化によって味のある家にしていくことを目標に、 自分なりの家造りを楽しんでいます!車好きな人がいるように、家好きな素人です。

オシャレでカッコイイ、ここにしかない和の空間

カッコ良さと機能美が魅力の住まいの入り口

Y.Uniさんご夫婦が暮らすのは、富士山の湧き水が流れる一級河川に隣接した木造2階建ての3LDKです。昔ながらの日本建築から感じられる、懐かしさや落ち着きにフィーチャーしながら、オシャレでカッコイイ自分なりの『和』を演出しているのが、Y.Uniさんの家づくりのこだわり。玄関からさっそく、深みのある炭モルタルの土間と奥行きを強調するようなレッドシダーの天井が、洗練されたカッコイイ和を印象付けてくれます。また、土間続きで設けた大きな収納スペースは、アウトドアが趣味というY.Uniさんお気に入りのスポットでもあります。

玄関・土間収納・キッチンを扉一枚を挟み一直線にレイアウトすることで、よりスムーズな生活動線をつくり出しているのも、Y.Uniさん宅の特徴であり魅力です。キッチンはさらに、回遊性のあるつくりになっていて、玄関側の反対からは勝手口へ、両サイドからリビングやダイニングへと全方向に開けています。とことん便利にこだわった印象のキッチンには、この場所を主に使うであろう奥様への優しさに溢れています。

シンプルで開放的な約30畳のLDK

キッチンは、各所へ続く出入りの開口部のほか、正面に大きな窓が設けられています。フルオープンではないけれど、決して閉じた場所でもない、絶妙なさじ加減で見通しの良さが適えられていました。そんなキッチンから広がるLDKは、3LDKの1階部分をほぼまるまる利用した、開放感たっぷりの空間。ここでは、異なるチェアがセットされたダイニングや、ちょっとユニークなカタチのグリーンたちが和をオシャレでカッコ良く演出していますね。

LDK全景です。多くを飾らないシンプルなインテリアと、木の色味や風合いによる見た目の統一感が、心も体も落ち着かせる雰囲気を醸し出しています。一方で、木であっても、床や柱、家具、ひとつひとつ異なる表情を魅せてくれるため、味わいのある変化と面白みも楽しませてくれます。

1・2階を繋ぐ、ゆったりとしたスキップフロアと吹き抜け

1階と2階を繋ぐのは、吹き抜けになった階段です。階段下にあたる収納スペースも、鎧張りレッドシダーの壁でインテリアの一部に馴染むどころか、アクセントになっているのが素敵です。気になるのは、収納スペースの上部がフラットに開けている点です。どのような空間になっているのでしょうか……。

階段を上ってみれば、その答えは明らかです。収納スペース上部は、ゆったりとしたスキップフロアになっていました。家全体に声が届き、家全体の様子を感じられる場所です。この先、家族が増えたら、この場所はとてもにぎやかで温かな場所になりそうな予感もします。また、大きくとられたスキップフロアは、インテリアの可能性を広げてくれるのはもちろん、階段の段差を緩やかにする効果もあり、暮らしやすさにもつながっていそう。

Y.Uniさんの家づくりは、自分なりに和を演出することがベースにあります。その結果、より心地よく、より暮らしやすい、なにより温もりに満ちた住まいが完成していました。Y.Uniさんの家は、まだ完成したばかりです。今後、さらに練り上げられていくインテリアや、変わっていくライフスタイルへの対応などにも、ぜひ注目してみてください。

Y.Uniさん邸の間取り図

Y.Uniさん宅は、2階建て3LDKの間取りの木造日本建築です。生活動線に配慮された玄関から続く1階は、ほぼ全体を贅沢に割いたLDK。様々な木の質感や張り方・組み方の違いで、シンプルでありながらも面白みのあるコーディネートをされているのが印象的です。また2階は、吹き抜けとスキップフロアを挟むことで、1階とのギャップが緩やかになっているのも特徴。一体感のある全体に風通しの良い住まいとなっています。

Y.Uniさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

Y.Uniさん

私の家づくりのテーマは、落ち着く空間です。祖父母の家やお寺って、小洒落てるわけではないのに何故か落ち着く感じがありませんか?私の家でも、そんな木造ならではの和の雰囲気の良さを活かしたいと思いました。でも、実は既知の『和』にオシャレなイメージはなかったんです。『それならオシャレでカッコ良い、自分なりの『和』を表現しよう!』というのが私の家づくりです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

Y.Uniさん

Atelier Key-menさんの照明が好きです。 絶妙な錆感や落ち着きを感じさせる照明は、木や和の雰囲気との相性も抜群で、非常に気に入っています。 また、無印良品さんも利用します。 他の家具の邪魔をしない、シンプルなデザインで重宝しています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

Y.Uniさん

NEALsYARDさんのアロマライトとアロマオイルです。妻が買ってきたのですが、部屋でくつろぐ時に使うとリラックスできます。最近ではすっかり気に入ってしまい、私が使っていることの方が多いです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

Y.Uniさん

家そのものやインテリアだけではなく、立地もこだわり抜いていたことでしょうか。実は、庭が富士山の湧き水が流れる一級河川に隣接しているんです。キレイな川が流れていることもあり、自然が豊かな環境です。今後も変わることのないであろう、窓を開ければ聞こえる川のせせらぎや、リビングから臨める雄大な風景は自慢です。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

Y.Uniさん

家づくりに関するブログなどができたら嬉しいですね。あとは、写真を複数枚同時に掲載したいです。

フォロワー様、いつも見て頂きありがとうございます!今は新築で、まだまだインテリアなど中途半端ですが、これからもっと自分らしい家づくりを進めていくので、引き続きよろしくお願いします。

Y.Uniさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


Y.Uniさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ