私に合うものはコレ!手放してわかった自分スタイル

私に合うものはコレ!手放してわかった自分スタイル

暮らしの中で当たり前のように使っているものは、自分にとって本当に使いやすいものでしょうか。他の人には使いやすいものも、自分には合わないなんてことも。一度立ち止まって、本当に必要なものは何かを考えてみませんか?ユーザーさんの手放してよかったものを参考に、自分スタイルを見つけてみましょう。

キッチン

ものが多くごちゃつきやすいキッチンは、すっきりとした状態を保ちにくく、使い勝手の悪さに心がモヤモヤとしやすい場所です。けれど、ものが多いからこそ本当に必要なものを考えたい所でもあります。ユーザーさんのキッチンで、手放してよかったものとはどのようなものでしょうか。

キッチンマット

こちらはbonobono54さんのキッチンです。タイル柄のクッションフロアが、インテリアの中でさわやかなアクセントになっています。水はねや油はねを防ぐためのキッチンマットは敷かず、タオルで代用しているそうです。キッチンマットよりも洗いやすく手軽なタオルを使えば、キレイな状態を保ちやすくなります。

キッチン足元マットを使わない派です。マットが無い分だけ、スピーディに掃除や手入れができています。
bonobono54

タオル掛け

museさんはキッチンのタオル掛けを手放しました。キッチンで使うタオルはハンドタオルサイズのものを用意して、一回の料理で使ってはこまめに洗濯しているそうです。タオル掛けにかけてもなかなか乾かず、湿った状態が続けば衛生面では気になります。けれど、このようにすれば毎回清潔なタオルを使うことができます。

キッチンのタオル掛けを廃止。一回の料理でハンドタオルサイズをどんどん使ってはこまめに洗濯してます。 こっちの方が衛生的?!タオル取り替え忘れはなくなりました(*'▽'*)
muse

炊飯器

ayaさんは炊飯器でごはんを炊くのをやめて、土鍋を使っているそうです。炊飯器は、置く場所に困ったり、置いていてもインテリアの印象を崩しがちです。けれど、このような鍋なら、使わない時でも置いておくだけでインテリアのアイテムとしてお部屋を彩ってくれます。ごはんを炊く時間も楽しみの一つになりそうです。

水切りかご

uniさんは、シンク脇の水切りかごを手放し、その代わりにワゴンを使っています。作業スペースが狭くなったり、キッチンをごちゃごちゃとした印象にしがちな水切りかごですが、このようにすればキッチンを広々と使えます。食器を乾かす間はキッチンがすっきりと見える場所に移動できるのもうれしいところです。

トイレ・洗面・脱衣所

トイレ・洗面所・脱衣所では、収納できるスペースの割に物が多く、一度片付けても、いつの間にか物で溢れているということはありませんか?そんな場所をすっきりとした状態に保つことができれば、きっと気分よく過ごせます。工夫とアイデアで自分スタイルを見つけてみましょう。

さまざまな掃除用洗剤

cocosorasakuさんの洗面所の収納スペースです。ラックなどを使い、ていねいでコンパクトにまとめられた収納は、見ていて気持ちがいいですね。お掃除用の洗剤は、家中のさまざまな場所で使えるウタマロのみを置いているそう。洗剤ボトルの数が少なくなれば、ごちゃつきの原因を減らすことができます。

トイレブラシ

ISM.mumさんはこれまで使っていたトイレブラシを手放しました。ステンレスのスポンジトングに使い捨ての洗い流せるブラシを挟んで、トイレブラシとして使っているそう。トイレブラシはブラシの部分が不衛生になりがちですが、これなら気になりません。掃除後も、ステンレスの柄であれば洗いやすく見た目もいいです。

洗濯かご

my_homeさんが洗面脱衣所で手放したものは、ランドリーのかごです。洗濯物を入れるためのものは、それ自体が場所を取ってしまい、使っていない時も存在感が大きくなってしまいます。このようにランドリーバックに替えて、フックにひっかけて収納すれば、すっきり感を保つことができて、床の掃除もしやすいです。

リビング

リビングのインテリアを考えるとき、どの商品にしようかな?と迷う前に、どんなものが必要かな?ということから考えてみましょう。お部屋もそれぞれ、暮らす人の生活スタイルもそれぞれです。自分に合ったリビングのスタイルを見つけたユーザーさんの、手放したものをご紹介します。

センターテーブル

こちらはkey_kanaさんのリビングです。シンプルでスタイリッシュな中にあたたかみのあるコーディネートです。ソファ前のセンターテーブルを手放して、シンプルなデザインのサイドテーブルのみを置かれています。そうすることでテレビ前が広々として、お部屋全体にゆとりが生まれ、広々とした印象になっています。

結果、リビングが広々使えていい感じ(^^)子供も走り回ることが出来て楽しそう☆
key_kana

ラグ

冬の時期だけ使えるラグを探し続けていたというaya__ieさんは、条件に合うラグが見つからず、ラグを敷くこと自体を辞めることに。代わりに、無印良品の毛布を必要な時に持ってきてこのように使っているそうです。使わない時はコンパクトに収納できたり、ラグより洗いやすかったりと、お家のキレイも保ちやすいです。

ソファ

tokoさんのリビングでは、ソファを手放されました。お部屋の中で場所を取るソファは、もしかしたら無い方が都合がいいこともあるかもしれません。テーブル周りがすっきりとして、明るい色のラグがお部屋をさわやかにしています。ものを置く場所と置かない場所のメリハリのついたバランスの良いコーディネートです。


手放して良かったものや、別のものの方が使いやすかったという実例をご紹介しました。何気なく暮らす中で当たり前になっていることも、工夫とアイデアしだいで、より自分に合うスタイルを手に入れられるかもしれませんよ。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「もたない」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ