「My homeが一番のおでかけスポット。至福の時間に満ちた家」 by Hottyさん

「My homeが一番のおでかけスポット。至福の時間に満ちた家」 by Hottyさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、リノベーションで実現した理想の間取りを、ソフトインダストリアルなインテリアでコーディネートされているHottyさんと、そのお宅の魅力に迫ります。メディアで人気スポットに選ばれそうな、コンセプトのある各空間のつくり込みが秀逸なお住まいです。

今回ご紹介するのはこの方です!

家を購入するにあたり、思い通りの間取りや素材にしたかったため、新築マンションの選択肢はまったくなく、リノベーションに決めました。2018年10月に家は完成したものの、まだまだやりたいことがたくさんあります。妻とゆっくり、つくりあげていきたいと思います。

充実した休日気分を味わう暮らし

セレクトショップのような玄関土間から……

Hottyさんのお住まいは、リノベーションで間取りから素材まで、ご夫婦の理想を丁寧に叶えた1LDKのマンションです。玄関扉を開くと迎えてくれるのは、靴好きな趣味もうかがえる、セレクトショップのような土間空間。Hottyさんは、『賃貸だと、玄関に置ける靴の数には限りがあり、気が付くといつも同じ靴ばかり履いていた』と言います。そうした経験から、大好きな靴をたくさん飾れるこのスペースは、家づくりに際して取り入れたかったこだわりのひとつなのだそうです。

土間空間には、まだまだ他にもHottyさんの好きなものが詰まっています。こちらは、趣味グッズやアウトドアグッズをディスプレイしながら収納できるコーナーです。有効ボードを活用しているため、レイアウトも自由自在に変えることができますね。

Hottyさんは住まいづくりについて次のように語ります。『並ばないと入れない雰囲気のよいカフェや人混みをかき分けないと行けないお気に入りのセレクトショップ、上映時間と周囲の人を気にしないといけない映画館など、休日に出かけて行きたいスポットにはなにかしらのストレスがついて回ると感じるんです。それなら、いっそのこと家の中に、そんなスポットをつくってしまおう!そう思いました。』と。

だから、玄関土間をはじめ、1LDKの各空間は、それぞれ異なる『お出かけスポット』を意識したコンセプトに基づいてコーディネートされています。では、セレクトショップのような土間玄関から続く、ナチュラルを程よく織り込んだソフトインダストリアルな空間の先には、どんなお出かけスポットが待っているのでしょう。

シネマカフェのようなLDKへ

寝室を区切るパーテーションのような壁に面した通路を抜けると、贅沢なくつろぎのひとときを提供してくれそうな、カフェ空間に出ます。ミニマルにコーディネートされた、フルオープンなキッチンがインテリアにナチュラルに溶け込んでいるのが印象的。カップボードや吊り棚のような、圧迫感のある収納を使わず、コンパクトなオープンシェルフにすっきりと食器類をまとめているのもオシャレです。オープンシェルフの置かれている周辺には、スペースにだいぶ余裕があるようです。こちらには、いずれカウンターを設置予定とのこと。実現後は、ますますカフェ感が盛り上がっていく予感がします。

キッチンの正面は、大き目のソファを中心にコーディネートされた、落ち着いた雰囲気のリビングです。5.1chのシアタースピーカーで、上質な映画鑑賞や音楽視聴を楽しめるがこの空間の魅力のひとつ。総じて、LDKのコンセプトはシネマカフェといったところでしょうか。バルコニーに面した窓にかかる、インディゴのロールスクリーンを降ろせば、劇場にあるプライベートシートのような雰囲気に浸れそうです。

観葉植物店のようなサンルームで至福の時間を……

続いてのスポットは、LDKの奥にある観葉植物店のようなサンルームです。バルコニーに張り出す形のサンルームは、開放感と同時に適度なおこもり感も与えてくれる、心地よい空間。ハンギングや棚置きなど、さまざまなスタイルで飾られた観葉植物たちが、表情豊かに目を楽しませてくれます。一脚だけ置かれたハンギングチェアに揺られながら、のんびりと過ごす時間は、日常の忙しなさから心身ともに開放される至福のひとときではないでしょうか。

また、おこもり感を味わいながらも、ふと振り向くと、とっておきの『お出かけスポット』たちを見渡すことができます。それは、いろいろなスポットをイメージしたインテリアづくりをされているからこそ、見られる特別な景色。そして、その景色は本当にお出かけをしても決して見ることはできない、ここにしかない眺めでもあります。

Hottyさん宅は、いろいろなお出かけスポットを、充実したプランでスムーズに巡らせてくれます。それは、ひとつの家の中でだからできること。住まいづくり、インテリアづくりの可能性に、豊かな広がりを感じさせてくれるHottyさんの毎日は、これからまだまだつくり込みが進むと言います。今後からも目が離せませんね。ぜひ、注目してみてください。

Hottyさん邸の間取り図

Hottyさん宅は、1LDK+サンルームの間取りです。ライフスタイルの変化に合わせ、サンルームをひと部屋に変え2LDKとする計画もあるそう。トイレと洗面所以外、外扉を設けていないのも特徴的なポイントです。住まいの両端、ウォークインクローゼット側とバルコニー側の窓を開放すれば、心地よい風が室内を吹き抜けます。

Hottyさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

Hottyさん

無垢材の温もりとアイアンの無機質感のある、ソフトインダストリアルです。経年変化するものが好きなため、レザーや木材を積極的に取り入れています。これから先、30年40年……よい意味で古さを楽しめるものを選びました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

Hottyさん

TRUCK furniture、CRASH GATE、Antiques & Repair eel、SETT FURNITUREなどです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

Hottyさん

Antiques & Repair eelで購入した、手彫りのスツールです。素材感、フォルムともにとても気に入っています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

Hottyさん

服、靴、アウトドア用品が好きなので、収納もインテリアの一部になるよう心掛けています。 また最近は、妻がスワッグづくりにはまっているので、サンルームのインテリアとして飾っていこうと思ってます。あと、サンルームの目の前にある、桜が開花するのが今から楽しみです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

Hottyさん

DIYなどのワークショップがあれば、参加してみたいです。 他のユーザーの方々の素敵なお住まいを拝見しながら、今後も理想の住まいづくりをしていきたいと思います。

Hottyさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


Hottyさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ