アンティークな雰囲気にあこがれる♡古道具のある部屋

アンティークな雰囲気にあこがれる♡古道具のある部屋

アンティークな家具や古道具などを取り入れたスタイルのお部屋は、センスがあってあこがれるけれど、いざ挑戦しようと思っても悩んでしまう方も多いのでは。今回は、気軽に取り入れられる古道具の小物から古家具まで、その魅力を活かしながら、今の暮らしに上手に取り入れているユーザーさんの実例をご紹介します。

古道具が置かれた部屋を見てみたい!

大きな家具を変えるのはなかなか勇気がいるという方には、まずは雑貨からひとつ取り入れてみてはいかがでしょうか。ひとつだけといっても、まわりの雰囲気がガラッと変わることもありますよ。それでは、実例をご紹介します。

今使っても便利な銭湯の脱衣かご

昔ながらの銭湯に行くと見かける、籐などの自然素材の脱衣かご。こちらのユーザーさんは、蚤の市で購入されたそうです。ざっくり編まれている感じが、なんとも素敵です。お家の古家具や古道具との相性もよく、懐かしい場所に来たような雰囲気です。実用性もありますし、収納として使っても便利ですね。

スペースを引き締める小引出し

こちらは、かごや文房具などがずらっと並んだ飾り棚です。一番下の段の左端にある小引き出しが、ユーザーさんがずっと探していたという古道具です。中には書類を収納されているそうです。実用性はもちろんですが、インテリアとしても経年の趣が、スペース全体を引き締めています。

先日古道具屋さんで、ずっと探していた素敵な小引き出しと出会えました。 新たな書類収納場所に。
MIARA

グリーンに合わせる古道具

こちらのユーザーさんが取り入れている古道具は、糸巻きです。左の鉢植えのフラワースタンドとして使われているものが、糸巻きだそうです。おしゃれなフラワースタンドにしか見えません!こんな使い方もある古道具はグリーンとも相性がいいので、初心者でも取り入れやすいですね。

古道具の糸巻き。 見た瞬間「プランタースタンド…!」と思って。 黒ズミや糸の油分?こびりつきもあったのできれいにヤスリがけをして、オイルを塗り込んで蘇りました 意外とゴツかった… 植物がもっと成長すれば、バランス取れるかな?
KotoRi

時代とともに生きてきた、魅力的な古家具

アンティークスタイルと聞いて思い浮かぶのは、古き良き時代から大切に使われてきた、味のある棚、テーブル、ソファなどの古家具です。次に、アンティークな家具をメインにしてお部屋作りをしている実例を見てみましょう。

喫茶店のようなヴィンテージのソファ

レトロな喫茶店に来たような雰囲気の、こちらのお部屋。味のある照明の横にあるオレンジソファは、北欧のヴィンテージソファだそうです。昭和の時代にタイムスリップしたような空間に、オレンジ色が似合います。まわりの家具やインテリアも、古き良き時代を感じさせるものがいっぱいで、センスが感じられます。

日本の台所を守ってきた水屋箪笥

食器棚は、昔は「水屋箪笥(みずやたんす)」と呼び、水を扱う台所で使う箪笥として愛されていました。こちらのユーザーさんの箪笥には、和食器がリズムよく並べられています。木目の色も、長年使われていたぬくもりを感じる色合いです。キッチンにお気に入りの古家具を取り入れると、毎日の食事作りも楽しくなりそうです。

水屋食器棚がずっと欲しくて…でもサイズや値段で迷いに迷ってました。 結局 私は古家具のネットショップで買いました(*'.'*)
yopppyyy

ちゃぶ台で落ち着きのある寝室に

ベッドルームに置かれた、味のある箪笥とちゃぶ台。床に近いロースタイルでの生活は、ちゃぶ台などのローテーブルがあるといいですね。味のある色合いの箪笥とも相性がよく、ディスプレイしているドライフラワーが映えています。昔ながらの和の雰囲気とベッドのある現代の雰囲気が、うまくマッチしています。

これぞ古道具!懐かしいあのアイテム

最後に、置いておくだけでアンティークな空間になる、「これぞ古道具!」というアイテムをご紹介します。生活にかかせなかったものですが、現代では、置くだけでインパクトがあるセンスのいいインテリアとして生き続けています。

あこがれのクラシックカメラ

こちらのユーザーさんのお宅の飾り棚には、カメラやビデオ、ラジオなどの、懐かしい機器がずらっとディスプレイされています。今はカメラといえば、スマホのカメラやデジタルカメラが多く、形もスマートです。クラシックな重厚感あるたたずまいのカメラは、インテリアとして飾っても絵になります。

思わず取ってしまうかも?ダイヤル式の黒電話

ダイヤル式の黒電話をディスプレイされているユーザーさんです。まわりの雑貨の中に自然に溶け込んでおり、ジャンクスタイルのかっこいいスペースになっています。プッシュ式の電話やスマホしか見たことのない世代には、味のあるインテリアとして重宝されそうですね。

海外シネマに出てきそうなタイプライター

アンティークブルーのカラーが目を引く、タイプライターです。タイプライターは今のパソコンの前身で、キーをたたいて文字を紙に印字する機械のことです。長く愛されてきた風合いが出ていますね。重厚感があるので、置いておくとまわりのインテリアがワンランクアップしたような雰囲気になります。

木とアイアンの組み合わせが魅力の、足踏みミシン

こちらは足踏みミシンと呼ばれ、親しまれてきたアンティークミシンです。今では、作業台やディスプレイスペースとして使う方も多いようです。木とアイアンの組み合わせが、アンティーク感をアップさせます。ユーザーさんは、ブライワックスで台をきれいにリペアされているそうです。大切に長く付き合っていきたいですね。


いかがでしたか?古道具を取り入れたお部屋はセンスがいいのはもちろんですが、懐かしく温かみが感じられましたね。みなさんも、古道具や古家具のあるアンティークスタイルを、お部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「古道具 アンティーク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ