「無駄なくスマートに、インテリアを引き締めるI型キッチン」 by takayoさん

「無駄なくスマートに、インテリアを引き締めるI型キッチン」 by takayoさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、北欧風の味わいのあるインテリアで、リラックスした空間づくりをされているtakayoさん宅の、すっきりとモダンなキッチンをご紹介します。レイアウトや収納の工夫など、参考にしたいキッチンづくりのアイデアをたっぷりと見ていきましょう。

夫婦ふたりの生活です。 居心地のよい空間を目指して、築30年の中古マンションをフルリノベーションしました。 お気に入りの家具や雑貨に囲まれた、シンプルながらも彩りある『好き』だらけの空間。 そんな我が家です。

丸見えでも様になる、インテリアのような佇まい

takayoさんご夫婦の住まいは、木の風合いやビビッドな差し色など、落ち着く温もりと遊び心がバランスよく共存した、スタイリッシュなインテリアでコーディネートされています。キッチンもまた、そうしたインテリアの一部として空間に映える素敵な存在。ステンレスのシャープで無駄のない佇まいが、ナチュラル要素の多いインテリアの雰囲気を、キリッと引き締めているのも印象的です。まずは、takayoさんなりのキッチンづくりへのこだわりや、工夫した点などからお伺いしていきます。

takayoさん

「開放的なリビング空間にするため、リノベーション時に、キッチンの位置を壁付けのI型に変更しました。また、生活感が出やすい食器棚は、リビングから見えない位置にパントリースペースをつくり、そこに収まるようにしています。見せたいものはキレイに見せる&見せたくないものは隠すを意識し、リビングから丸見えでも恥ずかしくない、インテリアのひとつのようなキッチンを目指しています。」

シームレスなLDKを適える、I型のオープンスタイル

中古マンションをリノベーションされたというtakayoさん宅は、ご夫婦のライフスタイルを充実させるようにLDKに比重を多くおいた間取りになっています。特に、リビングにゆったりと大きく空間を割いているのが特徴。開放感のあるリビングを支えているのが、コンパクトにLDKの端につくられたI型壁つけキッチンのようです。

フルオープンで、吊り棚など空間を仕切るものもないため、シームレスなLDKを実現しています。だからこそ、キッチンの佇まいや収納には、ひと際気をつかわれたのではないでしょうか?ここからは、気になるキッチン選びや収納の工夫に焦点を当てながら、さらに詳しくtakayoさん流のキッチンコーディネートのメソッドに迫ります。I型壁つけで動線のよい開放的なキッチンにしたいという方や、高い位置に収納を設けたくないと考えている方は特に必見です。

キーワード1 存在感抜群のオールステンレス仕様

takayoさん

「インテリアを選ぶような感覚で決めたオールステンレスのキッチンは、サンワカンパニーのものです。艶感があり鏡のように周囲を写すため、存在感はありますが、不思議と圧迫感はありません。また、ステンレスは無機質なイメージもあります。でも、木製品やポップな色との相性も意外と良いんです。うちでは、ラタンバスケットや赤色の水切りカゴを置いて、リビングの雰囲気に合わせています。」

キーワード2 アイランド感覚の、大きめダイニングテーブル

takayoさん

「キッチンの背面に置いたダイニングテーブルは、大きめを選びました。友達がたくさん遊びにくるので、大活躍です。また、普段はこのダイニングテーブルを作業スペースとしても活用しています。本当は、アイランドキッチンに憧れがあったのですが、うちはこのスタイルでアイランドキッチン気分をたのしむことにしました(笑)レシピ本や動画を置いて、時々確認しながら料理をしたり、おかずを並べてお弁当をつめたり……具材をまぜたり、皮をむいたり、といった夫のお手伝いスペースにもなります!」

キーワード3 メタルラックを使った自分流収納で快適に!

takayoさん

「私の背が低いので、高いところにあるつくり付け収納などは使い勝手が悪いため、うちのキッチンにはありません。それでも収納不足にならないのは、メタルラックが、それをカバーしてくれているから。サイズも多様で、棚より圧迫感も少なく、カゴやS字フック、ステンレスピンチなどを組み合わせて自分流にカスタムできるのも魅力です。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

takayoさん

「RoomClipでたくさんの方のお部屋をみるのはもちろん、インテリア雑誌を見たり、カフェなどのお店の雰囲気や使っている食器を見たり、インテリアや家具のお店に行ったり、美術館や旅行に行ったりと、『色々なところに行き 色々なものを見る』ということを大切にしています。

出会いや『好きだ!欲しい』と直感したものを、写真やイラストに残していく作業をしていると、いつしか自分の好みがハッキリと見えてきます。具体的なイメージを大切に、キッチンづくりや お部屋づくりをはじめるとスムーズに『好き』が集まった空間が手に入るんじゃないかな……と思います。」

まとめ: 心から大好きと呼べる空間を目指して

経験や直感から膨らむインスピレーション、そして自分に合った使い勝手、takayoさんがつくるキッチンには、こうした要素が丁寧かつバランスよく詰まっていました。インテリア性を意識して、生活感を隠せるように間取りをつくったり、ダイニングテーブルをアイランドのように活用できるレイアウトにしたりと、I型壁つけキッチンをより使い勝手よく、スマートに表現する工夫が素晴らしいですね。

takayoさんが目指すのは、『好き』だらけの空間だと話してくれました。でも、好きな道具や好きな色を集めただけでは、十分とはいえないのではないでしょうか。特にキッチンでは、気持ちのよい使いやすさこそが要ともいえます。そして、takayoさんは見事に、見た目も雰囲気も、使い勝手も大好きと言える空間を手にされていました。ぜひ、参考にしてみてください。


takayoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ