かっこよさと癒し☆ビターテイストな動物モチーフを飾る

かっこよさと癒し☆ビターテイストな動物モチーフを飾る

どんな人の部屋にも必ずある動物モチーフ。かわいいものやゆるキャラ風など、さまざまなテイストの動物モチーフがありますが、今回は大人っぽさを感じるビターテイストな動物モチーフをご紹介します。男前インテリアやスタイリッシュなお部屋で、いいアクセントになりつつ、癒しと遊び心もあふれる使い方をご覧ください。

アニマルオブジェの計算された置き方

動物モチーフで一番お部屋に取り入れている方が多いのは、アニマルオブジェではないでしょうか。棚などにちょっと置くと、お部屋の雰囲気が変わりますね。ユーザーさんがどのようなオブジェをどのように置いているのか、実例をご覧ください。

全体のトーンをそろえる

北欧インテリア好きさんに大人気のカイボイスンのモンキーを大人テイストに飾っているsawasaさんのお部屋です。モノトーンでまとめられたインテリア小物のなかで、淡いベージュのメープルオークのモンキーが軽さを感じさせてくれます。テイストを統一するのがポイントですね。

動物のいるシーンを想像する

フランフランのトナカイオブジェと白樺ツリーを組み合わせて、冬のワンシーンを作りだしているnao0219さん。黒い窓枠が印象的な背景はなんとポスターだそうです。寒さが伝わってきそうなディスプレイですね。動物モチーフから、ひとつのシーンを作りあげていくテクニックは勉強になります。

たくさん並べて、グリーンと飾る

ANNAさんはシュライヒの動物フィギュアを大人買いして、グリーンと合わせました。動物と植物の組み合わせは相性抜群です。一緒に飾ると、どちらも生き生きとして、動物たちは今にも動きだしそうな雰囲気です。見ているだけでリラックスできる癒しのコーナーですね。

動物柄ファブリックアイテムで自分らしさを

クッションやラグなどのファブリックアイテムはお部屋にあたたかみを添えてくれるとともに、部屋の印象を決める重要なアイテムでもあります。無地やいつも選んでいる柄を動物柄に変えてみるのも、気分がガラリと変わっていいかもしれません。人とかぶらない自分だけの空間を作りあげているユーザーさんの実例です。

収納ボックスにリアルな動物柄

furuhouseさんは、リアルな動物がプリントされた収納ボックスを愛用中です。シンプルな収納ボックスが多いなか、こちらを選ぶあたりにセンスを感じます。こんな柄のボックスなら、見せる収納に使いたいですね。オープン棚の収納に使っても、リビングにそのまま置いてもよさそうです。

動物フェイス柄クッション

ソファーに置かれたクッションにはイヤフォンをする犬の顔が描かれて、とてもユニークです。無地や定番柄を選びがちなところを、ayaya.hanaさんのように動物のフェイス柄をチョイスしてみると、お部屋にこなれ感がでますね。いつもの気分に飽きたら、やってみるのはいかがでしょうか。

シマウマが描かれたフロアラグ

柄ものが多くあるchiikokoさんのお部屋にすんなりとなじんでいるネイビーのシマウマのラグ。全体的にダークカラーが多く、落ち着いたトーンでそろえているから、柄×柄でも違和感なくまとまっているのですね。真似したいポイントです。牛の模様のクッションとの組み合わせもオリジナリティあふれます。

ソファー周りは意外と柄物があるので、シマウマさんはここにも合うな。
chiikoko

壁のディスプレイは大人っぽい動物モチーフで

最後に、動物モチーフで壁を自由に彩っているユーザーさんの実例をご紹介します。アイテムは異なりますが、どれも置かれた空間のなかでスパイスになると同時に、癒しを与えてくれています。ここでも、色が抑えられた動物モチーフを使って大人っぽさを演出している様子が見られますよ。ちょっとした遊び心も感じます。

クジラのアートポスター

Reiyaさんのトイレでは、IKEAのクジラのポスターがお迎えしてくれています。クジラの色合いと背景の古材風のアクセントクロスの色味がマッチしていますね。さわやかなインダストリアル感がある空間です。ビターテイストに興味がある方は、こんな風に小さな空間からインテリアを変えるのがおすすめです。

モノトーンで印刷した動物の写真

動物たちのどアップに目を奪われるポスターは、10ri5100さんが好きな動物の画像をプリントアウトしたものです。手軽にできるアイデアは、今すぐ真似できそうでいいですね。モノトーンでまとめているので大人っぽさがあると同時に、遊び心も感じます。3枚まとめて飾っているのもインパクト大です。

動物画像をプリントして貼っただけなんだけけど、可愛くて癒されてます(*´꒳`*)♡
10ri5100

ブラックのツバメモチーフ

k.i.brothersさんのお部屋では黒いツバメのモチーフが、DIYの棚に飾られています。男前インテリアのなかで、ツバメのシルエットがやわらかさを添えています。朽ちたような板で作られた棚とブラックで統一された小物類、グリーンの配置など、バランスを見習いたいですね。

ダークカラーの動物柄のクロス

コンクリート打ちっぱなしの天井やヴィンテージ家具など、mari919さんのクラシカルのお部屋でひときわ目立つのが、ナタリーレテの動物が描かれた壁紙です。たくさんの動物が鮮やかな色で描かれていますが、不思議と落ちついた雰囲気がありますね。アクセントクロスを考えている方は、こんな選択肢もありますよ。


動物モチーフを大人っぽく飾るポイントは2つありました。色味を抑えたものを選ぶこと。デフォルメされておらず、本物っぽい見た目のものを選ぶことです。お部屋に落ちついた遊び心が欲しい方は、ぜひビターテイストな動物モチーフを加えてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「動物モチーフ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ