「わかりやすい収納ルールで、家族誰もが収納上手!」 by importantさん

「わかりやすい収納ルールで、家族誰もが収納上手!」 by importantさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、モノトーンとブラウンを基調とした男前シンプルインテリアにお住まいのimportantさんに収納のコツをお伺いしました。快適な暮らしへとつながる、家族内の収納ルールとは?家族全員がわかりやすい収納環境の秘密に迫ります。

今回教えてくれたユーザーさん♪

祖父、祖母、ほぼ大人の学生2人、主人と私の6人、2世帯住宅、築40年以上のスケルトンリフォームです。 1Fは男前系+和、2Fは北欧系と色々織り交ざっていますが「わくわくする家」を目標に日々楽しくがんばっています。

いつも見てもワクワクする収納をモットーに

築40年以上のお宅をスケルトンリフォームされたimportantさん。見せる収納をインテリアの一部として効果的に取り入れながら、男前インテリアを楽しまれています。そんなimportantさんのお宅は2世帯住宅。3世代の家族が同居し、持ち物の種類も様々で、物の量も多いはず。どのような工夫をし、快適な収納環境を作り上げているのでしょうか。

importantさん

「家族誰もが見つけやすい、使いやすい、戻しやすい収納になるように”見せる”と”隠す”をうまく使い分けています。そして、『いつ見てもわくわくする!』をモットーにしています。」

「いつ見てもわくわくする収納」素敵ですね。家族の人数が多いと、物も多く、物の出し入れ回数も多くなります。散らかりやすい要素が自然と多くなりますよね。importantさんは、見せる収納と隠す収納を上手に使い分けながら、家族誰もが使いやすい収納にされているのですね。確かに、importantさんの収納には、見せる/隠すのメリハリが見られます。家族みんなが使いやすい収納環境を整えられれば、きれいなお部屋をいつもキープできますよね!

さて、そんな家族が多いimportantさんがお家で取り入れている「わかりやすいルールのある収納」をご紹介いただきます。このルール、実はとってもシンプル!家族が自然と片付け、収納上手になる簡単ルール、早速拝見していきましょう。

わかりやすいルールのある収納3つのコツ

その1 ぱっと見てわかるようにする

importantさん

「パントリーやキッチン背面収納棚の奥行きは15cm~20cmと浅めにしてあるので、多くても2列目までの収納量にしています。そのとき、なるべく物と物が重ならないよう、食品なんかはパッケージが見えるように置くことを心がけています。 (集合写真時の、人と人の間に立ってください的な感じ)」

その2 家族で共用する場所は、共用する物を置く

importantさん

「リビングのTVボードの収納には、救急箱ならぬ救急引出しに。他には、掃除のときに使うコロコロクリーナーとその替え。クイックルワイパーシート、ゲーム機のコントローラーとみんなで使う物を見せて収納しています。」

その3 家族をグループに分ける

importantさん

「シューズクロークや1F洗面所の棚がそうなんですが、棚が4つあったとして、1つはみんなで共用。残りの3つは、子ども2人用。祖父祖母用、父母用とグループに分けて棚を使っています。」

オススメの収納アイテム

ITEMfog グロッサリーバスケット
PRICE1404円~

ハンドメイドでワイヤーで作られており、いびつさも味になっています。フキンを入れてもよし、コーヒーセットをまとめて入れてもよし、果物を入れてカウンターやテーブルにそのまま置いてもよし。見せる収納にぴったりです。 この他にも、サイズや形が違うカゴの種類を買いそろえています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

importantさん

「私も正直、収納は得意ではありません。 毎日の生活の中で『なんか不便だな』『使いにくいな』と誰もが感じていることは必ずあるはず。それを行動にしていっただけです。取っ掛かりは、お風呂場の石鹸ケースがすぐヌルヌルする。洗うのが面倒だな。ケースなしで浮かせるグッズがある!採用!と言う感じです。 そんな風に興味を持ち始めると、楽しくなっていきました。 皆さんも、『そーいえば』って所から始められてはどうでしょうか?もちろんお気に入りグッズも交えながら。」

家族の簡単な収納ルールを作ろう!

importantさんは、家族共通の収納ルールを決め、そのルールに従って収納を作りあげていました。そのルールは、とても簡単!キーワードは「わかりやすさ」です。パッと見てすぐわかることを基本とし、物をグループ可。共通の物、個人の持ち物と区別して収納場所を変えることで、家族が自分の目的の物を出し入れしやすくされていました。こうすることで、家族全員がわかりやすく使いやすい収納ができ上がるのですね。

ルールが多くては、続けづらくなるもの。収納が苦手な方、家族が協力的でない方など、まずはimportantさんが教えてくれた簡単な収納ルールから取り入れてみるのもいいかもしれません。皆さん、ぜひ参考にしてみてください!


importantさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ