こんな使い方もできるんです!麻袋のインテリアリメイク術

こんな使い方もできるんです!麻袋のインテリアリメイク術

丈夫な袋で、穀物の運搬など実用シーンで活躍する麻袋。実はアレンジを加えると、インテリアアイテムとしてもいい味が出せる優秀アイテムなんです。ナチュラルでかっこいい素材感で、他にはない独特の雰囲気を醸し出すことができます。今回は、ユーザーさんの実例をもとに、麻袋リメイクをご紹介したいと思います。

カバーとして使う

麻袋は、生活感を消すカバーにうってつけです。普通の布でもカバーになりますが、麻の独特な風合いとナチュラルなカラーは、こなれ感を与えてくれます。気になる場所やアイテムに使って、お部屋のスタイルアップに役立てたいですね。

プランターカバーに

ナチュラルクールなお部屋に、大きなニトリのフェイクグリーンが印象的です。プランターは麻袋でカバーし、グリーンのインテリア性をパワーアップさせています。深い緑とアースカラーの組み合わせは、シックな中に爽やかさを感じますね。少し大きめだったという麻袋は、折り曲げて安全ピンを使い調整しているそうです。

袋タイプのティッシュカバー

Mitsuさんは、ボックスティッシュのカバーにアレンジしていました。麻袋を袋状に縫って、入れ替えしやすい形に工夫されています。柄のデザインも活かされていて、さりげなく置いておくだけでアクセントになるようなアイテムになっています。コロンとした形も可愛らしいですね。

下の部分を袋状に縫って上の重なる部分にボタン付け 口を紐で縛ったシンプルなものです。笑 入れ替える時はボタンと紐を外すだけです!
Mitsu

洗濯機の生活感をオフ

大きめの麻袋なら、このように洗濯機のカバーとして活用することもできます。コーヒー豆の麻袋を2枚に切って、そのうちの1枚を巻いているんだそうです。洗濯機がすっぽり覆われるので、生活感のないスペースを作ることができます。家中いろいろな場所のカバーとして応用することができそうです。

おうちにあるアイテムを麻袋でリニューアルさせる

今おうちで使っているアイテムを、麻の風合いにイメージチェンジさせることもできます。ステンレスやシェードなどの無機質な素材も、麻袋のアレンジを加えればぐっと温もりが増しそうです。また、やぶれてしまったスツールの座面の張り直しに活用して、新品同様のアイテムとして生まれ変わらせるアイデアも必見です。

ステンレスのかごに巻いて

ダイソーの麻袋を半分に切って、ステンレスカゴを麻カゴにリメイクしていました。シャープな印象があるステンレスカゴも、麻袋でナチュラルな雰囲気に早変わり。中に入れたものが見えにくくなり、目隠し効果も期待できそうです。留めるために使ったというウッドピンチもいいアクセントになっています。

半分にちょん切って底のある部分はそのままカゴ入れて適当にとめて終了、もういっこは口の部分を紐で締めてそっちをカゴの底にくるように入れて。で、上部をウッドピンチで適当にとめて完成です!
eregon

ランプシェードをクールに

麻袋1枚で、巾着風グリーン飾りやタペストリーなど何種類ものアイテムを作ったというreksさん。こちらのランプシェードカバーもその中の1つです。しかも簡単にマネできるのに、雰囲気をがらりと変えられるアイデアなんです。灯りを点けていないときもオブジェとして楽しめます。

☆ランプシェードに巻いてみる☆ ぐるりと巻いて後をグルーガンでとめただけ。 ☆巾着風グリーン飾り☆ 一面だけ麻ひもで軽く大きめに縫う アクセントにハトメを打つ
reks

スツールの座面をリメイク

座面が破れてしまったスツールを、麻袋でリメイクしたarch.to.meetさん。コーヒー豆の麻袋で張り変えて、100均のロープと黒く塗ったビスで仕上げた作品です。麻袋だけではすけるので、生成りの生地も一緒に使っているそうです。自分で補修して使い続けられるのはうれしいですね。

オリジナルのインテリアアイテムにリメイク

他にも、オリジナルインテリアアイテムなどにリメイクしているユーザーさんもいらっしゃいます。麻の無造作感を出してインパクトを与えたり、他の素材とミックスさせたりと、アレンジ力で作品の幅が広がります。個性が出るのにインテリアに馴染みやすいので、お部屋作りに役立ちそうです。

のれんにして、カッコよく目隠し

mayumayuさんは、麻袋を分解してのれんにリメイクしていました。お部屋の仕切りにしても圧迫感がなく、ナチュラルに目隠しをしてくれる優れものです。麻の素材感で、お部屋が爽やかな印象になるのも魅力です。

味のあるタペストリーに

夏になると出したくなるアイテムとして紹介してくれた、麻袋のタペストリーです。流木を使うことでマリンテイストも加わります。デザインも、ステンシルを使ってオリジナルで作っているんだそうです。あえて切りっぱなしにしたカジュアル感も素敵ですね。

涼し気な玄関マット

麻袋で玄関マットを作ったmamiさん。玄関マットとしては珍しい素材ですが、ナチュラルなカラーは涼し気な玄関をコーディネートしてくれます。デザインのかっこよさもうまく活かされていますね。玄関マットとしての使い勝手を考えて、滑り止めを縫い付けるという工夫も取り入れていました。

絵になるウォールポケット

chikoさんは、麻袋をウォールポケットに変身させていました。上の段は、ボックスティッシュを入れて引き出して使えるスペースに。下にはポケットをいくつか付けて、工具や文房具などを収められるようになっています。皮を付けたりステンシルでアレンジをしたりして、絵になる収納アイテムに格上げされています。


いかがでしたでしょうか。切ったり縫ったりと、麻袋も普通の布と同じような扱いでアレンジすることができるので、気軽にチャレンジできそうですね。100均やホームセンターなど身近な場所で手に入るので、ぜひ試してみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「麻袋 リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ