「上品に端正に。想いを込めた、軽やかな住まい」 by Yさん

「上品に端正に。想いを込めた、軽やかな住まい」 by Yさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回はご紹介するのは、奥ゆかしくも凛とした空間づくりをされているYさんと、そのお宅です。知れば知るほどに奥深く、丁寧に研ぎ澄まされた魅力に触れることができます。

今回ご紹介するのはこの方です!

工務店の3代目となる大工の夫と、夫が信頼する職人さん方のお陰で、暮らしやすい平屋の終の棲家が完成しました。

たおやかな家と端麗な暮らしを

匠の技が光る、常に快適な空間

富山県某所にゆったりと佇むモダンな3LDKの平屋が、Yさんご夫婦のお宅です。玄関を入るとすぐ迎えてくれるのが、こちらのシックなダイニング&キッチン。オブジェのような佇まいのアイランドキッチン、冷蔵庫までノイズレスに一体化させたブラックガラスの壁面収納は、あるはずの生活感を一切感じさせません。このように、Yさんご夫婦は暮らし全体を、凛と快適に整えられています。

ダイニング&キッチンの最大の特徴であり、見せ場は屋根の勾配に沿ってつくられた見事な天窓と言えるでしょう。そこには、職人の技が光ります。2次元の図面では描ききれない、4方向すべて異なる角度の傾斜をピタリと3次元的に納めた美しい天窓は、見上げるたびにうっとりする存在だと、Yさんは語ってくれました。また、北側に位置するこの天窓のお陰で、夏場も暑さのない優しい自然光を楽しむことができるのだとか。夜は、天窓に向かう傾斜の中に設置されたタスク・アンビエント照明が、無駄なく効率よく、シーンにあった雰囲気と快適をつくり出してくれるそうです。

心地よい静けさの理由

Yさん宅には、心地のよい静けさがあります。それは、飾るのではなく、無駄を削ぎ落とすことで美しさや心地よさを導き出しているからかもしれません。

例えば、ダイニングから1段下がり、L字に東側へ続くリビングに目を向けてみると、一般的にあるはずのテレビやカーテンがないことがわかります。テレビは思い切って断捨離をされ、カーテンは外側の塀を高くつくることでオフされています。だからここは、たっぷりと陽光が差し込み、なんとなく気楽な開放感が味わえるリラックス空間。ちなみに、テレビを置かなくなった造作のテレビボードは、Yさんのドレッサー代わりになりました。ダイニングとの段差に腰かけて、のんびりメイクをするのがYさんの日々のルーティンなのだそうです。きちんと向き合ったうえで答えを出した『〇〇がない暮らし』は、身も心も軽やかにしてくれるんですね。

そんなテレビボードの向かい側には、大工であるご主人による造作のPCデスクがあります。ミニマルな空間の中だからこそ、一枚板の力強い存在感や独特の質感が際立ちます。Yさんのつくり出す空間は、無駄がそぎ落とされていますが、決して淡白さや殺風景さを感じさせないのが不思議です。その理由は、さっぱりとした空間の隅々に、ご夫婦のこだわりや思い入れが詰まっているからではないでしょうか。厳選された家具、造作の家具、考え抜かれた照明や収納計画、暮らしに不可欠なすべてにあふれる愛情が、しとやかで豊かな味わいを楽しませてくれている……そんな気がしてなりません。

さっぱりだから見える味わい

Yさん宅は、そもそもの内装も意図的にさっぱりとしたものにつくりあげられています。全体的に巾木や床の見切り材をなくした、視覚的にも感触的にも滑らかな仕上がりは、密かなこだわりだと話してくださいました。そうして生まれた光景は、美術館や図書館にあるような落ち着きを醸し出しながらも、モダンアートのようにじわじわと知的好奇心を掻き立てる魅力を内包しています。

そんな、多くを見せず、多くを語る大人な光景は、時に大きな変化を見せてくれることもあります。夕方、西日と共にほんのわずかな時間現れるしましまは、さっぱりとした内装、無駄のないインテリアの中でこそ、最高に美しい光のアートです。Yさんも『これが見られた日は、ちょっとだけ幸せな気分になるんです』と……。とても素敵な生活です。

住まいづくり、インテリアづくりは、洗練しようとするほど最初は大変なこともたくさんあります。でも、丁寧にこだわった分、きちんと応えてくれるはずです。ぜひ、幸せを見逃さない軽やかで端麗なYさんの暮らし、参考にしてみてください。

Yさん邸の間取り図

Yさん宅は、3LDKの平屋です。平屋ならではの屋根の勾配を活かした天窓や、LDKからすべての部屋にアクセスしやすい快適な動線が特徴。全体に、ノイズレスなさっぱりとした内装にすることで、ライフスタイルの変化にも柔軟で、永く暮らしても飽きのこない、終の棲家とされています。

Yさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

Yさん

私たち夫婦で導き出した内装デザインのテーマは、『大人っぽく、上品で端正な空間』です。 共働きのため、掃除の時短が課題。新居に引っ越してからは、あまり物を置かないように気をつけています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

Yさん

無印良品に良く行きます。ZARA HOMEやコンランショップも好きなのですが、気軽に行ける距離にないため、オンラインショップを見て妄想を楽しみます。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

Yさん

TEOREMAのダイニングテーブルです。 設計段階で置きたい物を決めていましたが、ダイニングテーブルだけは『これだ』と思えるものがなかなか見つからず……。引っ越し当初は、段ボールを机代わりにして、床に正座スタイルで食事をしていました(笑)数か月探した末に、やっと出会えた理想のテーブルです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

Yさん

個性的なスーパーで、こだわり食材やおやつを見つけるのが週末の楽しみです。 県内だとフレッシュ佐竹や黒崎屋。県外は長野のTURUYA、関東の成城石井など。 旅先では、必ず地元のスーパーに立ち寄ります。 こうしたわけもあり、外食も好きですが、家のダイニングを音楽や照明でお店風に演出して、こだわり食材を食べる『お家ごはん』がお酒もすすむので大好きです!

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

Yさん

収納は、引っ越し時からとりあえず詰め込んだままになっているところがあるので、皆様の投稿を参考に、使いやすく更新していけたらと思っています。

Yさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


Yさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ