眠っていたハギレが大活躍♪組み合わせを楽しむハギレのハンドメイド作品

眠っていたハギレが大活躍♪組み合わせを楽しむハギレのハンドメイド作品

手芸やファブリックアイテムが好きな方は、知らず知らずのうちにお気に入りのハギレがたまってしまうことありませんか。サイズや形がまちまちなので、使いこなすのに悩みがちです。そこで今回は、ハギレを使ったユーザーさんのハンドメイド作品をご紹介したいと思います。好きなハギレを日常の中で活躍させたいですね。

ディスプレイアイテム作りに

大好きなデザインのハギレはディスプレイアイテムにして、いつも目にとまる場所に飾るのがおすすめです。インテリアに「好き」が増えれば、おうち時間がもっといとしくなりますね。ハギレをディスプレイアイテムに仕上げていく工程も楽しめます。

いろんな柄のガーランド

ナチュラルテイストなお部屋にぴったりのガーランドをハンドメイドしていたkeikoさん。無地や柄入りなど数種類のハギレを混ぜているので、ナチュラルな中にも華やかさが加わり、お部屋のアクセントになっています。これを作るためにハギレを集めたくなるような作品です。

無地のハギレもワンポイントでパネルに

ファブリックパネルは、好きな生地をそのまま活かせる人気のハンドメイドアイテムですよね。でもこのように無地の生地を使うというのは斬新なアイデアなのではないでしょうか。ワンポイントでフェルトの数字を加えるだけで、見た目もパワーアップします。柄だけでなくカラーを楽しむパネル作りも素敵です。

ファブリックパネルをシンプルに。 無地の生地に数字に切ったフェルトを張り付け☆
momoran

ハギレを裂いて編み込む

こちらのウィービングタペストリーは、ハギレを裂き布にして編んだものなんだそうです。たくさんあったハギレを活用したということですが、毛糸などとは違った独特の風合いが魅力的です。彩りの微妙なニュアンスが表現されていたり、裂いたことによるダメージ感がマッチしていたりと、個性的な作品に仕上がっています。

リメイクに

今お使いのいろいろなアイテムのリメイクにも、ハギレが大活躍します。生活感を少なくしたり、テイストを変化させたりすることができるので、用途も広がりそうです。ハギレの大きさや形が違って使いにくいという場合も、巻き付けたり繋ぎ合わせたりすれば、新しい発見がうまれるかもしれません。

ハンガーに巻き付けて

針金のハンガーを、ハギレで魅せるアイテムにランクアップさせています。切ったハギレを巻き付けることで、針金部分が見えなくなり、お部屋に引っ掛けておいても絵になりますね。お子さん用の方には、同じくハギレで作ったバラのモチーフも付けて、さらに可愛らしく仕上げていました。

オリジナルトランクに

いろいろな素材のハギレを組み合わせて、アンティーク風トランクをオリジナルデザインにアレンジしたSAKUさん。カラーもデザインも個性的なものをミックスさせているので、インテリアに映えるアイテムになっています。ポケットを付けたり、ラベルを貼ったりといった細かいアレンジもマネしたいですね。

チェアをドレスアップ

500円ほどで購入したという子ども用のアウトドアチェアが、クールにドレスアップされていました。ダイソーのデニム風プリントハギレを縫い付けてカバーを付けたんだそうですよ。プチプラとは思えないチェアに大変身しますね。チェアの色味と合ったハギレを使っているので、トータルバランスも抜群です。

ポイントでアイロン転写シールも付けました♡
sachikoro

実用品作りに

最後は、ハギレを活かして実用品をハンドメイドするアイデアをご紹介します。好みのビジュアルで仕上げられるので、使うたびに気分も上がります。インテリアのアクセントとしても重宝する実用品を作ってみてくださいね。

手作り消臭グッズ

おうちにあるアイテムで、簡単に消臭グッズを作る方法を教えてくださいました。ハギレの中に重曹を入れて包むだけで、靴のニオイ消しになるんだそうです。プチギフトのような見た目に仕上がるので、家中いろいろな場所にちょこんと置いておきたくなります。

飾れるハタキ

お気に入りのハギレが、ハタキに大変身していました。色々な柄がふんわりと重なって、まるでディスプレイアイテムのようですね。手に取りやすい場所に飾りながら常備させたくなります。お掃除に対するモチベーションもぐっと上がりそうです。

カフェ感あふれるおやつマット

yukaさんは、使い道に悩んでいたというハギレを集めて、おやつマットとして活躍させていました。大きさや形の違うハギレの合わせ方がいいアクセントになっています。気分で変えられるリバーシブル仕様なのも素敵なアイデアですね。カフェ感のあるおやつタイムが過ごせそうです。

色とりどりのふさふさマット

お子さんの小さくなった洋服などを活用したふさふさなマット。滑り止めマットにハギレを通して手作りしたんだそうです。ピンクをメインに、明るいカラーで作られていて、実用品以上のセンス感じるアイテムに仕上がっています。カラーや柄の取り入れ方で、いろいろな表情が楽しめますね。


貼る、縫う、編むなど、作り方にもいろいろな方法があるので、自分にあったやり方を試してみてくださいね。柄やカラーの組み合わせで変化をつけられるのも魅力です。ハギレならではの味わいをぜひ楽しんでみてください。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「ハギレ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク