世界で一番好きな場所に♡一人暮らしが快適になるヒント10選

世界で一番好きな場所に♡一人暮らしが快適になるヒント10選

一人暮らしの住まいは、好みを反映させて作ることができる自分だけのお城。でも収納が足りないことや、まとまりのある雰囲気にするにはどうすれば良いの?と悩むこともあるかもしれません。一人暮らしの住まいをもっと快適にしたいと思う方に、ここでは収納のコツやカラーリングのヒント、おすすめ家電をご紹介します。

収納

一人暮らしで悩みの種は、収納量がもの足りないことかもしれません。今の住まいのスペースで、どのようにすれば収納力がアップする?ここでは先輩ユーザーさんが実践されている、収納のコツをご紹介します。どれもなるほど!と納得の優れた実例ばかり。気になる収納法があったらさっそく取り入れてみませんか?

ワークテーブルをカウンターに

多くのものを収納しなくてはならないキッチンで、maatonaさんはニトリの「ワークテーブル」を置いてカウンターとして活用されています。調理に必要なものもすぐ手が届き、バランスが良く見た目も美しい収納に。スペースが足りなかったり、使いづらさを感じている方のお手本となるキッチン収納です。

素敵なキッチンですね〜!✨ 物があるのに、ごちゃごちゃして見えません😳生活感がなく、お洒落な雰囲気。。💐
spring
おしゃれなキッチンですね~🌼 色がまとまっているので、ごちゃごちゃ見えず、なんか雑貨屋さんみたいです😍
mattea

使いやすく美しい収納に

ごちゃつきがちな洗面台下の収納を、スッキリと整頓されているのがyukinoさんです。収納すべきアイテムをホワイトカラーでそろえ、統一性に満ち清潔感も抜群の印象に。半透明のボックスを使用したりラベリングされたりと、さまざまな工夫で何がどこにあるのかひと目で分かる収納となっています。

キレイなクローゼットを目指す方に

yukiさんはクローゼット内部を、美しくスッキリした状態をキープされています。KEYUCAの滑らないハンガーを使用することで、ニット類もハンガー収納できるようになったそう。一着購入したら一着手放すなどルールを決めているそうで、キレイなクローゼットを目指す方のお手本となる収納法です。

アイデアを活かして収納力をアップ

一人暮らしの住まいで、ユニットバスでの収納に悩んでいる方も多いはず。millieさんはさまざまなアイデアを活かして収納力をアップしています。タオルハンガーにバスケット、マグネットの小物入れなどを使いこなし、多くのものが収納できる場所に。木とモノトーンを組み合わせて、リラックス空間に仕上げています。

カラーリング

一人暮らしの住まいはインテリアも思いのまま。自分好みのスタイルで作り上げたい空間では、カラーリングが重要なポイントに。メインカラーやアクセントカラーなど、上手に取り入れて心地良いスペースを作り上げてみましょう。ここでご紹介するユーザーさんから、カラーリングのヒントをもらってくださいね。

緑が映えるナチュラルな空間

一人暮らしをされているakiさんの住まいは、木のぬくもりがふんだんに感じられるナチュラルな空間です。柔らかなウッディトーンにお似合いの優し気なホワイトカラーを使い、室内にあふれているのは穏やかな空気感。随所に置かれたグリーンが映えるコーディネートで、リラックスできるお部屋が完成しています。

柔らかなピンクをアクセントカラーに

穏やかな木のトーンとホワイトカラーがとけ合って、お部屋を優しい雰囲気にしているmmさん。ラグやクッションなどに淡く優しいピンク色を使い、ナチュラルな印象をプラスしています。シンプルにまとめられた中でアクセントカラーが映え、お部屋の中で美しいコントラストを描いています。

おすすめ家電

一人暮らしは料理も自分自身でこなさなくてはなりません。住まいに合ったサイズの調理家電は、機能性はもちろんデザイン性にもこだわりたいですよね。ここでは一人暮らしのユーザーさんが実際に活用されているおすすめの家電をご紹介します。どれにしようかと迷ったときの参考にしてくださいね。

スッキリ・シンプルな冷蔵庫

住まいの中で最も大きな家電の冷蔵庫に、「YAMADASELECT 2ドア冷蔵庫 (156L・右開き) ホワイト」をチョイスされたnonさん。大き過ぎないサイズとスッキリ、シンプルなデザインで一人暮らしの住まいにぴったりです。大容量のドアポケットと大きめ冷凍室でたっぷり入り、料理が楽しくなりそうです。

冷蔵庫とオーブンレンジを買い替えました。 何年も探してこだわり抜いて選んだスッキリ真っ白デザインがお気に入りです💓
non

一人暮らしにぴったりなサイズ

ほかほかの炊き立てご飯はやっぱり格別。美味しいお米を炊くために、erichinさんはパナソニックの「炊飯器 1.5合」を活用されています。炊飯はもちろん煮込み料理にも対応でき、スイッチひとつで簡単操作。重量は約1kgと軽量級、コンパクトなサイズと清潔感あふれるホワイトカラーがうれしいポイントです。

今までストウブ で炊飯していましたが、水加減を間違えたり、火加減を忘れてしまったり、特に平日に仕事で疲れて帰ってくると失敗しがちなので。お手入れもすごく楽で手放せなくなりそうです。
erichin

レトロなデザインが印象的

料理を温め直したり、食材を解凍するのに必要な電子レンジ。一人暮らしのfaunさんが購入されたのは、大宇電子ジャパン「電子レンジ 18L」です。待機時消費電力ゼロのため、電気代も節約できるそう。丸みのあるフォルムはどこかレトロな印象的で、キッチンに置けばしっくりと馴染んでくれるデザインです。


インテリアから料理まで、思いのままにできる一人暮らし。でも収納やスペースの問題など、初めて気付くこともありますよね。ここでご紹介したユーザーさんの実例からコツを学んで、一人暮らしの住まいをもっと心地良いものにしてみませんか?


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「一人暮らし」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク