「使い勝手よく、見た目はシンプルに整える収納のつくり方」 by sho.houseさん

「使い勝手よく、見た目はシンプルに整える収納のつくり方」 by sho.houseさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、ナチュラルなインテリアで暮らしを伸びやかに演出しているsho.houseさんに、収納のコツをお伺いしていきます。家族の使い勝手に合わせた適材適所の工夫や、収納をすっきりインテリアに溶け込ませるアイデアをチェックしていきましょう。

今回教えてくれたユーザーさん♪

夫婦と子供2人の4人家族です。築50年の団地を、夫婦でコツコツDIYしながら住んでいます。 シンプルに心地よく暮らせるよう心掛けています。

使いやすく家に馴染む、すっきりシンプルな収納

sho.houseさん宅には、のびのびと開放的な空間が広がっています。そんな空間を生み出し、キープする秘訣は、収納の工夫にありそう。見渡してみると、ものがきちんとあるべき場所に収まり、その収まり方がインテリアにスルッと馴染んでいることに気が付きます。そこでまずは、収納づくりのこだわりや意識していることから教えていただきました。

sho.houseさん

「全体としてはすっきりしていて、使いやすいことを大切にしています。また、家全体のトーンに合わせて、収納用品をシンプルなもの(色味のないもの)で統一しているのもこだわりです。」

なるほど、使い勝手を重視しつつ、収納道具選びもこだわることで、暮らしやすさとインテリアとの調和の両立をはかっているんですね。ここからは、さらに詳しく使いやすさに適った収納づくりについて伺っていきます。フォーカスしていただいたのは、増えがちで管理の手間も意外とかかる子供服収納。実際に使うお子さんの視点に立った工夫もぜひ参考にしてみてください。子育て中の方はもちろん、子供服に限らず衣類が多めという方も必見です。

増えがちな子供服をすっきり収納するコツ3つ

その1 子供の手が届く位置にしまう

sho.houseさん

「子供の衣類は本人たちだけで出し入れできるよう、低めの位置に収納しているんです。そうすることで、朝の身支度や入浴後の着替えなど、親が手を出さなくてもひとりで済ませてくれます。」

その2 細かな分類で、管理しやすく探しやすい

sho.houseさん

「下着や靴下、パジャマ、タオルなど細かく分類することで、どこに何があるのかすぐに分かるようになっています。また、何がどの位あるのかもひと目で分かるようにしていますので、必要量も分かりやすいです。」

その3 サイズアウトした衣類を入れっぱなしにしない

sho.houseさん

「サイズアウトした衣類をそのまま同じ収納に入れっぱなしにしてしまうと、実際に着られる服がどの位あるのか把握しにくくなります。我が家では、衣替えの際などに子供と一緒にチェックし、不要なものはすぐに別のボックスへ移動させています。」

オススメの収納アイテム

ITEMフェローズのバンカーボックス 703&743
PRICE703(3個セット):2,805円(税込)/ 743(6個セット):4,950円(税込)

耐荷重30kgと頑丈で、ガシガシものを入れらる優れものです。703は、天袋収納に収まるサイズでかなり重宝しています。また、743は薄型で、我が家のベッド下のスペースにピッタリ。子供服や下着類の整理に大活躍です。

紙製なので軽く、子供でも気軽に移動できますし、使用しない場合は折りたたむこともできるので、置き場所にも困ることもありません。長いものは6〜7年使っていますが、まだまだ使えます。耐久性も申し分ないかなと思います。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

sho.houseさん

「私自身、きっちりやるのは苦手な方です。『見える部分だけキレイにしよう』というように、自分の中の基準を下げて、収納や片付けと向き合うようにしています。完璧を目指すのではなく、肩の力を少し抜いて『まあいっか!』と思えるポイントをつくると、気持ち的に楽になるのではないでしょうか?」

まずは大切にしたいことを見つけることから

気持ちの良い収納とは、どんなものだろう……sho.houseさんのお話をお伺いしていると、改めて考えてみたくなります。インテリアに溶け込むすっきりとした見た目、使う場所にものがある快適さ、使う人に無理のない仕組み、収納とひと口に言ってみても大切にしたいことって意外とたくさんあるんですね。

sho.houseさんの収納づくりの素敵なところは、そんな風に大切にしたい色々なことを、バランスよく兼ね備えているところでした。その上で、頑張り過ぎないように力を抜くポイントも見極めているから、無理なくいい状態が続きます。まずは、少し気楽に暮らしと収納に向き合ってみませんか?そして、それぞれのご家庭で大切にしたいことを見つけることからはじめてみるのはいかがでしょうか。


sho.houseさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク