地球も私もうれしい♡アップサイクルで豊かに暮らす10のヒント

地球も私もうれしい♡アップサイクルで豊かに暮らす10のヒント

不用になったものに新しいアイデアをプラスして、新たな魅力を持ったものに生まれ変わらせる「アップサイクル」。今までお世話になったものをよみがえらせる達成感や、いっそう増す愛着は、暮らしによろこびを運んでくれます。今回は小物から大きな家具まで、さまざまなアップサイクルアイデアをご紹介します。

簡単!ひと手間でお気軽アップサイクル

アップサイクルと聞くと、DIYなど技術が必要なイメージを持つ方も多いかもしれません。実は、簡単なひと手間で不用品が魅力的によみがえりますよ。素材の持つ特性をそのまま活かしたり、経年変化を素敵に見せたりと、さまざまなアイデアでアップサイクルされている実例をご紹介します。

ニット帽をティーポットカバーに

mofukoさんは、不用になったニット帽に穴を開けて、ティーポットカバーとして使われています。保温性が高く見た目も可愛らしいニット帽の魅力を、ダイレクトに活かしたアイデアですね。このカバーのおかげで、いつまでもあたたかくティータイムを楽しんでいるそうですよ♪

古い自転車カゴの風合いを活かして

こちらは、nono.0129さんのお庭です。古くなった自転車のカゴにリメイクしたプレートをつけて、プランター入れとして使われています。経年変化したカゴの風合いが活かされていて、シャビーシックな雰囲気ですね。ひと手間加えてあげることで、古いものの良さがぐっと引き立っています。

取っ手が壊れたバスケットを収納に

Akaneさんは、取っ手が壊れてしまったバスケットをテーブルにくくりつけ、新聞置き場として再利用されています。バスケットのサイズ感がちょうどよく、新聞を置いておくのにぴったりですね。ナチュラルなデザインがインテリアにも溶け込んでいます。

取っ手が壊れてお蔵入りになっていたバスケットをテーブルにくくりつけて、その日の新聞紙置き場として再利用しました!これまでは置き場が決まっておらず、気付けばダイニングや作業机の上に置きっぱなしになっていましたが、これでもう大丈夫♩
Akane

家具を分解して、端材を再利用

こちらはRenさんのお部屋です。リースが掛けられたアイアンフレームは、古い収納ボックスを分解したときに出てきたものだそう。インダストリアルな雰囲気がクールで、デコレーションが引き立っています。Renさんのように、不用になったものは分解してみると、新たなひらめきが湧いてくるかもしれませんね。

暮らしを彩る、オリジナルの小物作りに

続いてご紹介するのは、不用になったものをさまざまな小物にアップサイクルされている実例です。手作りのクレヨンや脱臭剤など、毎日の暮らしを豊かにしてくれるアイデアがいろいろありますよ♪

短くなったクレヨンも可愛らしいアイテムに

yoopanさんは折れてしまったクレヨンを、マーブルクレヨンにリメイクされています。このマーブルクレヨンは、型に入れたクレヨンをレンジなどで溶かした後、冷やし固めて作るもの。さまざまな配色のハート型がなんとも可愛らしいですね。

fbに載ってたクレヨンのリユース試してみたよー( ´∀` )折れたのって使ってくれないからどうにかしたかったけど。こどもができたのみて『私の宝物~♪』と。使ってなかったくせにー!
yoopan

コーヒー豆がスタイリッシュな脱臭剤に

こちらはchobiさんが作られた脱臭剤です。賞味期限切れのコーヒー豆と、コーヒーフィルターでできているそう。食品ロスにもこんな活用法があるとは、目からウロコのアイデアです。ロゴスタンプや麻ひもの組み合わせがスタイリッシュで、インテリアにも◎ですね。

不用品を組み合わせてインテリアグッズに

mogu0418さんは、海苔が入っていた容器やフタなどを組み合わせて、ライト式キャンドルのホルダーを作られています。普段の生活で馴染みのある不用品でも、アレンジしだいで、まったく新たなものに生まれ変わっていますね。アンティーク風に仕上げられていて、しっかりとした存在感です。

DIYして愛着の持てる家具作りを

最後にご紹介するのは、不用になった家具をリメイクして、新たな家具として使われているアイデアです。家具のアップサイクルは少しハードルも高いですが、お家で長い間お世話になった家具が生まれ変わる達成感や、愛着は格別ですよ。

ときめかなくなった家具がお気に入りに変身

こちらは、NAONAOさんのお部屋です。もともとは上がキッチンワゴン、下が電話台だったそう。色もブラウンだったものを白く塗り直し、合体させることでフレンチナチュラルな雰囲気のカップボードに変身しています。インテリアとしてときめかず、一時捨てようとまで思ったものがお気に入りになったとのことですよ。

上はキッチンワゴン 下は電話台 だった物。。。 2つとも色はブラウンでした。 以前はキッチンワゴン、電話台として使用してましたが、インテリアとしてもトキメカなくなり、捨てようかなぁ。。。と思っていた物。 その2つをホワイトに塗り、ドッキングさせたら、前から欲しかった、カップボードっぽく変身しました✨✨ 一時、捨てようとまで思った物がお気に入りになりました💕
NAONAO

ベッドのサイドレールで本棚を

Seahorseさんは、使わなくなった2段ベッドのサイドレールで本棚を作られています。ベッドは月日の経過で不用になることの多い家具の1つだと思いますが、こんな風によみがえればうれしいですね。思い出の詰まった本棚で読書タイムもリラックスできそうです♪

古いタンスも自分好みにスタイルアップ

こちらは、izurinaさんのチェストです。もともとはシンプルな引き出し付きのタンスだったそう。引き出しを取り払い、表に廃材などを使ってデコレーション、塗装して仕上げたとのことです。変化してゆくご自身の好みに合わせて、DIYで進化を遂げたというチェスト。オリジナリティ溢れる豊かな空間ですね。


さまざまなアップサイクルのアイデアをご紹介しました。ユーザーさんの実例を見ていると、ものへの愛情が感じられて心があたたかくなりますね♪ぜひトライして、ハッピーなアップサイクルライフを始めてみてください。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「リサイクル」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク