「分類in分類でより臨機応変!使い勝手よくいつも整う爽快収納のメソッド」 by rinrinさん

「分類in分類でより臨機応変!使い勝手よくいつも整う爽快収納のメソッド」 by rinrinさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、北欧のエッセンスを取り入れたスッキリさで、穏やかなインテリアづくりをされているrinrinさんに、収納のコツをお伺いしていきます。シンプルだけれどたっぷりと気の利いたメソッドは、どれもさっそく実践してみたくなるものばかりです♪

今回教えてくれたユーザーさん♪

家族4人暮らしの専業主婦です。子供の頃から身の回りのものを整理することが好きでした。現在も、お家の中をスッキリと整理収納することが趣味のひとつになっております。100均やニトリのものが多めの節約収納を実践中です。

使う場所に分かりやすく定位置をつくる

rinrinさん宅はナチュラルなトーンでまとめられた、優しく穏やかな空間です。余白を味わうスタイリングは、時の流れをゆったり感じさせてくれそう。そんな素敵な雰囲気を支える収納を拝見させていただくと、こちらもとても爽やかで気持ちのいい眺めが待っていました。メインのインテリアとはひと味違う清涼感を漂わせたホワイトベースが特徴です。どのようなことを意識すると、このように美しい収納空間を生み出すことができるのでしょうか?まずは、rinrinさんなりのこだわりや大切にしていることから教えていただきます。

rinrinさん

「使う場所の近くに『定位置』を決めるようにしています。家族みんながどこに何があるのかを把握しやすいように、収納ボックス×ラベリングのスタイルが中心です。こうしたことで、元通りにしやすく、紛失防止にもつながっているように感じます。」

見た目の美しさもさることながら、『誰がどう使うか、どこにものがあったら便利か』を大切にされているんですね。定位置が分かりやすいことから得られるメリットの幅広さも注目したいポイント。見つけやすさ、取り出しやすさ、そして戻しやすさ、3つのしやすいがそろっているからこそ、いつもいい状態が保たれます。

ここからは、rinrinさん宅の1階で家族生活を縁の下から支える収納スペースにフォーカスしながら、快適が続く分類収納のコツを探っていきましょう。収納の中も生活感を露わにしたくない、見た目も機能も両立したい!こんな方は特に必見です。

使いやすさ抜群の分類収納のコツ3つ

その1 ボックスをそろえて見た目スッキリ

rinrinさん

「我が家の1階にあるパソコン置き場にある収納の様子です。この棚は高さを変えられて便利で、基本的には1階で使うストック用品をしまっています。 リビングからは見えない位置にありますが、収納ボックスをそろえることでスッキリと見た目も整えました。 学用品や電池などもここにまとまっています。」

その2 ひと目で中身が分かるラベリング

rinrinさん

「収納ボックスをそろえると中身が分かりにくくなります。出し入れをしていちいち中身を確認するのは手間なので、ダイソーの『キレイにはがせるタックシール』を使った、手書きのラベルを付けています。家族みんなに分かりやすくしておくのも大切ですね。」

その3 ボックスの中でさらに分類

rinrinさん

「ボックスの中をさらにアイテムを使って仕切ることで、中身を小分けにしています。パッと見で必要なものにたどり着けますし、ものによっては小分けのケースごと出せるのが重宝します。」

オススメの収納アイテム

ITEMニトリのNインボックス
PRICE407円〜712円(税込)

サイズが豊富で、積み重ねられるのが便利です。 蓋も別売りなのでほこりを防ぎたい場合も安心。 他にもソフトNインボックスを新しく購入したのですが、そちらは角が丸みを帯びていて柔らかいところがまた使いやすくおすすめです。洗面所でタオル収納に活躍しています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

rinrinさん

「まずは、自分がよく使うものは使う場所の近くに収納することを頭に入れて整理していくことが大事だと思います。 ものを整理する際に処分するかどうか迷ったものは、私は残すようにしております。 ものを大切にするということも大事ですので、お家の中にある収納棚や収納場所からものが溢れない程度でしたら収納ボックスにいれて保管しておいていいと思います。

また、ボックス×ラベリングのスタイルは、出し入れのしやすさがかなりアップするのでおすすめです。ボックスなどのアイテムを購入する際は、しまいたいもののカタチやサイズ、量、どこで使うのか、収納スペースとの相性などをしっかりと把握したうえだと無駄がなくなります。色やデザインを統一するとそれだけでスッキリしますよ。四角いものが私は収納しやすいと感じます。」

便利に先回りする収納づくり

何かを使いたいとき、ちょっと手を伸ばせばそれがある快適は、小さなことでもなんだか嬉しいものです。例えば、電池はあるけどドライバーがすぐ出てこない!ペンはあるのに紙がない……こんなちょっと無念なエピソードは誰にでもあるのではないでしょうか。そんな不便をした経験を収納に活かせば、便利に先回りした環境が生まれます。

そして、心地よい定位置を見つけたら、見た目も使い勝手もよりよく整えていくのがrinrinさん流。色や形をそろえて、名前をつけて、とここまでは序の口です。大きな分類の中でさらに細かく分けておくことでもう一段階、使い勝手に臨機応変な収納にしているのが秀逸でした。今回教えていただいた工夫やアドバイスを参考にご自宅の収納にもぜひ、痒いところにいつも手が届く気持ちのよさを加えてみてください。


rinrinさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク