ずっと家にいたくなる♡暮らしやすいリビングダイニングのレイアウト

ずっと家にいたくなる♡暮らしやすいリビングダイニングのレイアウト

食事やリラックスタイムなど、長い時間を過ごすリビングダイニング。大きなテーブルやソファなど、配置に悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、リビングダイニングの家具のレイアウト別に実例をご紹介します。レイアウトを工夫して、いっそう暮らしやすいお部屋を作ってみませんか?

ダイニングテーブルはキッチンに横付け

場所を選ぶダイニングテーブルは、配置場所に悩む家具のひとつですよね。キッチンにぴったりと付けて配置すると、ダイニングとキッチンがひとくくりの空間になるので、視覚的にもスッキリしますよ。食事の準備や後片付けもスムーズです♪

カウンターとテーブルを一列に並べて

こちらは、Soraさんのお部屋です。キッチンカウンター横に、ダイニングテーブルを付けて配置されています。一直線に並んでいて、すっきりとした印象ですね。限られた空間を有効活用することで、リビングも広々♪ストリングライトやポップな色使いのチェアが軽やかで、海外のビーチハウスのようなリラックス感も◎です。

キッチンの角に、テーブルをL字に配置

haraさんは、キッチンの壁面に、テーブルを2つ使ってL字に置かれています。お部屋の形に合わせた配置にすることで、デッドスペースを作ることなく、有効的に空間を使うことができますね。キッチン側からも、ダイニングに座っても顔を見合わすことができるので、家族の会話も自然と増えそうです♡

キッチンとダイニングは最短導線で

こちらは、haru76さんのお部屋です。キッチンにダイニングテーブルを横付けされています。小さなお子さんがいらっしゃるそうで、キッチンへの最短導線がとても使いやすいとのこと。さらにキッチンニッチをつけることで、テーブルの上もすっきりとしています。小上がり付きのリビングも、居心地がよさそうですね。

色々と制限がある中でも譲りたくなかった、ダイニングテーブル横付けのレイアウト。 これだけは死守できて私的には満足🎶 こうしたら良かったなぁ、と思う箇所は山ほどあるけれど、それでも住めば都です✨ ソファーはそう重くないので、こどもたちが思いきり部屋で遊ぶときはその都度移動して、小上がりを含めて広く遊んでます🎶
haru76

ソファで空間をさりげなく仕切る

リビングの主役とも言えるソファ。背もたれの程よい高さや幅は、お部屋の中間に置くと、さりげなく空間を仕切ってくれます。リビングゾーンとダイニングゾーンをゆるやかに区切ることで、見た目も整い、暮らしやすさも高まります。

背もたれと同じ高さの棚をプラスして

colorerさんは、ソファの背もたれと同じ高さの棚をプラスして配置されています。棚があることで、それぞれの空間がイキイキと見えています。楕円型テーブルを選ぶなど、圧迫感を出さない工夫も参考になりますね。ランダムなデザインのチェアが、ご家族の個性を表しているようであたたかな雰囲気です。

レイアウトで意識したのはリビングダイニングを圧迫感なくスペース分けする事。 ソファーと同じ高さの飾り棚が上手く仕切りになり、リビングに置きたい物の収納にも一役買っています^ - ^ 私はソファーは3人掛けを置きたかったので、ダイニングテーブルは楕円テーブルにする事でスペースの少ないダイニングが狭く見えないようにしています⭐️ 狭いLDKは置く家具には制限ができてしまうかもしれないけれど、狭いから大きい家具は置けないと思わなくても、全体のバランス、何かを引き算する事で、実際のお部屋より広く見せる事も、インテリアを楽しむ事も出来るかなと思います♡
colorer

ブランケットやクッションで表情豊かに

こちらは、Re_さんのお部屋です。窓辺からお部屋の中央に広がるコーナーソファはのびのびとした印象がありながらも、さりげなく空間を仕切っていますね。ソファにはクッションやブランケットを贅沢に散りばめることで、お部屋全体が豊かであたたかみのある雰囲気に包まれています。

カラーソファはお部屋のアクセントにも

satotoさんは、グリーンのソファをお部屋の中央に置かれています。柔らかなグリーンがナチュラルなお部屋のコーディネートと好相性で、さりげないアクセントになっていますね。棚などは置かないようにされているそうで、ソファ前のスペースがゆったりとられていて、お子さんものびのび遊ぶことができますね。

カーペットを敷いて緩やかに間仕切り

ソファやダイニングテーブルの足元にカーペットを効果的に敷いて、生活ゾーンを緩やかに間仕切りしている実例をご紹介します。空間にメリハリが出るので、なんとなく今のお部屋が殺風景に感じられる方や、くつろぎ感が欲しい時にもぴったりですよ。

隣り合わせた空間はカーペットを使い分け

sakiさんは、隣り合わせたリビングとダイニングそれぞれに、カーペットを敷かれています。スペースがさりげなく仕切られることで、視覚的にも暮らしやすいお部屋に仕上がっています。ソファを壁面に付けることで、リビングスペースも広々と使われていますね。ブラウンやブラックで統一されたインテリアも◎です。

上から見てもスッキリきれいですね!! 色が統一感があってオシャレです( *´艸`)♡
pipi

リラックス感たっぷりのリビングを演出

こちらは、lovehawaiiさんのお部屋です。ソファの足元に縦長にカーペットを配置して、見た目もすっきり、居心地のよさもアップされています。ソファに座ったり、カーペット上のこたつに入ったり、一日中過ごしたくなるような空間ですね。ダイニングスペースとも緩やかに区別され、暮らしやすそうです。

家具の角度も工夫して

troisさんは、リビングスペースにポップなデザインのカーペットを敷かれています。リラックスできそうな、明るい雰囲気ですね。ソファを斜めに配置することで、空間に動きを出している点もポイントです。広々としたお部屋で、ソファの置き方やカーペットを敷くなどの工夫が散りばめられています。

縦の線を意識した配置でスタイリッシュに

こちらは、mtoktさんのお部屋です。縦長のお部屋にダイニングとリビングを直線的に配置することで、海外のようなスタイリッシュな印象に仕上げられています。リビングの深いネイビーのカーペットが、空間を引き締めていますね。テーブルランナーも縦の線を際立たせていて、シャープで洗練された印象です。


リビングダイニングのレイアウトアイデアをご紹介しました。ソファやテーブルの配置や、アイテム選びを工夫することで、いっそう暮らしやすいお部屋になりますよ。ぜひ参考になさってくださいね♪


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「レイアウト リビングダイニング」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク