すぐできる!色づかいで北欧インテリアをコーディネート

すぐできる!色づかいで北欧インテリアをコーディネート

明るさとシンプルな軽やかさを持つ北欧インテリアは、日本人の感覚にも合って、大人気のインテリアテイストです。これから、北欧インテリアを取り入れてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?そこで、人気のテイストを気軽に取り入れるられるポイントを、RoomClipの読者の実例からピックアップしてみました。

明るい色づかいをファブリックで作る

北欧テイストのファブリックは、北欧インテリアに欠かせないアイテムです。テーブルクロス一つで、お部屋のイメージをぐっと北欧テイストに見せてくれます。そこに手仕事を加えたり、色使いを取り入れた自作のファブリックなどで、個性も加えて楽しむアイデアもありました。

壁の色に映えるテーブルクロス

壁の色に映えるテーブルクロス

きれいな水色の壁は、それだけで北欧インテリアの明るさを出しています。そこに、水色に映えるピンクのテーブルクロスが、更に華やかさを加えています。生活を楽しむ北欧のライフスタイルが感じられるようですね。

どれもツボ!プケッティのテーブルクロスも可愛いし、水色の壁も大好きな色だし♪素敵な雑貨もたくさ~んo(^o^)o
yuzuko

何も置きたくない!色と柄がステキなクロス

何も置きたくない!色と柄がステキなクロス

中心の大きな花が華やかなテーブルクロス。ピンクと緑の色づかいが若々しく、デザイン化された柄も伸びやかです。これだけで完成された世界なので、お皿やコップで隠したくなくなりますね♪

ビニールコーティングして無いテーブルクロスだから普段使い出来ない。可愛い柄を眺めるだけ。子供達が寄ってきたら即しまいます。
Mariko

手編みで作るパステルカラーの世界

手編みで作るパステルカラーの世界

手編みのモチーフをつなげた膝掛けは、編み足せばもっと大作に。たくさんの色を使っていますが、どれもパステルカラーで、つなぎの部分が白。全体にやさしく明るい色づかいで、北欧テイストを感じます。

中央が小花に見える八角形モチーフは今年も編み足してさらに巨大化させたいと思っています♡ 現在、シングルサイズの敷布団の半分くらいです。 目指せ布団サイズ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ ! 中央が小花に見える八角形モチーフは今年も編み足してさらに巨大化させたいと思っています♡
ebimusume

壁を飾る北欧ファブリック

壁を飾る北欧ファブリック

こちらは、アンティークのテーブルクロスをタペストリーとして飾っています。幾何学的でありながら、かわいらしいデザインは、北欧ファブリックならではですね。白い壁に映えて、階段スペースの印象を決めています。

我が家の数少ないお花柄♪ 北欧ファブリックです。数年前に骨董市で見つけました~。タペストリーにして階段の壁に飾ってます。お気に入りなのでRCプロフ画にしてますf(^ー^;
SAYO

スモーキーな色づかいでも暖かみのあるファブリックで

春や夏を感じさせる色づかいの他に、北欧テイストの色づかいには、スモーキーな秋冬向けの色づかいもあります。北欧の寒い気候の中で使われるファブリックには、寒色を使っていても暖かみがあります。冬のインテリアに取り入れて、温もりのあるお部屋を作ってみませんか?

ラグとクッションを秋冬向けに

ラグとクッションを秋冬向けに

スモーキーな色づかいのクッションカバーと暖かさそうな素材のラグで、お部屋を冬仕様に。クッションの柄が北欧らしい抽象的な幾何学模様で、角のゆるやかな線に暖かみがあります。寒色の組み合わせでも、ベージュが入るとクールな印象になりませんね。

クッションカバーとラグもかえました。 カバーは色抑え目にしてみましたよ~。どちらもお気に入りです♡
SAYO

冬の森の柄もブランケットなら暖かそう

冬の森の柄もブランケットなら暖かそう

北欧ブランドのブランケットをソファに掛けて、リビングに冬の光景が広がっています。針葉樹の森が、ぬくぬくと暖かく感じられる素材感が、写真からも伝わります。寒い時期こそ、こんな居心地の良いリビングが欲しいですね。

ブランケットでまた雰囲気変わりましたね(^∇^)すごく素敵です‼︎温かな光が溢れててこの写真を見てると僕まで心地よくなりました♬
taka55

無地と柄との組み合わせで北欧テイストに

無地と柄との組み合わせで北欧テイストに

ベージュとグレーの柄のクッションに、無地のグレークッションを合わせて、都会的な北欧インテリアになりました。少しベージュがかったグレーなので、少し暖かみを感じます。柄に白がたくさん入って明るくなっているのも、北欧風のプリントらしいですね。

ベージュ×グレーはどんなスタイルにも合わせやるい便利なカラー。木製家具とも相性よく、写真では北欧風スタイルに仕上げてみました。落ち着いたトーンで心地よい空間を演出します。
SangSang Hoo

ソファには明るいブルーで北欧の雰囲気に

ソファに北欧テイストを取り入れるなら、北欧インテリアならではの明るいブルーはいかがでしょうか?シンプルなデザインのソファを明るいブルーにすると、若々しく爽やかな雰囲気ができます。目立つ色ですが、ベーシックな色でもあるので、合わせるファブリックや壁の色で、いろいろなバリエーションができます。

やさしい色づかいのポイントになるブルー

やさしい色づかいのポイントになるブルー

無垢材の床に、木の家具が置かれ、全体にやさしい色づかいの家具やラグが置かれた部屋を、ブルーのソファが引き締めています。大き目のクッションのはっきりした柄も、ソファのブルーを背景にすると、より効果的に見えます。

白とブルーに差し色のオレンジを

白とブルーに差し色のオレンジを

キッチンとダイニングセットの白に、ブルーのソファの2色がメインのシンプルでクールな色づかいの部屋です。暖色は、テーブルの上とソファの上にオレンジあるだけですが、効果的な差し色になっています。ミニマルに片付けられたお部屋で、モダンな北欧インテリアになっていますね。

暖色のブランケットをプラスして

暖色のブランケットをプラスして

いかにも暖かそうなブランケットが掛けられたブルーのソファ。木の枠がお部屋のナチュラルな雰囲気に合って、取り入れやすいインテリアになっています。同じブルーでも、ソファの形や、お部屋のインテリアによって、個性が違いますね。


家具やファブリックの色づかいで、お部屋の雰囲気を北欧インテリアに近づけることができそうです。北欧インテリアを取り入れたら、次はパステルカラーの春夏、スモーキーカラーの秋冬と、色を変えて季節も取り入れてみてはいかがでしょうか?


RoomClipには、インテリア上級者の「北欧インテリア」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ