「インテリアに馴染むor映える!プラケースリメイク」 by makaronさん

「インテリアに馴染むor映える!プラケースリメイク」 by makaronさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回は、木のぬくもりと趣きに包まれたお住まいで愛猫たちとの日々を楽しむmakaronさんに、プラスチックのケースをインテリアの雰囲気に馴染ませるアレンジテクニックを教えていただきました。より簡単に、きれいに仕上げる方法を説得力のある実例付きでご紹介していきます!

教えてくれた人

我が家は、母屋の隣に建つ離れなので小さなお家です。そこでたくさんのペルシャ猫たちと暮らしています。掃除しやすいように、なるべく床に物を置かないシンプルな暮らしを心掛けています。猫たちが遊んだりかじったりするので、危険なく安全に走り回れる『猫さまファースト』な家です。

必要なもの

所要時間

10分

購入する材料 計5アイテム 500円(税抜)

  • B5サイズのプラスチックケース×4個【Seria(セリア) 売場:収納】
  • 木目調マスキングテープ【ダイソー 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】

必要な道具

  • カッターナイフ
  • ハサミ

つくりかた

リメイクの理由

こちらがリメイク前の状態です。テレビボードと収納ケースの素材も色合いも異なるため、浮いた印象になるのが気になっていました。

取手側を正面にすると

そこで正面に見える部分だけ、マステをつかって木目調にすることに。ただ、ケースの取手部分が作業を難しくします。取手の下に出っ張りがあるので、きれいに仕上がりませんでした。

STEP1(推奨パターン)

作業のしやすさ、仕上がりの美しさを考えると、プラスチックケースの取手がない側を正面としてリメイクをするのがおすすめです。よって、ここがSTEP1。

取手のない面はフラットなので、こちら側に木目調マスキングテープを貼ってください。手を入れる穴がありますが、一旦そこは無視して貼ってしまってOKです。少し側面にはみ出すように貼れば、横や斜めから見た時も元の色が見えません。

STEP2

最後に無視していた穴部分を切り抜きます。裏側からカッターナイフで切り抜くと、簡単かつきれいにできます。

色味や雰囲気の理想はDIYでなんとかできる!

100均のプラスチックケースはサイズも豊富で便利です。ただ、『欲しい色がない』『素材感が他の家具と合わない』という問題に直面することもしばしばではないでしょうか?そろえやすさと使い勝手に惹かれて、その部分は妥協しているという方も多いかもしれません。makaronさんのアイデアはそんな妥協をDIYで、しかも簡単に解決できるテクニックでした。

今回は木目調でのご紹介ですが、黒やマットな色合い、くすみカラー、北欧柄……マスキングテープを変えれば自由にアレンジできます。インテリアに馴染ませるのはもちろん、アクセントとして映える存在にすることも可能。気分転換に貼り換えるのも、マスキングテープなら簡単です♪ぜひ、参考にしてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • マスキングテープを貼る時は、空気を抜きながら貼ってください。
  • 取手側に貼るときれいに仕上げるのが難しいです。穴側がおすすめ。
  • 穴の部分は裏側から切り抜くと簡単きれいです。

makaronさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

最近見た商品

みんなが選んだ!暮らしのちょっといいもの特集

関連記事

RoomClipショッピングの関連リンク