節約にもなる!冷蔵庫の中をすっきりさせるポイント教えます!

節約にもなる!冷蔵庫の中をすっきりさせるポイント教えます!

あなたのお家の冷蔵庫の中はどのような状態ですか?使うとき以外は扉を閉じているので、すっきりと片づけるのは後回しになってしまいがちな場所ですよね。そんな冷蔵庫の中をすっきりとさせる方法をご紹介します。冷蔵庫の中をすっきりさせれば、必要なものがサッと取り出せるようになり節約にも繋がりますよ!

冷蔵室をすっきりさせる方法

まずは、冷蔵室からすっきりとさせていきましょう!冷蔵室に入れておく食品には細かい食品が多くごちゃつきやすい場所ということもすっきりさせるのが難しい場所です。冷蔵庫は「アレどこにいった?」をなくすことがポイントです。

①クリップで挟んで吊り下げる

①クリップで挟んで吊り下げる

チューブ状の調味料を扉ポケットに収納する場合には、クリップで挟んでポケット部分に引っ掛けて、吊り下げる収納をしましょう!

②調味料を入れ替えて統一感を出す

②調味料を入れ替えて統一感を出す

ドアポケットに調味料を保存する場合には、透明な容器に入れ替えましょう!ポケットにピッタリなサイズの容器に詰め替えることで、調味料を綺麗に並べることができすっきりとする上に、中身が見えて便利です。

③カゴにまとめて取り出しやすくする

③カゴにまとめて取り出しやすくする

冷蔵庫に保存したいものの種類や用途ごとにカゴに分けておくと、必要な時に必要なカゴを丸ごと引き出すことができて便利です。例えば、朝食セットとして、バターとジャムとチーズなどを一緒にカゴにまとめておきます。使った後は、カゴのまま冷蔵庫に戻せば良いのですっきりな状態が長続きします。

④容器に入れてラベリングする

④容器に入れてラベリングする

形が異なるものでも、色や統一感のある素材の容器に入れることですっきりとさせることができます。中身が見えないので、ラベリングをして何がどこにあるのか誰が見てもわかるようにしておきましょう。

野菜室をすっきりさせる方法

次は、野菜室をすっきりさせましょう!家族用の冷蔵庫だと、野菜室は引き出し型で深いタイプが多く、何をどのように保存しようか迷ってしまいますよね。そんな野菜室は「仕切る」がポイントです。

⑤紙袋で仕切りをする

⑤紙袋で仕切りをする

野菜室には仕切りがないので、紙袋を使って仕切りを作り、何がどこにあるのか見やすくすることが大切です。ビニールされたものより紙製の袋をおすすめします。

⑥プラスチックケースで仕切りをする

⑥プラスチックケースで仕切りをする

プラスチックケースで仕切りを作りましょう。食材には、それぞれに合った保存方法があります。例えば、ラップに包んで密封した方が良いものや、立てて保存した方が良いもの、柔らかいものは重ねずに保存した方が良いなど様々です。仕切りがあることで、立てたものも倒れることや重なることを防ぐことができます。

⑦容器に入れて仕切りをする

⑦容器に入れて仕切りをする

容器に入れて収納することで、仕切ることができています。中が見えない容器は色の統一感がありますが、中に何が入っているのかわかりません。そんなときは、中に何が入っているのかわかるようにラベリングしておくと探しやすく便利です。

冷凍室をすっきりさせる方法

最後に冷凍室をすっきりさせて終了です!冷凍室も引き出し式のタイプが多く、どうすればすっきりするのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。冷凍室をすっきりさせるには、「重ねない」がポイントです。

⑧大きさを合わせる

⑧大きさを合わせる

冷凍室の上段部分をすっきりさせるには、大きさの調整ができるご飯やミンチなどの保存がおすすめです。トレーの深さと同じくらいの大きさに合わせて形を作ると無駄なくすっきりと収まります。

⑨容器に入れ替えてラベリングする

⑨容器に入れ替えてラベリングする

購入時のパッケージはカラフルなものが多いので、保存する際はパッケージのままではなく、容器に入れ替えることで形も揃いすっきりとさせることができます。中身はすぐにわかるようにラベリングをしておきましょう。

⑩カゴに入れてまとめる

⑩カゴに入れてまとめる

細かいものを冷凍保存する場合は、カゴに入れてまとめておくようにしましょう。そうすることで、冷凍室内での迷子を防ぐことができます。


ごちゃつきがちな冷蔵庫をすっきりとさせるためのポイントを10個ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ぜひ参考にして、すっきりな冷蔵庫を目指しましょう!


RoomClipには、インテリア上級者の「冷蔵庫 すっきり」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ