賃貸でも楽しめる壁や柱を傷つけないDIY方法があります!

賃貸でも楽しめる壁や柱を傷つけないDIY方法があります!

賃貸は出ていくときに現状回復しておかなければならないのが基本です。現状回復を考えると、壁や柱を傷つけないようにDIYする必要があります。今回は、賃貸でも楽しめる原状回復可能なDIYをご紹介したいと思います。これを読めば賃貸でもDIYをあきらめずに楽しめます!

賃貸の救世主「ディアウォール」

「ディアウォール」をご存じですか?ホームセンターで1000円前後で購入することができるアイテムで、2×4(ツーバイフォー)材専用の部品です。「ディアウォール」を使うと壁や柱を傷つけずに賃貸でもDIYが楽しむことができます!

パーテーションが完成

パーテーションが完成

賃貸は、間取りを変更することができないですが、パーテーションをDIYで造ることで部屋を区切ることができます。ディアウォールを柱にして、すりガラス風の窓枠や、2×4の厚みを利用した飾り棚を付けています。最上部はオープンにすることで閉鎖感が薄れます。

アレンジ自在の板壁

アレンジ自在の板壁

賃貸では、壁に穴を開けられないけれど、雑貨を壁に飾ってインテリアを楽しみたいですよね。そんな時には、ディアウォールを使って2×4に横向きに板を貼り、DIYで板壁を造りましょう。DIYした板壁には、思う存分飾ることを楽しめます。

カフェ風キッチン

カフェ風キッチン

天井と床の間でなくても、キッチンカウンターの上にディアウォールを突っ張り、棚を設置することでカフェ風キッチンが完成します。棚があると雑貨なども飾れて、ハイセンスなカフェ風を演出できます。

はめ込む方法もあるんです!

RoomClipユーザーは、「はめ込む技」を駆使してDIYを楽しんでいます。もちろん釘やビスは使っていないので、傷をつけずにDIYしています。

間仕切りをDIY

間仕切りをDIY

キッチンとダイニングの間仕切りとして、上部には古い建具をはめ込み、その下にはコーヒーを収納できる棚とブックスタンドを設置しています。コーヒーと雑誌が収納でき、カフェコーナーの完成です。

キッチンカウンターの上

キッチンカウンターの上

キッチンカウンターの上にぴったりサイズの木枠をはめ込んでいます。その木枠にセリアのプラスチック瓶を取り付けて、見せる収納の完成です。

ふすまの代わりに

ふすまの代わりに

ふすまのかわりにルーバーフェンスをはめ込んで設置しています。はがせる両面テープで梁に固定しているので、安定感がありますが綺麗にはがすことができるので退去のときも安心です。

窓枠をはめ込む

窓枠をはめ込む

セリアのフォトフレームとべニア板、1×4を使って窓枠をDIYで造っています。フォトフレームにポリカーボネイトを挟むことで、まるですりガラスのようです。窓枠があることで、部屋の雰囲気がガラリと変化しますね。

ドアも傷つけることなくDIYを楽しみましょう!

ドアもどうにかDIYでインテリアになじませたい建具の1つですよね。賃貸物件ではなかなか自分の好みのドアが最初から設置されていることも少ないでしょう。そんな時におすすめしたいドアのDIYアイディアです。

文字やイラストを描く

文字やイラストを描く

ダイソーにある、ガラスに描いても水で拭き取れば消せるペンで文字やイラストをドアのガラス部分に描いています。ちょっとのことですが、あるのとないのでは大違いですね。

マスキングテープを貼る

マスキングテープを貼る

錆加工風のマスキングテープをドアの全面に貼っています。近頃はマスキングテープの色柄も豊富なので好きなものを選んで貼ってみましょう。

マスキングテープの上にペイント

マスキングテープの上にペイント

マスキングテープを貼った上を真っ黒に塗り、その上からミルクペイントをしてシャビーに仕上げています。マスキングテープをはがせば元通りです。


いかがでしたでしょうか。RoomClipユーザーのDIYのアイディアは賃貸の現状回復を可能にする頼もしい方法ですね。もちろん賃貸にお住いの方以外も参考にしていただけるアイディアだと思います。


RoomClipには、インテリア上級者の「賃貸 DIY」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ