衣替えの季節がチャンス!デッドスペースを活用して収納力アップ!

衣替えの季節がチャンス!デッドスペースを活用して収納力アップ!

永遠のテーマとも言える「収納力」。その「収納力」をアップさせる為には、デッドスペースの有効活用が最大のポイントとなってきます。1年の中でも特に衣替えは収納を見直すチャンスです。今回は、収納の中でも特に「洋服と服飾雑貨の収納力」をアップさせる為のデッドスペース活用方法をご紹介したいと思います。

「断捨離」から始めよう!

まず、衣替えを始めるまえに「断捨離」から始めましょう!1年を通して着ることのなかった洋服や傷んでしまった洋服などを処分しましょう。この機会に、バッグやベルト、帽子などの服飾雑貨もチェックすることをおすすめします。

要るものと要らないものを見極める

現時点で自分がどのくらいの量の衣類を持っているのかを把握しておくことは大切なことですね。押し入れやクローゼットに収納しているものを出してみましょう。

ハンガーに吊るすものと畳むものを決める

ハンガーに吊るして収納する洋服と、畳んで収納する洋服を決めましょう!シワになりやすい洋服はハンガーに吊るし、そうでない洋服は畳むと考えて決めるとわかりやすいです。

クローゼットの中のデッドスペースを活用する!

それでは、まずは洋服収納のメインとも言えるクローゼットの中の「デッドスペースの活用方法」からご紹介しましょう。どれもウォークインクローゼットでも使える活用方法です。

ハンガーに吊るす洋服の長さを揃える

ハンガーで吊るした洋服の下の引き出し収納の容量を少しでも多くするためには、ハンガーに吊るす洋服の長さを揃えましょう。そうすることで、ジャケットなどの短い洋服の下に収納ケースを多く置くことができます。

2段でハンガーを吊るす

ハンガーバーを2本設置することで、上下2段のハンガー収納をすることができ、デッドスペースを作ることなくクローゼットを使うことができます。

DIYで棚を作る

引き出し収納がクローゼットの幅とピッタリということはなかなかありませんよね。そうなると引き出し収納と壁の間にデッドスペースが生まれてしまいます。そんなときは、DIYで棚を作って収納力をアップさせましょう。

余ってたすのこのサイズとクローゼット内のこの隙間がぴったりだったので、棚にして隙間収納にしましたʕ•ᴥ•ʔ置き場所に困ってたバッグたちが収納できて満足◟́◞̀♡
IK

収納アイテムを活用する

扉の裏部分もデッドスペースなので、ぜひ活用したいスペースです。扉にフックを引っ掛けることでベルトを吊るして収納することができます。ベルトは丸めて収納する方法もありますが、バックル部分を引っ掛けて収納すると丸める手間なく収納できます。

高い場所には軽いものを収納する

詰め込めるだけ詰め込めばデッドスペースを活用したことになるわけではありません。詰め込んでしまえば奥の物が取り出せなくなり、結果的にはデッドスペースとなってしまいます。取り出しにくい高い場所には、あえて余裕を持って収納しましょう。

押し入れの中にデッドスペースを作らない!

次は、押入れの中に「デッドスペースを作らない方法」をご紹介しましょう。本来押し入れは布団や道具を収納するスペースとして作られているので、クローゼットと違い奥行があります。この奥行きがデッドスペースになってしまうこともしばしばです。

前方後方をそれぞれ活用する

前方には、後方の洋服の出し入れに支障をきたさない高さのものを収納すれば前方も後方も活用することができます。奥行のある押し入れだからこそできる前後の2段収納です。

キャスター付き収納をDIYする

すのこをDIYして作った棚にキャスターを付けています。キャスターが付いていれば引き出すことで奥に収納したバッグも簡単に取り出すことができます。

ジャストサイズの収納をDIY

押し入れのサイズにジャストサイズな収納をDIYすれば、デッドスペースは当然生まれません。キャスター付きで引き出すこともできる上に、扉も付いているので扉を開ければ引き出さずに中のものを取り出すことができます。


今回は「洋服と服飾雑貨の収納力」をアップさせるためのデッドスペースの活用方法をご紹介しましたがいかがでしたか?デッドスペースは活用することも大切ですが、作らないことも大切です。ぜひ、衣替えをチャンスに収納を見直してみてください。


RoomClipには、インテリア上級者の「デッドスペース 収納」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

関連記事

RoomClipの関連タグ