一人暮らしや広くないワンルームでもソファを楽しむ

一人暮らしや広くないワンルームでもソファを楽しむ

リラックスできる場所として確保したいソファ。でも一人暮らしのお部屋や、広くないワンルームではどうしてもスペースが確保できなくて、置けずじまいなんてこともありますよね。そこで、せまめのお部屋でもソファを楽しむためのアイデアや、例をご紹介したいと思います。 

お部屋のカラーを統一させる

部屋全体のカラーを統一させることにより、ソファが浮くことなくお部屋になじみます。そうすると視覚的にも圧迫感が出なくて、狭く感じることがありません。

白系でカラーを統一

部屋全体のカラーを白で統一。床や壁も白なので、全体的にとても広く感じます。ソファを置いても圧迫感を感じることがありません。また、白はやはり清潔感がありますよね。

ナチュラルテイストで統一

とってもナチュラルなカラーで統一されたお部屋。ベージュはどんなお部屋にもよくなじむカラーです。ウッド調の床に、ソファーの脚部分やほかの家具も木製でそろえられており、統一感がありますね。

ソファは1人掛けのものにする

ソファというとどうしても2人掛けのものを想像しがちですが、やはり狭いお部屋にはちょっと難しい。ならば1人掛けのソファをチョイスしましょう!

1人掛けソファ×小さめのテーブル

1人掛けソファーにしたのならテーブルも小さめ。そうするとまとまりが出ますし、ものが多すぎるという圧迫感も感じられないですよね。

ソファはシンプル×クッションに色味を

1人掛けのソファにマリメッコのクッションでコーディネート。1人掛けでも自分の好みのクッションを置けば、リラックスできる場所になりますね。そしてやはりテーブルは小さめをチョイス!

1人掛けソファは定位置になる

1人掛けのソファなら自分だけの定位置になること間違いなし。心地の良いクッションとブランケットを置いておけば、至福の時間が過ごせますね。

ソファはロータイプのものをチョイス

ソファは高さがあるものよりもロータイプのもののほうが、空間が広く見える効果があります。ソファを置いたら圧迫感が出てしまいそうだなと感じたら、ぜひロータイプのものをチョイスしてください♪

ロータイプのソファでワンちゃんも安心

ナチュラルカラーのソファをロータイプにすると天井が高く感じられ空間をゆったりと使えます。また、マスキングテープで縦に線を入れることで、さらに天井までの高さがあるように感じられますね。ロータイプのソファはワンちゃんにも安心の高さです。

ソファ横のチェストも同じ高さに

ソファをローソファにしたら、そばに置く家具もロータイプにするとお部屋に統一感が生まれます。このユーザーのように横のチェストをソファと同じくらいの高さにすると、とてもまとまりますよね♪そして何よりも使い勝手がいいです。

こんな工夫もある~番外編~

ほかにも一人暮らしのお部屋や、せまめのワンルームで使えるテクニックがあります。ぜひ参考にしてみてください。

ソファ下の空間は収納として利用する

ソファは2人掛けのものを!と決めているのであれば、ソファ下に収納部分を作ってスペースを有効活用しちゃいましょう。それだけでも一人暮らしの収納としてはかなり助かるものがあります。

ソファベッドをチョイス

部屋を狭くしてしまう原因はソファ×ベッドですよね。それならばソファベッドをチョイスすれば問題解決!来客があるときなどはソファタイプにできるので、空間がかなり広々と使えます。

おしゃれな座椅子をセレクトする

固定のソファではなく、折り畳めて移動も簡単な座椅子をチョイスする方法も。古臭いイメージの座椅子ですが、今はおしゃれなデザインもあるので、それらをチョイスすればお部屋の雰囲気も崩れませんよ。


狭いからソファは無理!と諦めている方、ぜひこのアイデアを取り入れてみてください。ソファはリラックスできる場所、毎日をリセットできる場所でもあります。きっと快適な空間を持つことができると思いますよ♡


RoomClipには、インテリア上級者の「一人暮らし ワンルーム ソファ」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ