「やってみたい!から生まれた、NY気分なcafe空間」憧れのキッチン vol.28 yunari-coさん

「やってみたい!から生まれた、NY気分なcafe空間」憧れのキッチン vol.28 yunari-coさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

程よくエッジの利いた、アメカジスタイルのインテリアを楽しんでいるyunari-coさん。今回は、そんなyunari-coさんの作る、海外cafe風のハイセンスなキッチンをご紹介します。

主人と小学生の娘2人の4人暮らし。エステティシャン。マイホーム3年目。主人の父が林業を営んでいるため材料と道具は充実しているので夫婦で(最近では娘達も)DIYライフを楽しんでます。

やってみたい!を取り入れた温もりcafeキッチン

海外カフェを思わせる、ついつい長居してしまいそうなyunari-coさん宅のキッチン。色遊びや、素材感の組み合わせも巧みです。まずは、キッチンコーディネートにおける、こだわりについて伺ってみました。

yunari-coさん

「元々はカップボードもキッチンパネルも全部真っ白の木目調のものでした。温かみのあるキッチンにしたい、黒板塗料も使用してみたい!と考えていたので、いっそのことカフェ風にしようと思い今の形になりました!」

キッチンを中心に広がるNY気分な空間

リビングとひと繋ぎになった、広々としたキッチン。まるで全体が、NYのオープンcafeのような雰囲気で統一されています。ベースのキッチンは、『全部真っ白な木目調だった』とのことですが、どのようにして今の形を実現されているのでしょう?アレンジポイントについて、詳しく聞いていきます。

キーワード1 cafe風ではなく、正にcafeそのもの!

yunari-coさん

「黒板塗料を使ってみたい!!と言うのがそもそものキッカケでした。でも、いざやり出したら想像以上に楽しくて、やりたいことを全てやったらcafe風どころかcafeになっていました。」

キーワード2 メニューボード風の黒板

yunari-coさん

「黒板をオーダーしたみたい!と言われますが、実はカップボードに黒板塗料を塗ったベニヤ板を貼り付けただけです。しかも、すぐに取り外しできるように、マスキングテープの上から両面テープで貼り付けています。

ちなみに文字はチョークではなくポスターカラーなので落ちません」

キーワード3 ヴィンテージライクな板張りのキッチンパネル

yunari-coさん

「キッチンのパネルが板張りみたい!ともよく言われますが……、元はカップボードと同柄です。ちなみに、こちらもベニヤ板アレンジ。大きな2枚のベニヤ板に、彫刻刀で溝を掘り、アクリル絵具とブライワックスで色をつけています。」

なるほど、yunari-coさん流の工夫が、シンプルなキッチンをNYのcafeを思わせる空間へと生まれ変わらせたんですね。それにしても、ベニヤ板に溝をつけるなど細部までこだわりが効いていて驚きです!それではさらに、雑貨を含めたトータル的な「yunari-coさん流キッチン作りのポイント」について迫っていきます。シンプルなキッチンにちょっと飽きてきた……そんな方は要チェックです。

生活感をOFFしつつ、温もりを感じさせる3つのポイント

その1 冷蔵庫を隠して、大きな生活感をOFF

yunari-coさん

「キッチンにおいて、一番生活感が出てしまうのが冷蔵庫でした。そこで、冷蔵庫を隠すために壁を作ったんです。これは、家を建てる段階で絶対にやりたかったことなので、実現できて満足です。存在感の出る、壁部分は無機質な印象にならないようレンガ風にアレンジしています。」

その2 温もり感じる、ハンドメイドのペンダントライト

yunari-coさん

「キッチンの3つのペンダントライト、実はこれ、主人が調理用のステンレスボウルとステンレス皿でハンドメイドした物なんです。その話をすると皆さん驚いてくれます(笑)。ハンドメイドならではの、温もりがポイントです。」

その3 グリーンを取り入れてナチュラルな温もりをプラス

yunari-coさん

「キッチンにもグリーンをたくさん取り入れて、生活感よりもそちらに目がいくようにしているんです。花器には庭の花などを飾りますが、他はフェイクグリーンを混ぜたりしながら気分を楽しんでいます。グリーンがあるだけで、空間がぐんと明るく爽やかになるのもポイントです。」

最後にキッチンをもっと素敵にするためのアドバイスをいただきました

yunari-coさん

「自分がやってみたいことにチャレンジする!まずは、そこからスタートしてみると良いと思います。やりたいことを目いっぱい叶えたキッチンは、大好きな場所になります。大好きな場所になると、キッチンにいること自体がもっともっと楽しくなりますよ♪」

まとめ: 「やってみたい」を楽しむ!それが理想のキッチン作りの秘訣

yunari-coさんは、「やってみたい」を臆せず実行することで、理想のキッチンを実現されていました。また、黒板塗料の使い方や、キッチンパネルのアレンジなど、想像をリアルにするyunari-coさん流の工夫がお見事でした。

頭の中ある「ああしたい、こうしたい」をリアルに再現するのは、意外とコツがいるもの。今回教えていただいた、アレンジ法やコツを参考に「やってみたい」をまずは、楽しむところから始めてみてはいかがでしょうか?


yunari-coさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ