ヴィンテージでメロウな空気を引き寄せる!K55さんのジャックダニエル風キャビネット

ヴィンテージでメロウな空気を引き寄せる!K55さんのジャックダニエル風キャビネット

アメリカンウイスキー「ジャックダニエル」。そのロゴに惚れ込み、DIYにも取り込んでいるというK55さん。今回はそんなK55さんが、リビングの生活感を丸ごと収納すべく作った、メロウな存在感のキャビネットをご紹介します。まるでジャックダニエルのオフィシャルバーのような、深みのある空間を演出してくれます。

教えてくれた人

ジャック ダニエルのロゴが、大好きでステンシルを初めて今は、ジャック ダニエル ハウスにになりました。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの
  • 1×4材と扉部分は、ベニア板
  • 扉の周りは、杭打ちに使うような安い杉材を使用しています
  • 棚板
  • カラーボックス
  • 塗装用のペンキ(アサヒペンの万能用ツヤなしペンキ、白/黒)
  • 蝶番
  • ステンシルシート
  • パレット(牛乳パックで代用可能)
  • スポンジ(ステンシル用)
  • サンドペーパー
  • ビス
  • 網(チキンネット)

STEP1

STEP1

まずは今回ご紹介するアイテムの平面図をご紹介します。サイズを書き入れるなどしてみてください

置く場所に合わせて、奥行き幅を設定してください。
今回幅は、カラーボックス3個分ですが、高さと奥行きは、長めにしています。

まずは、両サイドを作っていきます。
1×4材を5本スノコのような感じでつなげてください。 繋ぎめの木材は、1×4の端材です。

STEP2

STEP2

両サイドが、できたら天板になるものを下から1枚ずつビスで留めます。
一人で組み立てるために画像では見えにくいですが、サイドの組み合わせた板が倒れないようにカゴを置いています。
※ご自宅にあるものを代用してストッパーにしてください

STEP3

STEP3

3枚扉にするので、それぞれの扉を付ける部分を作っていきます。
※この作業も、画像のように物を置いて行えば1人でできます

STEP4

STEP4

背板を付けます。
画像は、背板を付けてペンキを塗った状態です。

STEP5

STEP5

棚部分は、一列分は棚板を利用しています。

2列分には材料費節約のため、カラーボックスを2個いれました。

STEP6

STEP6

扉部分を作ります。
まずは、他の部分と同様に、ペンキを塗ってください。

次いで、ジャックダニエルのロゴ風ステンシルを入れていきます。ステンシルにもペンキを使用しています(アサヒペンのツヤなし)。

私は、牛乳パックをパレット代わりして、スポンジでステンシルしています。スポンジにペンキを付けて、数回しごいて発色を調整してください(木材は、表面に凹凸がかなりあるので、薄く薄く塗るのがポイントです。ペンキがつくか、つかないか……くらいがオススメです)。

ステンシルが、はみ出てしまったら目の細かいサンドペーパーで修正します。この修正も、良い感じに味を出してくれます。

STEP7

STEP7

さらに、扉に網を貼っていきます。
網を貼るときは、一辺を貼ったら次にその反対の部分を貼ります。引っ張り気味で行うのがコツ。 ビスは、両サイド、センター、それぞれの中間に留めてください。

貼り終わったらさらに、上下、両サイドをペンキを塗った杭打ち木材で留めてください。

STEP8

STEP8

最後に、扉と本体を付けて完成です。

大胆なイメージ投影で、自分好みの空間作りは叶う!

ジャックダニエルのイメージを見事に再現したK55さんのキャビネットは、そこにあるだけで一気にメロウな空気感を生み出します。最も主張したい部分を、大きな収納に投影することで、雑多な生活感まですっきりOFFしているのがポイント。

深みのあるアメリカンバーのような空間が好き……と言う方はぜひ、K55さん流の大胆なイメージ投影テクを参考にしてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • 木材はホームセンターでカットしてもらうのがオススメです。
  • 1人で組み立てる場合は、壁や物を利用すると楽です。
'

K55さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ