冷蔵庫の省エネ収納10のコツ

冷蔵庫の省エネ収納10のコツ

食品を新鮮なまま保存するために冷やしたり凍らせたりと、年中電源が入っている冷蔵庫。たびたび電源を切って節電するわけにはいきませんよね。そこでちょっと収納に工夫を加えるだけで、使いながら節電できる省エネのコツを教えちゃいます!

コツは、扉の開閉回数を減らすこと

みなさんもご存知のとおり、冷蔵庫や冷凍庫の扉を開閉することによって冷気が逃げ、冷蔵庫内では温度を戻そうと、余計な電力が使われることになります。それなら、開閉回数が減るような収納をするのがコツです!

中身の見える容器で取り出しやすく

どこに何があるか一目で分かるように、中身の見える容器に移し替えて収納。家族が自分で冷蔵庫を開けて取り出せるように、透明のタッパーに入れて「ママどこに入ってるー?」の回数を減らすようにしているそうです!

SSコンテナシリーズはすのこが付いているので、肉や魚のドリップはすのこの下へ落ち、野菜はすのこの下に濡らしたキッチンペーパーを敷いておくといつまでもシャキシャキです。
shio2772

名札を付けて収納場所を決める

収納ケースに名札を付けることで、どこに何があるのかが分かりやすく、出し入れしやすくなります。MIMさんのように朝、昼、晩に使う食材を、ケースに分けて収納するのもアイデアですね。

野菜室も見て分かりやすい収納

開けた紙袋に野菜を収納すれば、見てすぐに選びやすくなるので時間が短縮できます。紙袋は汚れたらサッと取り出して捨てられるので、手間もかからず野菜室を清潔に保つことができます。ちなみに、冷蔵庫を掃除するなら、気温の低い冬がおすすめです!

コツは、冷蔵庫と冷凍庫の特徴をいかして詰めること!

冷蔵庫に食品をフルに詰め込むと冷気の流れが妨げられ、冷蔵庫内が均一に冷やされず、余計な電力が必要になります。逆に冷凍庫は詰め込むことで冷気を停滞させるので経済的。それぞれの特徴をいかして収納するのがコツです!

ケースに番号をつけて収納

あれこれと食品を分類せずに番号で仕分けすれば、決まった数のケースを置くことができるので、冷蔵庫内に余裕がでてきます。数字のラベルがカッコよく、家族以外の人にも見せられるステキな収納ですね。

No.1などのラベルを貼ってるケースは、DAISOの真っ白なboxです。子供達や旦那にアレはどこ〜って聞かれても何番に入ってるよ!って言えるので、自分なりに使いやすくなってます!!!!
linu.a.a.a

下の段は常に開けておく

食品や鍋を一時保管できるように、1番下の棚はつねにスペースを空けているそうです。急ないただき物もすぐに冷蔵できて便利ですね。ちなみに、みなさんもご存知のとおり、鍋や食品は冷めてから冷蔵庫へ入れるのが省エネのコツです。

7割収納で見やすく清潔に!

sumosarozaさんのように冷蔵庫は余裕をもって、冷凍庫はできるだけ詰めて収納しています。とてもスッキリしていて清潔な印象ですね!

冷凍食品は、Ziplocに入れてます。 中身がひと目で分かるので、 表示要らずです。 保存容器はブルー系のアフタヌーンティ雑貨の物です。 省エネや二重買い防止に、7割収納も心がけてます☆
sumosaroza

コツは、必要以上に食材を購入しないこと!

食品収納をするスペースがたくさんあると、ついつい買う量も増えて、冷蔵庫がいっぱいになってしまいますよね。それなら、食材が入るスペースを決めてケースなどで仕分けておきましょう。

食品を使う量ごとに、小分けに収納

このように冷凍庫には、1回ごとに使う量を分けて収納すれば、なくなるのが目に見えるので買い足すタイミングも計れます。きっちりと詰めて収納できるので、冷凍庫の冷気を逃しにくくします。

野菜などの形や大きさに合った収納ケース

100均のさまざまな大きさのケースをうまくはめ込んで、野菜それぞれのオリジナル収納スペースがつくられています!これなら、かさばりがちな野菜同士もスッキリ収納でき、買い物の制限もできます。ケースが網目状なので冷気の循環もよさそう!

野菜室、 セリアケースがシンデレラフィット!
moe9646
これなら、使い残しでダメにしたりすることなさそう!
momo

コツは、理想のコの字に収納して全体が見渡せること!

冷蔵庫の棚に食品を前後に並べると、奥の物が見えにくくなり、気が付いたら賞味期限が切れていたなんてこともあります。コの字収納をすることで、全体が見渡しやすく開閉時間の短縮、また、詰めすぎ防止にもなるので、究極な省エネのコツではないでしょうか?

扉の側面から奥まで見える収納

高さの合った容器を並べて、コの字収納にしています。下の段も小さい物を奥に並べることで、手前側にスペースができ、鍋の一時保存も可能です!

コの字になるように、置き場所や量を考える

ドレッシングや液体の調味料は、サイズが同じ容器に入れ替えることで、並べて一列に見やすく、コの字収納に適しています。賞味期限の近いものはできるだけ手前に置くなど、工夫するのもアイデアですね。


冷蔵庫の省エネのコツは、ちょっとした収納にヒントがありました。ぜひ、もう一度冷蔵庫収納を見直して、賢く経済的な生活を送ってくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者の「冷蔵庫」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ