ロースタイルが新鮮!ほっこり落ち着く、床に近い暮らし。

ロースタイルが新鮮!ほっこり落ち着く、床に近い暮らし。

リビングにはソファというのが主流ですが、日本の昔ながらの生活のように床に座る暮らしが、いま新鮮です。今回は、ソファを置かないリビングや、座面が低いローソファを取り入れた「床に近い暮らし」をご紹介します。ラグや畳の上で、思い切り足をのばしてくつろぐ、床生活。その快適さを、ぜひ再発見してください!

床には敷物だけ。ほかに何も置かない。

日本人が昔から慣れ親しんできた、床に座る生活。やはり、どこかホッとして落ち着きますよね。床には敷物だけで、ほかには何も置かない、このうえなくシンプルな床生活をご紹介します。

ラグを床一面に広げる

リビングの床一面に広がるラグ。実はマルチカバーをラグとして使っているそうです。こんなに広々していると、ゴロンと寝転がって、テレビを見るのにぴったり。子どもたちも、のびのび遊べますね。

フローリングに置き畳を敷く

ダークウォルナットのフローリングに、置き畳を敷いた和のリビング。へりのない置き畳は、モダンな雰囲気によく似合います。い草の香りは、やっぱり落ち着きますよね。

ラグ+クッションでくつろぐ

床にラグを敷いて、ふんわりとした優しいクッションに身をまかせるのも、極上のリラックス。クッションなら、移動も自在。好きな場所に運んで、自分だけのくつろぎスペースをつくることができます。

芝生みたいなラグ+色ちがいのクッション

まるで芝生のようなグリーンのラグに、無印良品の体にフィットするソファを合わせたリビング。デニムと赤+グリーンの色合わせが絶妙ですね。

丸いラグ+ビーズクッション

リビングの真ん中に、丸いラグとYogiboのビーズクッションを置いてリラックス。体にぴたりと沿うビーズクッションは、床暮らしの強い味方ですね。

上から色々垂れてます、笑!そしてリビングにはソファは置いていません。ハンモックとYogiboがソファ代わりです♡
shiiimay114

部屋の角にクッションを置く

こんな風に部屋の角にクッションを並べると、壁がちょうど良い背もたれになります。色や柄にバリエーションをつけたクッションが、いい雰囲気。グリーンに囲まれたリラックススペースですね。

座椅子を置いたら、座り心地も◎

洋室も、こんな風に座椅子を置いてロースタイルに。IKEAのクッションが優しい雰囲気です。柔らかな日差しを受けて、ほっこりしますね。

小さいお子さんやペットと暮らす家には、ローソファがオススメ

普通のソファより低めに設計されたローソファを置いたら、床に近いロースタイルのリビングに。小さいお子さんのお昼寝スペースにもなりますね。ペットの足腰にも優しいデザインが魅力です。

元気が出るビタミンカラーのローソファ

ソフトなオレンジ色のローソファが、白木のナチュラルな空間にぴったり。ギンガムチェックの座面が、ポップなアクセントになっていますね。子どもと暮らす、優しいロースタイルです。

ヴィンテージレザーのローソファ

大人っぽいヴィンテージレザーのローソファ。ワンちゃんの足腰に優しく、シックなインテリアにもなじんで、一石二鳥ですね。グリーンのラグと相性抜群です。

オイヌのオヒザにやさしいローソファ!
YUKi

ローソファをくっつけて、秘密基地に

ローソファ2台を内側にくっつけたら、まるで秘密基地のようなスペースに。脚を伸ばして、のんびりくつろげそうですね。

ソファを全部内側にくっつけてコンパクトにしてみました♪こどもは大喜びです✨わたしも足伸ばせるのでなかなかいいかも♡しばらくこれで生活してみます♪
noro
わぁ♡ベッドみたいー♡これは子供も喜ぶね♬私、確実にここで寝ちゃうな(笑
greencafe

ソファの脚を外して、ロースタイルに

もとは脚付きソファの脚を外して、ロースタイルにする新発想!小さなお子さんが、ちょこんと座れる高さがいいですね。


いかがでしたか?日本人にはなじみ深い、床座。床に足を投げだして寝転ぶのは、何といっても気持ちいいですよね。ぜひみなさんも、ラグやクッション、ローソファなどを取り入れて、床に近い暮らしをしてみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ロースタイル 床に近い暮らし」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ