急な来客がきても大丈夫にする工夫

急な来客がきても大丈夫にする工夫

突然の来客があったら、あなたはお客様をお家に招き入れることができますか?ここでは、そんなもしもの場合でも困らない、突然の訪問でも慌てない工夫をご紹介します。日ごろから家の中を整えておくのがベストですが、なかなかできないものですよね。そんなときのお助けテクになること間違いなしですよ!

収納は7割までにしておく

とっさに片づけようと思っても、収納場所がパンパンの状態だと片づけることができません。収納は8割までが鉄則。でも、さらにとっさに対応するには、もう少し余裕をもって、7割ぐらいまでに抑えておくとやりやすくなります。

収納場所にゆとりを

押し入れやクローゼットなど、メインとなる収納場所に少しゆとりがあると、急に何かを片付ける必要が出てきても、その中を片付けることなく、しまう作業だけで収めることができます。ちゃんと余裕を作っておけば、とにかく急いで詰め込んで、開けたらモノが雪崩れてくるなんてことはありませんね。

あの隠し部屋の中身はこんなになってるのねー♥これは便利&見せたくないもの放り込めちゃうね♪
Mayu..

ちょい置きスペースを確保

お部屋の棚やボックスの一部を空けておくことで、テーブルや床の上に置いてあるような小物をそこにサッと入れれば、お部屋の中はリセットされます。急な時にはここに置くという場所をしっかりキープしておけば、慌てずしまえますよ。ただし、来客が帰られた後にちゃんと元の定位置に戻すことをお忘れなく!

玄関にも余裕を

家の中で最もパブリックな場所が玄関。玄関が、最も急な状況に対応しなければならない場所ですね。でも、家にいる人には長く過ごす場所ではないので、その場所の状況に気付きにくくなるのも玄関です。もし玄関に応対に出た時に、玄関が散らかっていても、余裕のスペースを設けておけば、サッとリセットが可能です。

困ったときの隠し場所を確保しておく

突然の来客だと、きちんと片付ける時間はないので、とりあえず隠せる場所に隠してしまうのが、一番早くて確実な方法です。普段からどこかに少し隠せる場所をキープしておくと、とっさの時に慌てず入れられますよ。

ブレッドケースを利用する

特にオープンなキッチンの場合、急な来客があったとき、作業中のモノがあったり、作業台に食材が出しっぱなしになんてことも考えられます。空のブレッドケースをひとつ置いておけば、普段はインテリアに、困ったときには隠し場所にできますよ。

たためる入れ物を利用する

空き箱やカゴを用意しておけば、とっさに散らかったモノを詰めて隠すことができますが、かさばる箱やカゴを常に置いておくのも困りもの。それならば、折り畳み可能な入れ物を利用してみては。ストレージボックスやランドリーボックスは丈夫で軽くて使いやすいですよ。手元になければきれいな紙袋やエコバッグも使えます!

各所にちょい入れボックスを置いておく

家具などの死角になるような場所やデッドスペースなどに、各所に空のチョイ入れボックスを置いておくと、急な時にはとりあえず近くのボックスに入れることができます。こちらのユーザーさんのように、ソファーと壁の間なんかは使いやすいですね。

扉やカーテンを活用する

あまり人には見せたくなかったり、生活感が出すぎてしまう場所などは、扉やカーテンをあらかじめつけておくことで、普段は開けっ放しでも、来客の時だけ閉めることができます。見せるためではないオープン収納に便利ですね。

扉付きの棚を利用する

オープン収納にせず、扉がついた収納にするのが、見せないためには一番の方法。それならば、いっそのこと最初から扉付きの収納を利用するようにしておけば、その中にあれば扉さえ閉めればいいので、慌てる必要はなくなります。

扉をDIYでつける

扉がない棚でも、なんらかの方法で扉を作ることは可能です。しっかりとした扉をつけたければ、自分で作ってみてはいかがでしょうか?本格的に木材を利用する方法もありますが、フォトフレームやすのこなど既存のモノを使って作れば、より簡単に作れますよ。

突っ張り棒と布さえあれば扉になる

DIYなんて難しくてムリ!ということならば、突っ張り棒と布が一枚あればカーテン状の扉をつけることができますよ。布を縫うのが難しければ、裾あげテープを使えば簡単です。また、カーテンクリップを使えば挟むだけなので、すぐにカーテンになりますよ。

カフェカーテンも使える

小さい場所ならば、カフェカーテンを利用するのも手。カフェカーテンならば、切ったり縫ったりの手間は一切かからないので、材料さえ用意すればすぐに扉の完成です。手軽なので、気分や季節によって変えたりしてみてもいいですよ。


いかがでしたか?とっさの時のための場所を確保しておくことで、急な来客があっても焦らず対応できますね。本当は普段からきれいにしておきたいところですが、こういう隠しワザも用意しておくと、気持ちにもゆとりができますよ。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「収納 隠しワザ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ