RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、シンプルなモノトーンインテリアの中に、かわいいモチーフをプラスした遊び心が魅力的なお部屋を作り上げているjuri555さんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

3年前に家を建てました。小5、小2、年少の三兄弟の息子がいます!モノトーンを主として子供部屋はテーマを決めてカラフルインテリアを楽しんでいます。

見えない所もスッキリ見えるように

物が綺麗に収納され、スッキリ&広々としたお部屋を保たれているjuri555さん。インテリアも含め、収納家具や容器もモノトーンで統一され扉を開けてもキレイで整った収納が印象的です。

juri555さん

「収納用品はモノトーンで揃えて、扉で見えない所もスッキリ見える様に、子供達でも使いやすくを考えて収納しています。」

juri555さんの収納を拝見し、見やすく使いやすそうな印象を受けたのは、お子さんでも使いやすいよう工夫がされていたからなのですね。さらに、モノトーンに統一することでビジュアルストレスの少ない、スッキリとした収納と空間を実現されているわけです。今回juri555さんには「子供が暮らしやすい収納のコツ」をご紹介いただきます。子供の毎日が、よりスムーズで豊かになる収納のコツになっています。自分でするから、お母さんも嬉しい収納法です!

子供が暮らしやすい収納3つのコツ

その1 シューズクローゼットはショップ風に

juri555さん

「シューズクローゼットは普段扉が閉めていますが、子供達が開けっ放しにしていく事が多々あるので、見えても恥ずかしくない様に収納することを心がけてます!学校に行く前に靴や帽子、手袋、などを自分達で選べるよう、ショップ風に!」

その2 お気に入りのおもちゃは見せる収納に

juri555さん

「子供部屋に続く小さな廊下部分に棚を付けてもらい、そこにお気に入りのおもちゃと本を置いています!よく遊ぶ物は下の方にしてそのままそこのスペースで遊んでいます。お片付けも棚に置くだけだから簡単です。」

その3 ランドセルや教科書類はリビングの扉付き収納場所へ

juri555さん

「子供部屋に机はなく、キッチンのカウンターで勉強をしています。横の収納にランドセルや学校で必要な物を全て置いていて、帰ってきたらここで全て物を収納し、宿題をして準備を終わらせます。そして来客時は扉を閉めてしまえばスッキリです!」

オススメの収納アイテム

ITEM mon・o・tone A5ブック型ケース(ブラック)
PRICE 500円

新居が建った時にこの商品を買い揃えました!薬を入れたり、文房具、工具、電池など何を入れてもスッキリ収納出来るし、子供でも取りやすく開けやすいので重宝しています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

juri555さん

まずは断捨離をして、必要な物だけと暮らすのが収納しやすい家を作るコツだと思ってます。1年間触ってない物は処分。靴は一足買ったら一足処分。うちは年に1回フリーマーケットを開催して、子供達と要らないもの探しをします。

生活動線に合わせた収納アイディアで、暮らしがスムーズに!

「子供が自分でできる収納」のコツが凝縮されていましたね。子供の生活動線に合わせて、取り出しやすく片付けしやすい環境を整えてあげるだけで、無理のない片付け習慣を身に付けることができそうです。子供自身が主人公となりながら毎日の生活を送っていく、とても大切な暮らしのヒントまで教えていただいたように思います♪ご紹介いただいたjuri555さんのコツを参考に、使いやすい収納の見直しをしてみませんか?


juri555さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!