壁をたっぷり贅沢に使う、雑貨屋風の収納棚。toriasyさん流、ディアウォール活用術

壁をたっぷり贅沢に使う、雑貨屋風の収納棚。toriasyさん流、ディアウォール活用術

コスパとクオリティーの限界に挑みながら、コツコツと丁寧なDIY作品を生み出しているtoriasyさん。今回はそんなtoriasyさんに、ディアウォールを使って、壁面をたっぷり活用した棚の作り方を教えていただきました。狭い空間の収納スペースにも最適なアイデアです。

教えてくれた人

時には失敗もしつつ、まずどうなるかやってみるをモットーにマイペースでDIYを楽しんでいます。

必要なもの

所要時間

約3時間

購入する材料 計6アイテム 約8000円(ディスプレイ雑貨含む)(税込)

  • ディアウォール3セット
  • 2×4材8F 2350mm 3つ
  • 2×4材8F 1つ(棚用)
  • 2×4材6F 2つ(棚用)
  • ダイソーL字金具6セット
  • ダイソー工作板25cm×45cm 2枚
  • ダイソー工作板20cm×45cm 2枚
  • 蝶番4セット
  • セリア取っ手4つ
  • ダイソー木用全ネジ全長51mm
  • ダイソーアンティーク調ビス
  • ダイソー水性ニス ウォールナット

必要な道具

  • ドライバー
  • メジャー
  • ノコギリ
  • ハケ

つくりかた

STEP1

はじめに、ディアウォールを設置する、2×4の木材をカットしていきます。
我が家では、ディアウォール使用時の木材カット計算式があるんです。それが、 『床から天井までのいっぱいの長さ-45mm』。 この計算で出た長さで、2×4の木材をカットしました。ちなみにマイナスした45mmは、ディアウォール分の長さになります。

ネットなどには『-40mmがちょうどいい!!』とも書かれていますが、 我が家は-45mmがベスト。それぞれの ご家庭のベストサイズでカットしてみてください。
※今回の例では、 『床から天井の長さ2350mm-45mm=2305mm』でカットしています。

STEP2

カットした木材を水性ニスで塗装します。

STEP3

ディアウォールを壁に設置します。
私はいつも天井から先に合わせて、床で突っ張る方法をとっています。 今回は3つ設置していきますので、真ん中の柱の位置はお好みのバランスで設定してみてください。

STEP4

続いて棚部分を作っていきましょう。
STEP3で設置したディアウォールの横幅に合わせて、残りの2×4材もカットしていきます。 私は、扉も付けたかったので、扉にする板も長さを測ってカットしました。

STEP5

木材のカットができたら、STEP2と同じように水性ニスで塗装します。このタイミングで扉も作ります。

STEP6

STEP5で準備した木材を使い、棚を作って行きましょう。
棚は全てL字金具で固定してください。 お好きな幅でOKです。 最後に、扉を蝶番で留めて完成です!

飾り棚と収納棚をバランスよく組み合わせた、雑貨屋さんの什器のような仕上がりになりますよ♪棚と棚の幅や、扉つき、引き出しなど思うまま自由にアレンジを楽しんでみてください。

ディアウォールで、アイデアたっぷりの壁面活用を楽しもう!

壁を有効活用すれば棚を置けないような狭小スペースにも、気の利いた収納棚を確保することができます。ディアウォールをフル活用することで、雑貨屋さんのディスプレイで使われているような、オシャレな見せ壁が作れてしまうんですね。壁一面をつかったこんな棚があれば、収納はもちろんですが、シーズンごとのディスプレイを楽しんだりと、暮らしがちょっと豊かになりそう。

toriasyさんは、棚板アレンジだけでなく、扉を付けたり、引き出しを付けてみたりと色々細かな工夫もされています。収納スペースに困っている空間や、持て余して殺風景な壁があるのなら、是非toriasyさん流のディアウォール活用術を参考に、自分だけの夢の棚を作ってみてはいかがでしょうか?

ワンポイントアドバイス

  • 木材を選ぶ時、板の反りがないか確認し、まっすぐな物を選んでください。
  • L字金具を固定する際、まず棚にする板の方を留めてから柱に固定するとやりやすいです。

toriasyさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ