「手をかけて理想を追求。狭小キッチンを開放的で機能的な場所へ」憧れのキッチン vol.70 jakedocthepoohさん

「手をかけて理想を追求。狭小キッチンを開放的で機能的な場所へ」憧れのキッチン vol.70 jakedocthepoohさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、カラフルな小物と癒しのグリーンカラーで色遊びをしながらインテリア作りを楽しむjakedocthepoohさんのキッチンをご紹介します。

父、母、娘の3人ぐらし。 中古マンションをリノベーションして真っ白なお家を作りました。 そこに小物、観葉植物などで色をつけていき、自分達の個性を出していける事を楽しんでいます。

古い味わいが魅力の海外テイストオーダーキッチン

jakedocthepoohさんのキッチンを拝見して、目に飛び込んでくるのは、ビビットカラーの小物達。海外チックなラフさのある真っ白な空間にその色合いがよく映えています。とても個性的で、jakedocthepoohさん感性が見事に表現された空間です。まずは、キッチン全体のこだわりについて聞いてみましょう。

jakedocthepoohさん

「海外の使い古したキッチンが好きなのでそれをイメージしてオリジナルにこだわってオーダーしました。ホーローのシンクやタイル貼りなどを使用して作りました。」

生活スペースと距離が近いキッチン

リビングのソファ背面すぐに位置するキッチンスペース。ダイニングへの動線も最短で、どちらにもすぐに手が届きそうです。家事をしながらもコミュニケーションは密にとることができ、家族との会話も増えそうです。では、その他のキッチンの特徴についてみていくことにしましょう。

キーワード1 DIYで収納力アップ!

jakedocthepoohさん

「レンジボードや収納棚は自分達のイメージに合わせてオリジナルで自分達で制作しました。機能性とデザインを両立させたつもりです。」

キーワード2 独立したキッチンと開放感のあるキッチン

jakedocthepoohさん

「狭小住宅なので、リビングとの境に腰高のパーテーションを設け、ゆるく分断させることでスペースのメリハリをつけています。」

キーワード3 白く明るいキッチン

jakedocthepoohさん

「キッチンは清潔感のある白で統一。収納棚も天面もすべてにおいてベースは白です。小物で色付けをして楽しく料理できるようにしました。」

白をベースに、DIYで手を加えながら、収納、機能面、空間のメリハリと、こだわって作られたキッチン空間だったのですね。今回、jakedocthepoohさんには、「コンパクトでも開放的&統一感あるキッチンを作る3つのコツ」をご紹介いただきます。狭小住宅にお住まいの方、キッチンを広く見せたい方におすすめのコツになっています♪

コンパクトでも開放的&統一感あるキッチンを作る3つのコツ

その1 色を統一する

jakedocthepoohさん

「キッチン周りすべてにおいて白を選ぶことで、リビングからの色を統一し、狭さを感じさせないようにしました。(リビングをはじめ家全体、白を基調にしています)」

その2 収納を開放的に

jakedocthepoohさん

「収納棚の扉を付けずに開放的にすることで圧迫感をなくしています。 新品のキッチンが苦手なので、別素材の収納を入れることで使い古したような風合いを出しています。」

その3 狭いながらもデザイン性をあきらめない

jakedocthepoohさん

「スペースが狭いですが、ディスプレイ棚も設けておしゃれを楽しめるようにしました。実用的にもしたいのでかわいいお客様用のマグカップやパッケージのかわいい紅茶などを置くようにしています。」

最後にキッチンをもっと素敵にするためのアドバイスをいただきました

jakedocthepoohさん

「キッチンは毎日使う場所なのでデザインも機能性も気持ちよく使えるよう、試行錯誤を繰り返し、アップデートしていくのが楽しいと思います。」

まとめ: アイディア豊富に手をかければ、理想をカタチにできる

コンパクトなキッチンということで、色使いや家具の形等を工夫し広く開放的に見える工夫をされていたjakedocthepoohさん。それだけでなく、DIY棚で機能面をプラスし、デザイン性も追加!理想のイメージを強く持ち、見事にカタチにされていましたね。皆さんも、○○だから…とあきらめず、アイディアを駆使し、手をかけて理想の空間を手に入れていきませんか?


jakedocthepoohさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ