100均アイテムで作るこだわりメイクボックス&スペース

100均アイテムで作るこだわりメイクボックス&スペース

みなさんは、自分に合ったメイクボックスやスペースを持っていますか?持っているコスメが収納しきれない、サイズが置く場所に合わない、などぴったりのものが見つからないときは、自分で作っちゃいましょう。ここでは、RoomClipユーザーさんが100均アイテムを使って作ったメイクボックス&スペースをご紹介します。

たっぷり収納ボックス型

100均にはいろいろなサイズの木箱やアクリルケースなどがあります。置きたい場所に合うサイズや、収納したいコスメのサイズに合わせて選べば、自分にぴったりのメイクボックスを作ることができます。

同サイズの木箱で

こちらは同サイズの木箱を複数重ねて、必要な高さを作り出したメイクボックスです。ふたの内側には100均の鏡を貼ってあるそうです。これなら、高さのあるコスメもばっちり収納できます。

別サイズの木箱とフォトフレームで

引き出し部分が、ひとまわり小さいサイズの木箱で作られたこちらのメイクボックスは、木箱を重ねることで、背の高いコスメも収納できるようになっています。ふたがフォトフレームで作られているので、中が見えるのも良いですね。中の仕切りにも100均アイテムを使用されています。

上の段には小物たち。引き出しには背の高いものやブラシなどを。 で、セリアのミラーが引き出しにちょうど収まるので、今まで出しっぱだったミラーもしまえてスッキリしました(*^^*) しかし、ブライワックス優秀だわ❤︎
Atsuko

同サイズの木箱と端材で引き出し式に

ユーザーさんはこちらのメイクボックスを、端材を木箱のサイズに合わせて作り上げたそうです。ふたにしている木箱の裏には鏡が貼られています。木箱どうしの間に隙間があるのも、コスメやメイク道具がひっかからなくて良いですね。

持ち運びらくらく簡易型

しっかりした作りでたっぷり収納できるメイクボックスも良いですが、メイクする場所が一定でない場合は、持ち運びしやすい軽いものや、取っ手がついたボックスが便利です。RoomClipユーザーさんがどのようなアイデアで作られているか見てみましょう。

移動可の鏡&ボックス

こちらは木箱を2つ組み合わせて、取っ手をつけた簡易のメイクボックスと、観音開きの扉をつけた鏡です。鏡はひっかけているだけなので、いらないときは別の場所に片付けることができます。

我が家は狭いのでメイクするスペースが無く、洗面所です、まぁ、手がすぐ洗えたりするので便利なこともあるのですが、冬は寒いので出来ればリビングで・・・・・ということでリビング学習スペースにメイクスペース作ってみました*.(๓´͈ ˘ `͈๓).*この前作った取っ手付きの箱はメイク道具を入れてみました♡
Masami

かごを使って

ユーザーさんはメイク道具やコスメを、まとめて100均のかごに収納されています。アイシャドウやチークなどパレット系のコスメはケースから取り出し、裏に100均のマグネットシールを貼って、鏡の裏に貼って収納されているそうです。

プラスチックケースを使って

こちらは100均のプラスチックの入れものを使ったメイク収納です。持ちやすそうな持ち手がついて、メイク道具の移動もらくらくです。こちらのユーザーさんは、元はピンクの入れものをペイントして、自分好みの収納にされています。

名刺ケースを使って

名刺ケースを利用した、持ち運ぶ用のメイク収納です。パレットの中身だけを取り出し、裏にマグネットシールを貼ってあるのでしょうか。その日使っているカラーに合わせて中身が替えられるので、持つケースが1つですむのが良いですね。

見た目重視のビジュアル型

コスメはパッケージが可愛いものがたくさんありますよね。コスメの収納は、そのパッケージを活かした見せる収納もおすすめなんです。ここではRoomClipユーザーさんたちのこだわりのつまった、素敵な見せる収納を見てみましょう。

ワイヤーネットとプラスチックケースで

プリンセスな雰囲気のメイクスペースですね。こちらは100均のプラスチックケースを、結束バンドでワイヤーネットに取り付けてあるそうです。ワイヤーネットを利用すると、デッドスペースになりがちな壁面を活用できるのが良いですね。

トレイと木箱で

こちらのユーザーさんは、100均のトレイに鏡を貼りつけてデコレーションし、ペイントした木箱を合わせてメイクスペースを作られています。もともとアイアンが木箱の内部についているものを使うのがポイントだそうで、このアイアンと木箱の間にトレイを差し込むことで、鏡の角度が変えられるようになっています。

100均リメイクでメイク用のミラーを作りました♡ ダイソーのトレイにダイソーのミラーを分解したものを貼り付けて、 流木とオリジナルステッカーでリメイク。 同じくダイソーのウッドボックス(もともとアイアンが箱にくっついてるもの)をスクラップウッド風にペイント。 ダイソーのフェイクグリーンも入れてみたよ。 角度も変えられるし、ボックスにメイクグッズ入れられるし、 我ながらいいアイディア〜♡ これでリビングでメイクできる(*´˘`*)
naaaaaaaaaachan

アクセサリーも一緒に

メイクと同時に、アクセサリー類も選べるように収納されているこちらのメイクスペースは、使い勝手が良さそうです。。コスメは1段下に、ボックスにまとめて収納されています。これなら、このスペースだけでお出かけ準備が完結できそうです。


100均アイテムを使ったメイクボックス&スペースのリメイクをご紹介しましたが、どれもRoomClipユーザーさんのこだわりを感じられる、素敵なアイデアでしたね。すぐにまねできそうなアイデアがたくさんあるので、ぜひ参考になさってください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「100均 メイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ