「爽やかな白×あたたかい光に包まれたアンティークカフェ空間」憧れのキッチン vol.80 ru_chanさん

「爽やかな白×あたたかい光に包まれたアンティークカフェ空間」憧れのキッチン vol.80 ru_chanさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、アンティーク調のナチュラルインテリアで人気を集めるru_chanさんのキッチンをご紹介します。

古いものが大好き。 少しずつアンティークなものを取り入れて、お気に入りなものに囲まれて暮らしたい。 夫婦そろって家にいるのが好きなので、お気に入りが詰まったくつろげる空間を作る為に日々勉強中‼

cafe風な空間を目指して

明るさと温もりのバランスが心地良いru_chanさんのキッチン。目が覚めるような白さの中から感じるのは、タイルや木の質感の優しさ。カントリーカフェのようなその居心地の良さは想像するだけで癒されます。まずは、キッチン全体のこだわりについてお聞きしました。

ru_chanさん

「白をベースに清潔感があり、掃除がしやすいように心がけています。 リビング、ダイニングからも見えるので見た目も可愛いくcafe風な空間を目指してます。 使い勝手の良さと見た目のちょうどよいバランス。納得のいくキッチンになりました。」

暮らしの中心に位置するキッチン

キッチンカウンターからの眺めと家事動線が特徴的なru_chanさんのキッチン。カウンターからすぐ横の取り出しやすい位置にはパントリー。目の前には家族との距離も近い、広々としたLD。横の扉を開けると、水回りがまとまって位置します。どこに目を配ってもキッチンが中心になる間取り。キッチンが主婦にとっていかに大切で重要な場所なのかを感じますね。次に、ru_chanさんのキッチンの特徴について、3つのキーワードでさらに掘り下げてみていきましょう。

キーワード1 明るい光が入る大きな2つの窓

ru_chanさん

「キッチンを作るときに絶対に譲れなかったのは、大きな窓を2つつけることでした。 中から見える景色にもこだわり、キッチンやパントリーの位置も決めました。 キッチンに立っている時間が長いので、日中は明るく日差しが入り心地のよい空間になりました。」

キーワード2 見えるけど見えにくい絶妙な加減のカウンター

ru_chanさん

「作業をしながらでも会話できたり様子が見れるようにしたくてセミオープンなキッチンにしました。 急な来客などがあった時などにも困らないように、手元が見えにくいように高めにカウンターをしたり、コンロ前も窓をつけて様子は見れるけど程よい仕切りになりました。 気にせず作業もできるし、アイアンで造作してもらった窓は見た目も可愛く気に入ってます。」

キーワード3 白をベースにスッキリした空間

ru_chanさん

「ごちゃごちゃしないように、ベースを白にしてコーディネートしやすいようにしました。 主張する家電もできるだけ白を選び白い空間に馴染ませました。 調味料などもニッチや引き出しにしまったり、コンロ周りも何も置かずスッキリ掃除しやすいです。 タイル張りのキッチンが理想できたが掃除の不安だったので光沢のないマットなキッチンパネルにしました。漆喰とも上手くなじんで掃除もしやすいのでよかったです。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

ru_chanさん

「どんなキッチンにしたいかというイメージ作りをしっかりすることが大事だと思います。 毎日の中で長くいるキッチン。 自分の好きなものを少しずつプラスしていけば、長く居ても苦にならない素敵な空間ができるのではないでしょうか。」

まとめ: どう過ごしたいかを想像してみる

ru_chanさんのキッチン作りから見えてきたのは、包み込む空間作りの大切さ。「沢山の光が入り、白くスッキリとした空間で、作業をしながら会話を楽しむ。」長い時間過ごすことの多いキッチン空間でru_chanさんは、そんな"空間と人を包む温かい居心地の良さ”を、実現されていました。タイルや木の質感、こだわりのアンティークパーツを絶妙なバランスで配置。過ごすほどに癒される、そんな空間ですよね。皆さんは、キッチンでどんな時間を過ごしたいですか?「楽しい」「心地いい」「時短重視!」一番の理想をカタチにしていけるといいですね。


ru_chanさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ