家族みんなの使いやすさを考えた+αを楽しむ収納 by manolaさん

家族みんなの使いやすさを考えた+αを楽しむ収納 by manolaさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、どことなくレトロでエキゾチックな、味わい深いインテリアを楽しまれているmanolaさんに、収納づくりのコツをお伺いしました。じっくりと家族が使いやすいように試行錯誤を重ねてたどり着いたmanolaさんのアイデアからは、収納術以外にも学ぶものがたくさんあります。

今回教えてくれたユーザーさん♪

パパ君(主人)とチャン(中学2年の娘)との3人暮らしです。整理整頓が苦手すぎる2人のため、日々、いろいろな収納方法を試しては観察して、また試して……。 家族皆が生活しやすい家作りをのんびり楽しんでます。

一番に考えたのは、家族みんなの使いやすさ

manolaさんのお宅は、西海岸風、エスニック、ビンテージ、モダン、あらゆるテイストの良いところをバランスよくミックスした、独特の味わい深いムードが漂う空間です。そんなムードを生み出すものの中には、manolaさん流の『見せる収納』が含まれています。規則性のある不規則とでもいうのでしょうか?manolaさんの作る見せる収納は、不思議と心地よく目を惹く魅力があります。まずは、manolaさんならではの収納への思いや考え方についてお伺いしてみましょう。

manolaさん

「収納をつくる際は、私だけじゃなく『家族も使いやすかどうか』を1番に考えるようにしています。昔は見た目ばかりにこだわりすぎて、とにかく統一感重視な収納をしていました。でも、やり過ぎると家族にとっては使いにくいんですよね。だから、片付けに積極的に参加してもらえず……結局、悪循環だけが残りました。今は、見た目も大事だけど、皆が使いやすくなければ意味がないと思うようになりました。ストレスもたまりますしね。」

なるほど、見た目ばかりでなく、家族全体が気持ちよく使えることを意識しているから、規則性と無理のない自然体が共存した、絶妙に心地よい収納が生まれたんですね。家族を思う優しさが、見せる収納に+αの魅力を与えているようにも感じます。ここからは、そんな魅力あふれるmanolaさん流の『楽しみを+αする収納』の作り方について詳しく伺っていきます。理路整然とした収納より、生活感を生かした収納に憧れる……なんて方は特に必見です。

皆が気持ちよく使える収納をつくる3つの『+α』

その1 +選ぶ楽しみ

manolaさん

「服や靴、バッグ、帽子といったファッションアイテムは、選びやすいよう丸見え収納にしています。目の前に大好きな物がバーっと並んでいる様は、眺めてるだけでも満足ですし、選ぶ楽しみも一層増します。また、見えているからこそ、常に整理整頓を意識できるのも良い点です。」

その2 +飾る楽しみ

manolaさん

「紅茶、珈琲、お茶、調味料など使用頻度が高いものは、出し入れしやすいよう、やはり丸見え収納にしているんです。お気に入りの瓶や缶に詰め替えたり、見た目がタイプなものはそのまま、飾る感覚で収納してます。ごちゃっとした収納方法なので、場所を絞って散らかって見えないよう気を付けてます。」

その3 +シンデレラフィットをつくる楽しみ

manolaさん

「日用品やストック類など、見せたくないものは小分けにして収納しています。できるだけ、もの同士が重ならず、一目瞭然で残量確認ができるように心がけるようにもしています。スペースの無駄を省きたいので、シンデレラフィットが必須です。そのため、丁度良いサイズで気に入ったアイテムがなければ、迷わずDIYします!」

オススメの収納アイテム

ITEMニトリの書棚「グレン」
PRICE9,990円

収納するものに合わせて棚板の位置が自由に変えられるし、追加棚板だけ単品で販売しているのも非常に便利です。この収納力でこの価格。追加棚板なんて399円ですから驚きです。カラーボックスのような素材でチープ感はあるけど、飽きたら気兼ねなくリメイクできるし、コスパは良いと思います。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

manolaさん

人が使いやすいから、自分も使いやすい訳ではないのです。使いやすさは人それぞれなんです。あーでもない、こーでもない……試行錯誤しながら、不便があれば取り除く。その作業を繰り返していくうちに、少しずつ違和感が削ぎ落とされて、家族全体と相性の良い収納が自然と身に付いてくる気がします。ゆっくり時間をかけて、実際にいろいろ試してみるってことが大事なんじゃないかなって思います。

魅力ある空間・収納は、独りよがりにならない優しさが生む

散らかるのは、その状態が使いやすいからでもあるのです。それを考えると、『美しい収納』『もののない部屋』を極めた形は、もしかすると最も『使いづらい』形になってしまう危険を秘めているのかもしれません。特に、家族と暮らす家では、誰か一人が満足しているだけでは、他の家族が付いてきてくれないでしょう。一人が自分のために頑張って片づけても、他の家族が付き合ってくれなくては、理想形を維持することは到底不可能です。manolaさんは、それに気づくことで、自分も家族も心地よい、無理なく自然体を楽しめる収納の形にたどり着かれています。その過程には、様々な試行錯誤もあったとmanolaさんは言います。選ぶ楽しみや飾る楽しみをプラスできる、丸見え収納は、その最たるものではないでしょうか。

もし、収納にこだわっているのに、家族が片付けに協力的でない……、整理整頓したけど使いづらいのがジレンマ……、なんてお悩みなら、一度、自分を含めた家族全体のライフスタイルを見つめなおしてみてください。本当の使いやすく快適な収納の姿は、その先に浮かび上がってくるはずです。


manolaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ