「カモフラージュで生活感をオフ!物を少なく見せるメソッド」 by yukachaaan420さん[連載:収納のコツ]

「カモフラージュで生活感をオフ!物を少なく見せるメソッド」 by yukachaaan420さん[連載:収納のコツ]

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、北欧やブルックリンスタイルの要素をバランスよくミックスした、海外ライクなインテリアが魅力的なyukachaaan420さんに収納のコツを伺いました。「物を少なく見せたい」と話すyukachaaan420さんは、生活感を隠すのがとても絶妙。さっそく、そのテクニックに迫っていきましょう。

今回教えてくれたユーザーさん♪

海外インテリアが好きで、スッキリしつつもデコレーションが楽しめるインテリアを心がけています。統一感や清潔感のあるインテリアが好みなので、日々、よく使う生活感アイテムをどこ隠そうか考えてます(笑)。 RoomClipの収納術や、見せ方、とっても勉強になります。これからも、参考にさせていただこうと思ってます!

得意なのは、スッキリ隠すこと

yukachaaan420さん宅は、開放感のある海外風のインテリアでコーディネートされており、洗練されたナチュラルな印象です。生活感があまり見えないため、家具・照明・リネン・雑貨など、こだわりのアイテムたちの存在感が引き立ち、雑誌の中のお手本インテリアのよう。いったい、生活感や日常づかいの道具類はどのように収納されているのでしょうか?洗面の隠れニッチ収納からは、yukachaaan420さんの「隠す」技に興味が膨らみます。

yukachaaan420さん

「とにかく生活感の出るものを隠したい!と考えています。 物があまりないように見せたいですね。 一方で実は、見えない場所にはあまり、こだわりがありません。 そのため、収納と言うよりも、隠すことが得意です(笑)」

なるほど、「収納されている」と言うよりも、「隠れている」というイメージでyukachaaan420さん宅を見つめなおしてみると、「もしかしてここに?」なんて探す楽しみも増えました。ここからは、yukachaaan420さん流の「物を少なく見せる、生活感を隠すメソッド」について、さらに詳しくお話を伺っていきます。見せる収納は苦手だけど、ディスプレイは楽しみたい!使いやすく生活感をオフしたい!こんな風にお考えの方は、特に必見です。

日常のごちゃつきを賢くオフする3つのコツ

その1 隠していることをカモフラージュする

yukachaaan420さん

「よく使うペンやハサミなども、できるだけ見えない場所に置くようにしています。例えば我が家では、ペン立ての前に写真立てを置いて隠しています。玄関でも、子どものおもちゃはトランクに。折り畳み傘や防水スプレーといった細々したものは、セリアのプレンティボックス小分けにして収納しています。逆に、細々してない靴や服は、あえて隠さず、見せられるものは見せて収納します。」

その2 場所によっては大胆に見せてしまう

yukachaaan420さん

「クローゼットの可動棚に、バッグや子供の服を置いてます。我が家のウォークインクローゼットは扉もなく、オープン収納になっているので、あまり散らかさないようになりました。 可動棚は壁を自由に使え、空間を最大限に利用できるので、とっても便利な収納スペースです。」

その3 隠したい場所は、ぜんぶ隠す

yukachaaan420さん

「一番生活感の出てしまう洗濯機周りは、すべて隠してます。 造作で洗濯機の上に棚、その横にIKEAのPAXを設置し、どちらも扉をつけてもらいました。大容量に収納できるので、隠したい物はすべてここに詰め込めます(笑)」

オススメの収納アイテム

ITEMモールデッドパルプボックス
PRICE1296円

隠したい収納の我が家に必須なのが、収納BOX。 こちらのアイテムは、安くて、たくさん入って、重ねられるのでとっても便利です。 我が家では、雑誌収納に活用しています。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

yukachaaan420さん

アドバイスできるほどではないですが……
①細々した物や、生活感の出る物は隠す。
②収納ボックスはなるべく統一する。
③見せる収納スペースをつくる。(※そうすることによって、決められた場所に片づける習慣ができます)
④いらない物は、潔く処分する。
このようなことに気をつけながら、私は収納を考えています。

カモフラージュを楽しんで、ナチュラルに生活感をオフしよう

パネルかと思いきや、ニッチ。オシャレなトランクのディスプレイかと思いきや、おもちゃ収納。ペン立てを写真立てで目隠し……。ただしまう・隠すではなく、インテリアの中に、絶妙に溶けこんでいるのが、yukachaaan420さん流の「隠す技」です。また、「見せられるものは見せる」ことで、視線を見せたくないものから離す効果もありそうですね。

生活感は、場所により密度が異なるものです。その密度に合わせて、インテリアに溶けこませる・あえて大胆に見せる・とことん隠す、を使い分ければ、おのずとモノがあるべき場所が見えてくるのかもしれません。yukachaaan420さんのアイデアやアドバイスを参考に、収納をもっと有意義に楽しんでみてください。


yukachaaan420さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ