「18m2。ライフスタイルが充実するナチュラルな空間づくり」 by luciさん

「18m2。ライフスタイルが充実するナチュラルな空間づくり」 by luciさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、明るく優しい雰囲気のパイン材を中心とした、ナチュラルなインテリアコーディネートが魅力的なluciさんのお部屋をご紹介します。1Kを充実した空間にする、お部屋づくりの工夫は必見です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

今年、引っ越したばかりの新米です。RoomClipさんを参考にしながら、自分らしい部屋にしたいと思っています。アート作品や映画などを鑑賞するのが好きなので、小さい部屋でもそういうものが楽しめる空間を目指しました。

お住まい

  • お住まいの地域: 神奈川県横浜市
  • お部屋の種別: 1K(キッチンと居室がドア等で仕切られている)
  • 居住面積: 18m2
  • 家賃: 4万円代
  • この家に住む人: ワタシ
  • ご職業: 額屋さん
  • 趣味: 映画鑑賞、美術鑑賞

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

luciさん

「通勤徒歩圏内なのと、大型スーパーや商店街が近いのが良かったです。また、廻り縁や床と壁の間などに使われている焦げ茶の木が、内装のアクセントになっていたこと、家具の配置がイメージしやすい、すっきりとした間取りが気に入りました。」

お部屋のこだわりを教えてください

luciさん

「統一感のあるお部屋を目指しました。もともと無印のパイン材のベッドを使っていたので、家具はパイン材で揃えています。そんなに広くはないため、ネットなどで小ぶりな家具を選びました。 木材中心なので全体的にボンヤリしないよう、小物は白や黒などのはっきりした色を使ってアクセントにしています。 最初にデロンギの鮮やかなグリーンのコーヒーメーカーに、一目惚れで購入してしまっていて……(笑)。それに合わせてグリーンの小物も多めになりました。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

luciさん

「ソファ兼収納棚にしている、IKEAのTROFAST周辺です。コーヒーを淹れたり、映画を観たり、なんとなく座ったり、寄りかかったりしています。」

パイン材中心の心地よい部屋づくり【ここがポイント!僕&私の工夫】

①圧迫感なく、広々使えるDIYテーブル

luciさん

「パイン材にこだわり、IKEAのRASTを2つ並べ、その上にネット購入の天板を乗せたものを、テーブルとして使用しています。天板サイズは指定できるので、部屋を圧迫せずに広く使える程よいサイズのテーブルになり、気に入っています。」

②プライベートタイムを充実させる、ソファ兼収納棚

luciさん

「IKEAのTROFASTを2つ置いて、ソファ兼収納棚として活用しています。頑丈な造りと収納力に惹かれました。映画鑑賞時には、座席兼プロジェクター台に変わります。アルコールなども収納でき、キッチンに行かずに飲み物を用意できるところも便利です。」

③奥行き浅めの棚で、ベッドサイドもすっきりと……

luciさん

「ベッドサイドの棚です。奥行が25cmと浅めのタイプをネットで購入しました。メイクスペースとリモコン収納などにしています。モニターを180度回転させれば、ベッドで寝ながらテレビを楽しめます。」

④インテリアに合わせて額を選んだ、展示スペース

luciさん

「展示スペースです。パイン材の額がなく、統一感を出すために優しい色あいの木地を選びました。壁掛けには、ホチキスでとめられる『壁美人』という金具を使用しています。針穴が小さいので賃貸でも使用できるので、オススメです。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMDBPOWER のプロジェクター
PRICE10000円くらい

映画が好きなので、『ホームシアターができたらいいな』と思っていたら、安価なプロジェクターがたくさん出ていたので、買ってしまいました。コンパクトで爽やかな白いボディもお気に入りです。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

luciさん

「グリーンがテーマカラーのひとつなので、観葉植物などを増やしていきたいです。フレームに額装して壁掛けにしたり、天井から吊るすアレンジにも挑戦できたらいいなと思っています。」

お話をお伺いして

アートやホームシアターを楽しめる1K、住み手のセンスが光りますね。luciさんは、居室の窓際にベッドを配置し、その手前にテレビを置ける浅型の棚を置くことで、緩やかにリビングスペースとベッドスペースを区切っています。さらに、ベッドとL字状になるように、ソファを兼ねる収納棚を置くことで、正面の壁を「アートを楽しむスペース」として一面活用されているのも特徴的です。ソファ兼収納棚は、シーンに合わせてマルチに役割を変えてくれるので、程よいサイズのテーブルと合わせれば、ライフスタイルの自由度がかなり上がりそう。パイン材中心のナチュラルな雰囲気と、好きを自由に楽しめるレイアウトが、luciさんのお部屋をより心地よく快適な空間に導いているんですね。

ワンルームや1Kでは、自分のやりたいこと・インテリアをやり切れない!こんな風にあきらめてしまっている方も、中にはいらっしゃるかもしれません。でも、自分のライフスタイルを見つめなおし、兼用できる家具を見つけることで、お部屋づくりや楽しみ方の自由度は広がっていきます。luciさんの、ライフスタイルを充実させるナチュラルインテリアを参考に、是非、自分らしく心地よいお部屋づくりに挑戦してみてください。


luciさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ