キーワードはロー&スリム!6畳の部屋を広々と見せるコツ

キーワードはロー&スリム!6畳の部屋を広々と見せるコツ

ロータイプとスリムタイプのシンプル家具は、小さな部屋を広々と見せてくれる魔法のアイテム。上手に配置すれば、窮屈だった部屋がゆとりある空間に変わります。この記事では、そんな魔法の家具を使って6畳のお部屋をゆったりと使用している実例をご紹介していきます。ぜひご注目ください。

開放感のあるリビングづくりのコツ

まずはじめは、家族が集まるリビングを快適にコーディネートしている実例からご紹介していきます。どんな家具をどんな風に配置すれば、小さな空間から圧迫感を取り除けるのか。この2つのヒントを、ユーザーさんから一緒に学んでいきましょう。

ウォールインテリアを上手に取り入れて

ポップカラーの可愛いリビング。キッズチェアや観葉植物など、さまざまな物が置かれているのに、窮屈な印象を受けませんね。これは、テーブルや椅子、TVボードをロータイプにし、収納棚を極スリムなウォールタイプにしている効果。視界が晴れやかだと、広々したお部屋に見える効果が得られます。

ハードなブラインドでシャープさをプラス

とても6畳には見えないお部屋。生活感もなく、モデルルームのように洗練されています。こちらのお部屋では、ロー&スリムで視界をクリアにするだけでなく、窓にもひと工夫。カーテンをブラインドに変えてエッジをきかせ、窓辺をシャープに。この効果で部屋全体が引き締まり、お部屋がよりすっきりと見えています。

質問なのですが、寝室は別にあるのでしょうか?
kacchi
寝室はなく、ソファーがソファーベットになっています。6畳ワンルームなのである程度の割り切りは必要になっちゃいますね。。
hiro

大型家具はぬけ感を重視

2人暮らしだというcoloriさんは、6畳のリビングに背丈のあるラックを設置しています。それでも、窮屈感がないのは、ラックをメッシュタイプとオープンタイプにして、視界の遮断を最小限に抑えているから。やむ無く大型家具を使用する場合は、このようにぬけ感のあるものをチョイスすると圧迫感を抑えられます。

ダイニングとリビングでくっきりメリハリを

ダイニングとリビングが密接したお部屋。ナチュラル雑貨で演出されたほど良い生活感が魅力的です。こちらでは、リビングの家具をロータイプにすることで、ダイニングゾーンとリビングゾーンをクッキリと分けていますね。リビングの縦空間が開けたおかげで、威圧感のないのびのびとできるお部屋に仕上がっています。

窮屈さゼロ!すっきりクールな部屋づくり

続いては、ひとり暮らし用のワンルームをクールにコーディネートしている実例をご紹介していきます。クール系のコーディネートは、お部屋を広く見せたい人にピッタリのコーデ。ひんやりとした冷たさやあっさり具合が、お部屋をさわやかにしてくれます。お部屋の圧迫感に疲れた人は、ぜひチャレンジしてください。

白×グレーで清潔感のある透明感を

透き通るような透明感が魅力的なお部屋。インテリアカラーを白×グレーで統一し、清涼感ある塩系コーディネートにしています。家具もロー&スリムをしっかり意識しているおかげで、さわやかな風が吹き抜けるゆとりある空間に。6畳ワンルームに発生しがちな閉鎖感を見事に排除しています。

6畳のワンルームで暮らしています。
tomoko

左右で強弱を分けて

ほっと安らげるような生活感があるお部屋。向かって左側に物を集中させ、右側の見通しを確保することで、お部屋にスッとした印象を与えています。何気ない工夫ですが、お部屋を広く見せるのにとても効果的な方法ですね。収納が少ないひとり暮らしさんは、このテクニックを取り入れるといいかも。

縦の空間を大胆に確保

海外のアパルトマンかと勘違いしそうになるお部屋ですね。こちらも6畳のお部屋とのことですが、8畳以上ありそうなゆったり感があります。背の低いパレットベッドを使用して、縦の空間をたっぷり確保。そしてさわやかなクールカラーでまとめたからこそ、こんなにも涼やかなお部屋を作れたのでしょう。

ごちゃつかせない!フェミニンな部屋づくり

女性らしいフェミニンコーデは、下手をするとお部屋を重い印象にしがち。そのため、特に研究をしてから実行に移した方がいいコーディネートでもあります。そこで最後は、お部屋を重くせずに、見事に女性らしさを表現したお部屋をお届け。ぜひ参考にして、愛らしいお部屋を作ってください。

北欧ナチュラルでさり気ない女性らしさを

hiyokoさんの、洗練された北欧ナチュラルスタイル。女性らしさを出しながらも、お部屋をあっさりとまとめることができています。柔らかさとすがすがしさがマッチしたコーディネートがたまりませんね。キレイなお姉さんのお部屋といった雰囲気がグッド♡

透明感のある白でバランスを

こちらのお部屋は、フェミニンなインテリアをふんだんに使ってまとめられています。天蓋のように取り付けられたレースのカーテンがとてもロマンチック♡フェミニン家具を多用すると、コッテリ感が出てしまいがちですが、こちらは白をテーマにしたことで、トゥーマッチを回避。胸焼けしない甘さを出すことに成功しています。

テーブルはどこで購入されましたか??
wmjp
モモナチュラルで購入しました♪
momo

ピンクは涼し気なカラーと合わせて

淡いピンクをアクセントに作られたメルヘンチックなお部屋。頬が緩むような愛らしさですね。こちらはピンクの甘さと膨張感を清涼感のあるグレーで中和。ほどほどに締めています。センスの光るカラーコーディネート術。とても参考になりますね。

模様替え、ほぼ終わりです。 涼しげブルーから温かみのあるピンク部屋に。 甘すぎないピンクで子供っぽくならないようにしたいです。
Marin

エレガントコーデはどっしり感の中和がカギ

ラグジュアリーでロマンチック。そんな言葉がピッタリのお部屋ですね。家具を最小限に抑え、さらに床材を出して涼やかさをプラス。この2つの工夫で、どっしりとしたエレガントインテリアを使用していても、お部屋が広く感じられます。


どのお部屋でもロータイプやスリムタイプのインテリアがしっかりと使われていましたね。この2つのインテリアを使えば、どんなコーディネートでもお部屋を大きく見せられること間違いなし!ぜひお試しください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「6畳」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ