使いやすさだけじゃない!こだわりの充電ステーション

使いやすさだけじゃない!こだわりの充電ステーション

スマートフォンやタブレットを充電するときに、充電器を毎回取り出して使うのはちょっと面倒くさい、でも出しっぱなしなのも気になる……そんな方におすすめなのが、充電ステーションです。充電する場所を決めておけば、ケーブルを隠すことができ、見た目もすっきり!どんな充電ステーションがあるのか見ていきましょう。

目から鱗!のアイディア充電ステーション

充電ステーションを作ると言っても、まずはどのように設置すればいいのか考えてしまいますね。ここでは、そんなときにぜひ参考にしてもらいたい実例をご紹介していきます。その工夫に「なるほど」と思わされるものばかりですよ。

連フックにスマホがぴったり

こちらのユーザーさんが、充電ステーションとして使われているのが連フック。フックにかけるのではなく、フックの上に置くというアイディアに驚かされますね。壁にかけてあっても安定性抜群なので、スマートフォンでレシピを見るときなどにも使えそう。使っていないときにも、見た目が可愛いのがうれしいですね。

これ、食器棚に作ったスマホの充電スペースです(❁´ω`❁) 夫婦のスマホ2台を置いておけます キッチンに居ることが多いのでここに置けると便利なんです♡ ダイソーのキーフック、ジャストサイズヽ(*´∀`)ノ
bamboo

ファイルボックスを活用

無印良品のファイルボックスと、ファイルボックス用のポケットを使って作られた充電ステーションは、すっきりとした見た目がGOOD。使わないときにも、充電用のケーブルをファイルボックスの中にしまっておけるので、すっきりがキープできますよ。

無印良品の2/1ファイルボックスにファイルボックス用のポケットをつけました。ファイルボックスにはタップが入っています!見た目もスッキリしてストレスフリーです( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
Makiko

充電ステーションをDIY

100均ショップのものを利用して、ご自身でDIYされたという充電ステーション。その出来栄えは、まるでショップのようですね!コードの先だけが出ているので、絡まったりすることなく、さっと充電をできるのも◎。ぜひ参考にしたくなるアイディアです。

スライド式の板に載せて

充電ステーションをオープン棚の一角に設けたこちらのユーザーさん。平置きにしたスマートフォンやコントローラーは、白くペイントした木箱に入れることで、正面から見たときに気にならなくなりますね。充電ステーションはスライド式になっていて引き出せるため、使い勝手も抜群ですよ。

ボックスを利用した充電ステーション

充電ステーションにはボックスを利用している方も多いです。ボックスの中にケーブルなどをしまえるのがおすすめポイント。どのようなボックスが使われているのかを見ていきましょう。

ウッドボックスの隙間を活かして

ウッドボックスは、持ち手やサイドに開いた木材の隙間から充電器のコードだけを出すことができるので、充電ステーションとして使われているのがよく見受けられます。さらにこちらの実例では、ディッシュスタンドを上に設置するというアイディアがナイス。タブレットやパソコンなど大きなものも場所を取らずに充電できます。

トレイを使ってボックスに

こちらの充電ステーションのボックスは、100均のトレイを3枚つなげて作られたものだそう!スマートフォンを置く部分も、周囲に縁があり安定性があるのがいいですね。BeforeとAfterを見比べると、ケーブルを隠すだけでどれだけ部屋がきれいに見えるかを実感できます。

蓋付きのボックスを利用

レトロ感のある市販の蓋付きボックスにひと手間加えて、充電ステーションを作ったユーザーさん。蓋を閉めてしまえば、インテリア雑貨として楽しめるボックスのデザインが素敵ですね。インテリアにマッチする充電ステーションが欲しいと思っている方に、おすすめのアイディアです。

遊び心のある充電ステーションに

最後に、遊び心を感じる充電ステーションを見ていきましょう。一見、他のものに見えるようなものや、おもちゃを使ったものなど、RoomClipユーザーさんたちの楽しい工夫は参考になりますよ。

人工芝を貼ってナチュラルに

ティッシュケースを利用して作った充電ステーションは、人工芝が貼られています。ナチュラルなインテリアによく合う見た目で、小さなフィギュアなど置いても可愛いですね。また、人工芝を敷くとスマホと台との間に隙間が開き、熱がこもりにくいというメリットもあります。

レゴのキャラクターにコードを持たせる

レゴのキャラクターの手が、充電器のコードを持つのにちょうどいいサイズだということをご存知でしたか?このように、両手に持たせておけば、充電ステーションとして活躍してくれますよ。モノトーンのインテリアと、バッドマンがぴったりで、ポップな充電ステーションとなっていますね。

フォトフレームを使って

フォトフレームを使ってDIYしたという充電ステーション。使っていないときにはお気に入りの写真を飾っておくことができるので、インテリア雑貨として楽しめますね。100均の商品だけで作ることができるのもうれしいポイント。大きめのフレームを使えば、タブレットの充電にも使えますよ。

充電時以外は、普通のフォトスタンドなので、お好みの写真を入れましょう! 差し込み口に垂直に刺さるように抜き差しします。 そうしないと、差し込み口が壊れる恐れがあります。 スマートフォン側の差し込み口が壊れると、修理がたいへん!
littlejoy

充電ステーションを設置すると、コードにつまづいたり誤って断線させたりすることが少なくなります。安全性をアップさせる意味でも、今回ご紹介してきた実例を参考にインテリアに合う充電ステーションを作ってくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「充電ステーション」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ