敷布団orベッド?迷う方必見☆それぞれの魅力を徹底研究

敷布団orベッド?迷う方必見☆それぞれの魅力を徹底研究

眠りに欠かせないアイテムと言えば、寝具です。日本人は畳に布団!という人も、ゆったりベッド派、という人も好みは人それぞれ。今回は、その敷布団とベッド、両方のおすすめポイントに注目してみました。寝具を変えてみようかな、と思っている人にはぜひ参考にしてほしい実例がいっぱいです。

敷布団のココがいい!

日本人だからぜったい敷布団!といった理由の他にも、お布団のもつ利点はたくさんあります。お掃除、間取り......etcといったさまざまな条件をキレイに解決してくれる優秀なアイテム。その敷布団の魅力を見ていきましょう。

いつでもサラリ。お掃除の味方

太陽の光を浴びて、お布団がまぶしく輝いています。敷布団の利点は、なんといっても簡単にお掃除ができること。ベランダに干して、いつもフカフカをキープできる点もポイントです。

サイズは自由自在に

敷布団だと眠りの空間のサイズを自在に変えることが可能。複数並べることで、こんなに広々と眠ることができます。家族みんな一緒に休める、あたたかい寝室のできあがりです。

息子が気管支が弱く、夜中に咳が出ると吐きやすいので、中綿まで家庭で洗える敷布団を採用し、誰の布団〜とならないように全て色柄を統一ました。
akatomo

畳んで、たちまち洗練ソファ

美しい木の床に、真っ白なソファが清潔感溢れる空間です。敷布団を畳めば、こんなにステキなソファに早変わり。軽々と移動ができ、お部屋も広々と使える、まさに一石二鳥です。

伝えたい!ベッドの魅力

一度は憧れる、ベッドでのまどろみタイム。ベッドがお部屋にあるだけで、インテリアが変わります。デザインもスタイリッシュなものから、ナチュラルなものまで、いろいろ。プライベート感が高まる心地よさは手放しがたいものです。

ベッド下は収納スペースに

ベッド下のスペースは、ありがたい収納スペースになります。ベッド下を全面に使用すれば、たっぷり大容量。中が見えないボックスを使用した見せない収納で、お部屋もスッキリ広く使えますね。

インテリアになるデザイン性

しっとりとした空気感が美しいお部屋に、シックで大人っぽいベッドが溶け込むように置かれています。華奢な作りのベッドはインテリアの一部になり、やさしい空間づくりを担っています。

持って生まれたラグジュアリー

ベッドの持つ魅力のひとつに、その上質な質感があります。こちらはライティングやベッド周りのインテリアがまるでホテルのよう。体だけでなく、心も満たしてくれる特別感が、さらに高まります。

工夫が光る眠りのスペース

敷布団でもベッドでも、それぞれの魅力や強みを活かすと、より毎日の暮らしが快適になります。ここでは、ひと工夫が効いているユーザーさんのアイデアをご紹介。真似したくなること必須です。

敷布団だからできること

お布団の強みはここ!起きたらすぐに干すことができる手軽さが魅力です。DIYで室内に物干し場を設置することで、運ぶ手間もなく、気になる湿気対策も万全です。

起きたらここに干してます。 枕やタオルケットは、これまた100均で作ったワイヤーネットカゴ(大)に、入れて棚下へ。 ワイヤーネットなので、蒸れないし、 キャスター付なので掃除するとき便利!
spring

一見ソファ、な優秀ベッド

可愛らしい壁紙に、愛らしいクッションたち。厚みのあるベッドは、日中はソファとしても活用できるシンプルな作りです。ベッド下も収納としてしっかり活用。空間を有効的に、そして美しく使うお手本になります。

応用が利くベッドの利用方法

こちらは高さを変えて、シングルベッドとしても使える優秀なベッドだそう。このようにベッド下に照明をつければ、独立したスペースとして使うことができます。お子さんも喜ぶプライベートスペースですね。

特別感のあるお布団スタイル

ブルーグレーの趣のある壁に、手作りの華やかなパネルがふたつ。琉球畳の持つ質感も手伝って、まるでモダンな旅館に来たようです。お布団をカッコよくクールにきめる、真似したいアイデアです。

寝室の壁が寂しかったので、余りの花柄壁紙でパネルを2つ作り、飾りました。
akariMAE

敷布団もベッドも、どちらもそれぞれの良さがあって、迷ってしまいますね。お部屋のスタイルやサイズと相談しながら、自分のライフスタイルに最適なアイテムを見つけてみましょう。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「敷布団 ベッド」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ