「実用性から快適に。シンプルなスッキリ収納メソッド」 by ttf___bさん

「実用性から快適に。シンプルなスッキリ収納メソッド」 by ttf___bさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、落ち着いた雰囲気のナチュラル×シンプルなインテリアが魅力的なttf___bさん宅を支える、使いやすさを重視したスッキリ収納のメソッドをご紹介します。

今回教えてくれたユーザーさん♪

私は家のインテリアをセンス良くしたいのはもちろんですが、それより実用性を大事にしています。 例えば、キッチンにも色々と可愛い物を置きたい半面、掃除しやすくっていうのが1番だと思っているので、あまり物は置かないように心がけています。なかなか、両方叶えるのは難しいのかもしれないですね……?

適材適所で、見るも使うも気持ち良く

ttf___bさん宅は、白と落ち着いたトーンの木やファブリックのブラウンをメインにスタイリングされた、シンプル×ナチュラルな大人の空間です。生活感がスッキリとオフされていて、スタイリングのセンスの良さが際立っているような印象を受けます。気になる収納の中を拝見させていただくと、そこもきちんと整頓されていて隙がありません。どのようなことを意識すれば、こんな風に人目につかない場所まで隙なく、美しく整えることができるのでしょうか?まずは、ttf___bさんが収納の際に気を付けていることや、工夫していることからお伺いしてみたいと思います。

ttf___bさん

「引き出しを開けた時に見やすいことを意識しています。また、キッチンの引き出しのような、汚れやすい物を収納する場所には、高価なケースは使わなくてもいいかな……と思っています。 テプラなどでラベルを付け、パッと見で中身が分かる工夫もしています。」

収納の中が整っていると、使おうと開けたときの気分が違います。また、収納の中が見やすいと、それだけ目的の物も見つけやすいので、使い勝手も抜群になりそうです。収納の中に使うツールの適材適所やラベルを付けて中身を明確にする工夫は、すぐにでも真似したいアイデアですね。ここからは、ttf___bさん流の使いやすさを重視した快適な収納をつくる、意外と簡単な3つのコツにフォーカスしていきます。収納を見直したいけど、何をどう変えたらいいかわからない!しまったものの使いづらくて、すぐ収納リバウンド……なんて方も必見です。さっそく見ていきましょう。

スッキリと快適に潔く日用品を片づける3つのコツ

その1 スッキリと。吊るせる物は吊るす

ttf___bさん

「掃除に使うスプレーやハタキなど、吊るせそうな物は全て吊るしています。こうすることで、空間も有効に使えますし、置く収納よりも取り出しやすく、また見た目にもスッキリさせることができます。」

その2 潔く。紙袋は定期的に捨てる

ttf___bさん

「紙袋はどんどん増えていくので、定期的に捨てます。『使うかも?』と思っていても、結局ほとんど使わないことに最近気がつきました。捨てるとスッキリして気分も軽くなります♪ 私の場合、ほとんどなくても良いかもしれないです。」

その3 ノーストレス。引き出しに滑り止めを敷く

ttf___bさん

「引き出しを開ける時、中の物が動くのがストレスでした。滑り止めシートを敷いたところ、ほとんど動かなくなりました。 見た目や使いやすさも大切ですが、ストレスを感じない工夫も大切です。」

オススメの収納アイテム

ITEM無印良品のアクリルケース
PRICE2,490円

立てて見せる収納にもできるし、写真のようにチェストの中に寝かせて入れれば、隠す収納にもなります。しかも、透明なので中に入っているものがわかりやすく、スッキリした感じに見えるので、とってもお気に入りです。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

ttf___bさん

「私も収納は本当に苦手なので、偉そうなことは言えないですが、とにかく分けて収納することは大事かなーって思っています。 それから、分け方は『自分の分かりやすいように』が1番だと思います。」

まずは使いやすさから見直してみよう

ttf___bさんは、なによりもまず「使いやすさ」を優先させて収納を計画されていました。特に毎日使う物の収納は、使い勝手が悪ければ本末転倒……ストレスが増し、気が付けばあったはずの定位置を見失っていることだってあるのではないでしょうか?そして、ttf___bさんが今回教えてくれた『使いやすさを1番に考えた収納のコツ』はどれもシンプルですぐにでも実践できそうなアイデアばかりです。吊るす発想、『いつか使うかも?』が生む無駄を取り払う潔さ、そしてちょっとしたイライラを解消しておくことの大切さ、どんな家庭にも、カタチは違えど共通して活かすことができそう。

収納の中までインテリアの延長のような、素敵な空間づくりをしたいという理想を抱く方は多いかもしれません。でもいきなり普段をそこに持っていくのは難しいものです。まずは、ttf___bさんのアイデアやアドバイスを参考に、使いやすい環境を整える工夫から始めてみませんか?その先にこそ、本当に自分にとってベストな「素敵な収納」が待っているのだと思います。


ttf___bさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ