ダイソーのカラーボードが使える!驚きの活用アイデア

ダイソーのカラーボードが使える!驚きの活用アイデア

ダイソーで販売しているカラーボード。聞いたことはあるけれど、まだ使ったことのない方もいるのでは。材質は一般用ポリスチレンで、軽量でカットしやすく、ハンドメイド初心者の方も扱いやすいのが魅力。そんなカラーボードを活用して、お部屋をより魅力的にしているRoomClipユーザーさんの実例をご紹介していきます。

プチDIYでお気に入りインテリアを

ちょっとしたハンドメイドに最適なカラーボード。ダイソーの100円商品ですから、安く手に入れられるので、手軽に試してみやすいですね。まずは簡単な方法で、とてもステキなインテリアを作られている実例からご覧ください。

種類豊富なダイソーカラーボード

ダイソーのカラーボードは、カラーもサイズも数種類あります。木目調など紙貼りのものもありますよ。厚みも2mm、5mm、10mmとあるので、用途に合わせて選べます。こちらのユーザーさんは木目調の5mmと、ブラックの10mmを購入されています。

壁紙を貼る

こちらは玄関の下駄箱の上。ユーザーさんはカラーボードに壁紙を貼って、四隅を画鋲で留めることで取り付けています。賃貸の場合は原状回復しなければならないので、壁紙の貼り換えは難しいですが、この方法なら大丈夫。ディスプレイされた小物の引き立つ、ステキな玄関になりました。

何枚か繋ぎ合わせて、そこに壁紙を✨四隅を画ビョウで留めてるだけなので、外せば元通り(*''ω''*) この要領で今度は板壁風をやってみたいです(*´艸`) 百均様々です☆
fireking

オリジナルパネル作成

カラーボードに好きなシートや布を貼るだけで、お部屋に合うパネルになって、ウォールデコできます。こちらはダイソーのカラーボードに、セリアの板壁シート貼られています。文字はバスロールのステンシルをほどこされたそう。取り付けは両面テープ。軽いので釘を使わず留められるのも、カラーボードの良さですね。

階段の蹴込板アレンジに

こちらでは階段の蹴込板部分に、カラーボードにセリアのリメイクシートを貼ったものを、両面テープとマスキングテープでくっつけています。とてもさわやかな階段に変身!ここを変えるだけで、階段のイメージが驚くほど変わりますね。変えたくなったら、すぐにはずすこともできますよ。

色んな形にカットできる

ダイソーのカラーボードはカッターナイフやハサミでカットできます。木だと自分で切るのが難しい曲線なども、比較的楽にカットできるので、好きな形のインテリアが作れる楽しさがあります。

フレームを作る

モノトーンでまとめられた、フレンチシックなインテリアのお部屋。ユーザーさんは、カラーボードでフレームを作りました。自分でカットするなら大きさも自在です。こちらではマスキングテープで貼り付けているそう。ブラックのカラーボードなら、シートを貼っても、そのままでも使えそうです。

かもい隠しに

寝室とリビングの境にあるかもい。半円の連なったようなかわいい形に、カッターでカット。マスキングテープの上に両面テープを貼って取り付けています。かもいがあったようには感じられない、ロマンティックなお部屋になっていますね。

3Dウォールステッカーを作る

大きな市販ウォールステッカーのようにも見えますが、実はユーザーさんがカラーボードで作られています。カラーボードの厚み分の凹凸ができて、陰影がきれいですね。これをすべてカットするのはすごい作業量ですが、その分吹抜けリビングのすばらしいアクセントになっています。小鳥がくわえているのはロープだそうです。

高さ3m近くの大作ですw でも原材料費は540円で済みました(≧∀≦)
RioSayo

ひと手間かけてお部屋をグレードアップ

少し手をかけて、お部屋のイメージをもっとチェンジしてみませんか。カラーボードを使ってお部屋や家具のイメージチェンジに成功している、こだわりの実例をご紹介します。

扉を作る

こちらのインダストリアルな、カッコいいシェルフ。山善のスチールラックに、カラーボードを使って目隠しの扉をつけたものです。表面はヤバネシートを貼り付けて。スチールシェルフには結束バンドで取り付けているのだそうです。カラーボードなら、軽くてサイズ調整もしやすいし、扉をしめるとスッキリです。

ボードにキリで穴あけて結束バンド通してスチールラックとつないでるよ♪♪♪ 結束バンドを少し余裕持たせるのがコツだよ~\(^o^)/
reks

突っ張り棚隠し

ユーザーさんは賃貸住まいということで、トイレには突っ張り棚を使用されていますが、突っ張り棚だけだとやはり見えたときに気になるもの。ユーザーさんはカラーボードをコの字型に両面テープで貼り、突っ張り棚を隠して解消!造り付けのような、清潔感あふれるホワイトの棚になりました。

タンクレストイレ風にする

モノトーン+ウッドの男前なトイレです。こちらはカラーボードを使って、タンクレス風にDIYされています。シックなブラックと、木目風天板で、高級感ある空間に。ブラックのカラーボードは、今は壁紙などを貼らずそのままとのこと。タンクレスにすると、ディスプレイするスペースができて、楽しみが広がりますね。


いかがでしたか?カラーボードで作られているとは思えない、クオリティの高い実例ばかりでしたね。手に入れやすく、カットしやすい素材なので、アイデアがどんどん広がりそうです。ぜひお部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ダイソー カラーボード」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ