「30m2。機能まで美しい、聡明なエフォートレスモノトーン」 by ixumiさん

「30m2。機能まで美しい、聡明なエフォートレスモノトーン」 by ixumiさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回ご紹介するのは、エフォートレスなモノトーンインテリアが魅力的な、滋賀県でひとり暮らしをされているixumiさんのお部屋です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

ひとり暮らしを、とことん満喫中です。 モノトーンをベースにしていますが、最近はスカンジナビアンインテリアも気になっています。 整理整頓がされていたり、散らかりにくかったり、そんな暮らしやすい部屋にしていきたいです。

お住まい

  • お住まいの地域: 滋賀県
  • お部屋の種別: 1K(キッチンと居室がドア等で仕切られている)
  • 居住面積: 30.3m2
  • 家賃: 59500円
  • この家に住む人: 1人
  • ご職業: 接客業
  • 趣味: アニメ、漫画、カラオケ、映画

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

ixumiさん

「一番は、各種設備の充実とウォークインクローゼットがあることです。 陽当たりが良かったことも決め手のひとつになりました。 また入居当時、新築だったことも重なり即決。そのため、実は他の物件を見てないんです。笑」

お部屋のこだわりを教えてください

ixumiさん

「異素材ミックスや季節感の違うアイテムを取り入れて、コーディネートすることが多いです。 色んな素材を使っていてもまとまって見えるように、色味を揃えるよう心がけています。 また、家具は2wayで使えるものを選び、気分で使い方を変えて楽しんでいます。 収納にもこだわっていて、ストックの買いすぎ防止と『元に戻す場所がない』自体が起きないように、引出の中まで定位置を決めているんです。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

ixumiさん

「ウォーターヒヤシンスのスツール近くですね。ごはんを食べたり、メイクをしたり、ほとんどの作業はベンチをテーブル代わりに、スツールに座りながらしています。 家にいるときのだいたいは、撮り溜めたアニメを見てるので、スツールに座っていることが一番多いです。笑」

突き詰めた『使いやすさ』と『片付けやすさ』【ここがポイント!僕&私の工夫】

①いろいろ使えるワンアイテムでミニマルに

ixumiさん

「テーブルは置いていません。 ごはんを食べるときは、ベンチをテーブルに、ラグでごろごろするときはスツールがテーブルに、ちょっと座りたいときはベンチに座ります。 1つのアイテムでも、その時々で色んな使い方ができるものです。」

②色味は揃える、オリジナルのミックスコーデ

ixumiさん

「季節感の違うアイテムを上手く取り入れて、オリジナリティを出したいと思っています。でも、まとまりは欲しいので、ディスプレイは白ベース×黒と色味を決めているんです。 ちなみに、ここでの椅子は座るための道具ではなく、バッグを置くための道具として使っています。」

③定位置指定で片づけを習慣化

ixumiさん

「収納を考えるときは、『戻す場所がない』自体が起きないようにしています。 定位置がないのは、常に使うやかんだけです。笑 すぐに片付ける癖をつけ、散らかりにくい部屋を目指しています。 また、場所がない・定位置が見つからないなんてものが出てきたら、本当に必要なものなのかよく考えるようになりました。」

④定期点検で常に使いやすくブラッシュアップ

ixumiさん

「アイテム毎にゾーン分けしています。 何を切らしているかがすぐに分かりますし、ストックの買いすぎ防止にもなりますよ。 定期的に点検をして、使ってないものの処分やゾーン分けの見直しをするようにしています。」

⑤使う場所で使う順番にスッキリと……

ixumiさん

「お風呂から出てすぐにスキンケアしたいので、ひと通りのアイテムをすべてまとめています。 使う順番に並べると、スキンケアもルーティン化できます。 部屋着をポイっと掛けられる、楽さもお気に入りです。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEM八幡化成 オムニウッティ ニュートラル LL
PRICE2376円

防災用品を入れておく用に購入しました。 いざという時、持ち出せないと意味がないので『軽くて丈夫』が絶対条件。デザインも文句なしなので、もう1個購入して水や非常食のストック用にしようと思っています。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

ixumiさん

「壁にマスキングテープで何か描きたいです。 モチーフよりは模様のイメージで、周りのインテリアと繋がっていくような感じで考えています。 トイレの壁紙を1面のみ、アクセントクロスに変えるのもやってみたいです。」

お話をお伺いして

ixumiさんは、1Kの居室部分にロースタイルのファニチャーをコーディネートして、ゆったりと余裕のある空間づくりをされているのが特徴的です。また、スタイリッシュなベンチをローテーブル代わりにも使うことで、大きめの家具をとことん最小限に抑え、圧迫感をオフしてているのもixumiさん流。メリハリのある白ベース×黒のディスプレイや雑貨と、グレーのメイン家具でつくり出すエフォートレスなモノトーンインテリアからは、聡明なixumiさんのお人柄もうかがえてきます。

そして、ixumiさんのお部屋づくりは、収納や動線計画も冴えわたっています。『使いやすく片づけやすい』をとことん突き詰めるだけでなく、定期的に見直し、無駄を省き、進化させるスマートなルーティンは、ワンルーム・1Kでの暮らしのみならず参考にしたいライフスタイルを充実させるメソッドではないでしょうか。ixumiさんの暮らしには、素敵なアイデアと工夫が詰まっています。チェックしてみてください。


ixumiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ