思い出は宝物!インテリアの中に子どもの絵を取り入れる

思い出は宝物!インテリアの中に子どもの絵を取り入れる

子どもが描いた絵や作品は、大切な思い出で宝物です。アートのように、ギャラリーのように楽しんだりと、お部屋のインテリアとしてもぴったりです。子どもの描いた絵を、どんな場所に、どのようにディスプレイするか。ユーザーさんのアイデアや工夫をご紹介します。

フレームを使ったディスプレイ

子どもの絵をフレームに入れてディスプレイ。フレームを使うと、わが子の作品が、特別なアート作品になることもあります。フレームの選び方で、中に入れるものの印象が変わることもあります。フレームを使って、お部屋の中に取り入れるアイデアや工夫をご紹介します。

フレームを使って棚へ

こちらは、子どもの絵をやさしい色あいのフレームを使ってディスプレイしています。ふたつ並べて、棚の上へ。きちんとフレームの中へおさめることで、子どもの絵もしっかりアートになりますね。子どもの絵が、インテリアのひとつにもなって、思い出も一緒に飾ることができるいい方法です。

子どもの絵をフレームに入れるとそれなりに見える!
k

シンプルなフレームとカラー台紙を使って

こちらのユーザーさんは、IKEAのシンプルな白いフレームを使ってディスプレイしています。フレームの中には、イエローやグリーンの紙の上に、子どもの絵を入れています。木のぬくもりを感じる優しい雰囲気のお部屋のインテリアにもよく合っていますね。フレームはシンプルに、色の組合せがきれいなディスプレイです。

お子たちの絵のお気に入りをIKEAの額に入れてみました♪ 寝る前のサンタの一仕事も終えたし…明日のお子たちの反応を楽しみに寝るか〜
misakokko

ハンドメイドのフレームへ

リメイクやハンドメイドしたフレームと、子どもの作品を一緒にディスプレイ。こちらは、ハンドメイドしたフレームに子どもの作品を入れています。子どものかわいい絵とフレームの雰囲気がよく合っていますね。子どもの作品にあわせて、フレームをリメイクやハンドメイドして、家族で作品を仕上げることもおすすめです。

フレームを使わない作品

子どもの作品は、フレームの中に入れることができるものだけとは限りません。アイデアしだいで、フレームを使わないディスプレイ方法も。作品の大きさや素材などによって、インテリアの中への取り入れ方も変わってきます。

ガーランドのように

こちらのユーザーさんは、子どもの作品をガーランドのようにして、飾りつけています。カラフルな子どもの作品は、季節感を感じさせてもくれるインテリアのひとつですね。ガーランドのように吊るす方法で、子どもの絵をインテリアの中へ取り入れることもおすすめですよ。

子どもの作品はガーランドのように飾っています。 三人の子どもたち、季節に合わせていろいろ作ってお持ち帰りしてくれます(^^)
hoshiko

黒板を使って

子どもに黒板に絵を描いてもらって、インテリアの中へ。黒板アートは、おしゃれなインテリアのひとつです。こちらは、かわいい絵が描かれた黒板をキッチンへ取り入れていますね。ポップなイラストが、ユーザーさんのキッチンインテリアにぴったり。黒板で子どもの絵を取り入れてみてはどうでしょうか?

アートな木版画

子どものころ、木版画、一度は作ったことがあるのではないでしょうか?こちらは、子どもが作った木版画を部屋の入り口に、ディスプレイしています。しっかりとした木版画は、思い出のアート作品です。子どもの大切な思い出を残しながら、アートとしてインテリアに取り入れることができますね。

子どもの絵を使ってギャラリーのように

子どもの絵を使って、お部屋の中にギャラリースペースを作りましょう。絵を複数組合せたり、大きな作品をお部屋のアクセントにしたり、いろいろな楽しみかたがあります。子どもの絵を使ったギャラリー空間の作り方をご紹介します。

キッズスペースへ

こちらのユーザーさんは、和室のキッズスペースへ子どもの絵を取り入れています。キッズスペースのカラフルなアイテムの中に、子どもの作品が並べられて、インテリアの中によくなじんでいます。自分の絵が飾られた空間は、子どもにとってもうれしい空間になりそうですね。

玄関のウェルカムスペースへ

こちらは、玄関に子どもの絵をディスプレイしています。お客様が来られたときにまず目に入る空間です。フレームに入れられた子どもの絵がきれいにディスプレイされていて、家族のあたたかみを感じるインテリアですね。玄関空間をギャラリー空間にすることもおすすめです。

ダイニングのアクセントに

大きな絵や作品は、存在感あるインテリアになり、お部屋のアクセントにもなります。こちらは、ダイニングスペースに、大きいフレームに入った子どもの絵をディスプレイしています。画家さんが描いたような、アートな雰囲気を感じる作品がお部屋のアクセントになっていますね。

階段はギャラリーにぴったり

こちらのユーザーさんは、階段を使ってミニギャラリーを作っています。いろいろなサイズの絵や作品がたっぷり並べられていて、ギャラリーのような空間になっていますね。フレームを使ったり、ウォールステッカーを取り入れたりと、美しくインテリアがまとめられています。


子どもの絵は、大切な思い出、宝ものです。インテリアの中に取り入れて、わが子のアートを楽しんでみることはおすすめです。子どもの絵を使って、ギャラリー空間を作って、家族で楽しむことも素敵ですね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「子どもの絵」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ