収納上手さんがお手本!美しく使いやすいクローゼット

収納上手さんがお手本!美しく使いやすいクローゼット

自分の家にあるクローゼット収納、使いこなせていますか?なんとかしたいと思いながら、そのままになっている場所も多いのではないでしょうか。見た目が美しい収納は、使い勝手もよく気持ちがいいものです。RoomClipユーザーさんたちの実例を参考にすれば、悩みを解決するヒントがきっと見つかりますよ。

子ども服の収納、こうすればスッキリ!

来年も着れるかもしれない、もう着ないけど取っておきたい……子ども服の収納は、小さくても案外スペースを取るから悩ましいものです。また、子どもの支度は何かと慌ただしいので、必要なものがすぐ手に取れるクローゼットだとうれしいですよね。こちらでは、子ども服のクローゼット収納をご紹介していきます。

衣替え不要のクローゼット

こちらは、保育園の息子さんがわかりやすいように絵でラベリングをしています。シーズンオフのお洋服はラベリングされていない下の引き出しに収納しているので、大掛かりに衣替えをする必要もありません。かさばるダウンや真冬のみ使うものはバンカーズボックスに入れることで、すっきりと収まっています。

上下のスペースを活用

上下のスペースを上手に利用した、こちらのクローゼット。吊り下げ式のフックを使うことで下にもポールを増設し、掛ける収納を増やして使いやすくしています。さらに、フックやハンガーが白で統一されていることで、余裕のあるクローゼットがより整然とした印象になっています。

子どもも片付けしやすいクローゼット

こちらのクローゼットは、子どもが片付けしやすいかどうかにも注目して収納されています。整然としていてわかりやすいので、子どもでもさっと着替えを出したり片付けたりできそうですね。ストライプの引き出しや白いバスケットなどの小物で、見た目にもテンションが上がります。

次男の部屋のクローゼット☆ 片付けが苦手な次男のクローゼットは下着やパジャマ、靴下、トレーニングウェア以外は全部掛け収納にしました!!
akane.920

グッズを活用!小物&布団収納

こまごました小物類、そしてお布団。小さすぎても大きすぎても、収納には困ってしまうものです。小物類は一度きちんと整理して居場所を決めると、一気に使い勝手がアップします。そしてお布団は、そのままではなくグッズを使ってしまいやすい形にまとめるのがポイント。どちらも、実例を見ていきましょう。

無印良品で統一

こちらのクローゼットは、モジュールを無印良品で統一することで、見た目と使い勝手のよさを実現しています。高さや幅に合わせてファイルボックスと引き出しを使い分けることで、気持ちいいほどぴったりと収まっていますね。掃除機やアイロンなどは、隠さずさっと取れる場所に配置しているのもポイントです。

モノトーン&ラベリングで分かりやすく

モノトーンは、すっきりした見た目でラベリングも見やすく、小物の収納にぴったりです。こちらのユーザーさんは、家にあるものを利用しながらもスペースにフィットした収納を完成させました。しっかりラベリングしているので、どこに何があるのか、家族にも一目瞭然です。

ここしばらく収納の見直しにハマっています( ¯∀¯ )違う用途で使っていた100均のケースや箱を利用して、なかなかぴったりサイズに収まりました( *´艸`)♪ 昔使っていた引き出しは救急箱として再利用。取っ手が黄緑色だったので黒のマステをペタリと(*^^*) 薬に、テプラやドライバー、学校の書類など何でもあります( ̄▽ ̄) 家族誰でも分かるようにテプラでラベリングをしっかりと♪
Rin.

IKEAのSKUBBを活用

かさばる布団の収納に救世主となるアイテムが、IKEAのSKUBB。この中に入れてしまえば、積み重ねてもこんなにすっきり収納することができますよ。こちらのユーザーさんのように、持ち手部分にタグを付けると何が入っているのかも分かりやすく、必要な時にさっと出すことができます。

クローゼット奥の棚にはIKEAのSKUBBを布団収納にして積んでいます❤︎ 軽い・ジッパーと持ち手付き・積み上げられる優秀商品〜✨✨
miki

美しく整った、あこがれクローゼット

スペースを上手に使いながらもゆとりがあって、見た目にも美しい。そんなクローゼットには、やっぱりあこがれてしまうものですよね。こちらでは、ため息が出るほど美しく整頓されたクローゼットの様子をご紹介します。ぜひ、収納見直しへのモチベーションを上げていきましょう!

一気に収納を見直して、美しく

まるでカタログに載っていそうなほど、理想的に整えられたこちらのクローゼット。ユーザーさんは収納の見直しをしようと決めてから、クローゼットの中身を処分&移動、収納用品も一気に購入して、ここまで仕上げたそうです。ハンガーやカバーなども同じもので統一することで、よりすっきりとして見えますね。

心躍る、ファミリークローゼット

こちらのユーザーさんは、ファミリークローゼットに家族の洋服を収納しています。吊るす収納をメインに余裕のある空間には、アートな雰囲気のミラーやドライフラワーを飾ったり、洋服やかばんの一部をディスプレイのように配置。毎日服を選ぶのも、なんだか楽しくなりそうなスペースです。

ゆとりを感じるウォークインクローゼット

たくさん物がありそうなのに、ゆとりを感じるこちらのウォークインクローゼット。積み上げられたIKEAのSKUBBには、来客用やシーズンオフのファブリック類を収納しているそうです。さらに洋服は丈や色別にまとめて、吊るす収納で管理。すっきり見せるコツが詰まったクローゼットです。

ポールを活用して使い勝手アップ

こちらのユーザーさんがこだわったのは、左部分のポールの取り付け位置。下のポールをずらして設置することで、上下が重ならずにすっきりしています。少しの工夫ですが、見た目も使い勝手も格段にアップしています。収納用品も白で統一されており、見た目も機能もすっきりした収納スペースです。


収納の見直しは簡単ではありませんが、一度やってしまえばすっきりして使い勝手も確実にアップします。特に引っ越しや大掃除などは、クローゼット収納の見直しをする絶好のチャンス。ご紹介した実例を、ぜひ参考にしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「クローゼット 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ