狭くたって大丈夫♡お部屋を広く見せるコツを教えます

狭くたって大丈夫♡お部屋を広く見せるコツを教えます

広いお部屋に住みたいけれど、なかなかそうも行かないのが現実です。では、限りあるスペースをどのように使えば、少しでも広く快適に暮らせるのでしょうか?そのヒントは、RoomClipユーザーさんたちの生活の中に隠れていそうです。その中から発見した、狭いお部屋を広く見せるコツを、お教えします。

家具を工夫する

生活する上で、家具はどうしても必要になってきます。部屋が狭いから家具は何も置かない!というわけにもいきませんよね。その時重要なポイントになるのが、家具選びではないでしょうか。まずは、家族構成やライフスタイルに合った、上手な家具選びをされているユーザーさんたちをご紹介します。

①コンパクトサイズのテーブルを選ぶ

3人家族であるkumaさんは、小さなサイズのダイニングテーブルセットを選ばれたそうです。75センチ角のシンプルな木製テーブルは、どんなインテリアにも合いそう。こたつも併用しているとのことなので、ちょっとしたお茶や食事なら、十分かもしれませんね。

②伸縮タイプのテーブルを置く

古い団地にお住いのsh1nさん。ミッドセンチュリーの家具が、すてきなヴィンテージ感をかもし出しています。ダイニングには伸縮式のテーブルが使われており、お部屋を広く使いたいなど、用途に応じて長さを変えられるのはとても便利。賢い選択です。

ダイニングのテーブルはエクステンションなので、床に暖房器具を置くこの時期は動線を確保するためテーブルを縮めて使用します。かなりコンパクトになりますが狭い部屋なので、このくらいがちょうどいいのかも。
sh1n

③ビーズクッションをソファ代わりにする

狭いリビングを広く見せたいというatkさん。背の高い家具は置かないなどの工夫をされています。ソファも圧迫感がなく移動が楽で、掃除しやすいなどの観点から、ヨギボーのビーズクッションに。色や小物選びのセンスがよく、狭く見えません。おしゃれなリビングですね。

④すっきりしたデザインの家具を選ぶ

白とグレーで統一されたハイセンスな空間。ソファとテーブルがあっても、k717oさんのリビングはとても広く感じられます。高さのない細身なデザインの家具は、セットで置いても窮屈さがありませんね。ダークカラーの細い脚がよいアクセントになっていて、清潔感あふれるインテリアです。

家具の配置などを工夫する

家具の置き方や色合いなどを工夫することも大切ですね。同じ配置で長く暮らしていると、慣れてしまい気づかないこともありそう。置き場所を少し変えるだけで、思わぬ効果に驚くかもしれません。また、キッチンに大きな家具を置いていない、というユーザーさんもいらっしゃいますよ。

⑤家具の向きを変えてみる

先ほどもご紹介したsh1nさんは、寝室もヴィンテージテイストでまとめられています。模様替えの時にベッドの向きを変えたそうですが、それだけで広く感じるとのこと。それまでとは違う床面が見えるだけでも、広がりを感じることができます。時々、意識して見直してみるのもよさそうです。

⑥床を見せる

床の露出面積を多くすることも、お部屋を広く見せる大きなポイントです。ワンルームのこちらは、まるでそのお手本のよう。家具をあえてすみに寄せることで、それが実現されています。全体の色数をおさえるのも、すっきり見せる秘訣。okachamsさんのテクニックは、参考になりますね。

⑦キッチンに大きな家具を置かない

キッチンから続くリビング。壁などの仕切りはないですが、美しく整えられています。コンパクトなラックにレンジなどが収まり、グリーンやかごなど小物の配置が絶妙です。優しい色使いで、ムダのない素晴らしいお部屋。kaさんの感性が光っています。

間取りを工夫する

最後は、間取りの工夫でお部屋を広く見せているユーザーさんたちのご紹介です。外と内をつなげたり、光をたくさん取りこむなど、できることはまだまだありそうです。間取りというと、設計段階から考えないと……と感じますが、あとからでもできそうなヒントもご紹介します。

⑧バルコニーとの一体感を出す

WestGermany1977さんのバルコニーからの眺めは、開放感がいっぱいです。お部屋のラグの模様とデッキのラインがつながり、より広さを感じます。大きなウッドデッキがなくても、ウッドタイルを使うなどお部屋の床と色や高さを合わせれば、一体感が生まれますよ。

⑨壁の一部を開放的にする

格子から光が入り、奥のお部屋も明るくなっています。収納としても使えるk717oさんのグッドアイデアは、抜けた部分を作ることで広く見せる効果もあります。間仕切りが欲しいけれど狭くなってしまうかな……という時に便利な一石二鳥のワザ、まねしたくなりますね。

3階の一部は壁ではなく、格子の棚で仕切っています。大きな壁面収納は本棚にしています。お気に入りのディスプレイにも。
k717o

⑩天井にポイントを作る

間接照明と木目のコンビネーションがきれいですね。こちらのように天井の一部を折り上げて高さを出すことで、空間にゆとりが生まれます。モビールや横長の窓など、上部に目を向けるアイテムを上手に取り入れてあります。さわやかな風を感じるhinaさんのリビングです。

わぁ~💓モービルと間接照明がいい雰囲気ですね(*^^*)影もできてて素敵❇天井も木目できれい🎶
orange
モビールはつばめの影が壁に綺麗に映る場所を探してここに吊るしてみました。
hina

どのお部屋の工夫も、見のがせないものでした。ちょっとした家具の配置のしかたや発想の転換などで、お部屋がグンと広く見えてきます。ユーザーさんたちの実例を参考に、狭くても快適なスペースを手に入れたいですね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「狭い部屋」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ