自由な発想で理想のインテリアに!カラーボックスの魅力

自由な発想で理想のインテリアに!カラーボックスの魅力

カラーボックスはさまざまな場所での収納に便利です。そのまま使うと見た目がシンプルすぎて……と思っているかたもいらっしゃるのでは?使い方を工夫したり、手を加えて自分好みのインテリアに気軽に変えることができるのがカラーボックスの魅力でもあります。真似してみたくなるユーザーさんのアイデアをご紹介します。

メインの収納として使うカラーボックス

カラーボックスは、サイズやカラーなど種類が豊富で、お部屋に合わせて選ぶことが出来ます。また、収納力もあり、低価格なので、そろえやすいのがいいですよね。まずは、カラーボックスをメインの収納として使われている実例をご紹介します。

お子さんの洋服などの収納に

壁際にニトリのカラーボックスを並べ、お子さんの洋服やおもちゃを収納されているユーザーさん。カラーボックスは、お子さんが届く高さにして、自分でお片付やお着替えをできるように工夫されているそうですよ。インボックスのカラーや素材を変えて、お部屋のイメージに合わせています。とても明るい印象です。

キッチンの収納棚として

ブラウンカラーに統一された、こちらのユーザーさんのキッチン。カラーボックスを上手に組み合わせて、収納棚にされています。形が異なっていても、高さをそろえているので、一体感があり、収納力もありそうです。収納ボックスを使うことで、見せたくないものは見えない収納ができます。

押入れにもぴったり入る

こちらのユーザーさんは、押し入れのふすまを外して、カラーボックスを並べて入れて収納スペースにされています。押入れの高さにもぴったりですね。かなりの収納量がありそうです。キャスターを付けて、取り出しやすい工夫をされています。インボックスのカラーもアンティークな風合いで見た目もいいですね。

最近のお気に入り収納です。 元々は押入れだったのですが襖を取っ払い収納棚として使用しています。 整理整頓が苦手な私ですが、 またまたカラーボックスにキャスターをつけてニトリのカラボサイズボックスを合わせ、家族のカバン収納にしました。 ニトリの収納ボックスがアンティーク感あってとても気に入ってます!
chichichi

勉強机や遊びの場所として使うカラーボックス

続いて、子ども用の家具をDIYされている例をご紹介します。子どもは成長が早く、そのたびに家具を買い替えるのは大変です。一時期しか使わないものは、カラーボックスを使ってDIYしてみませんか?シンプルな形なので、アレンジは自由自在。子どもたちも喜ぶこと間違いなしですよ。

天板を載せたら広い勉強机に

カラーボックスの上に天板をのせて、お子さんの勉強机にしているユーザーさんです。カラーボックスを横に寝かせて天板を置くだけ、という簡単なのにとっても便利なアイデアです!勉強のスペースも広く、学習道具もしまえて、一石二鳥ですね。成長とともに、イスを座布団にするなどすれば、長く使っていけそうです。

3人分の勉強机とランドセル置き場として

こちらも勉強机を3人分カラーボックスで作られているお宅です。カラーボックスの横に天板を設置し、上にはランドセルなどのカバン置きスペースがあります。ちょうどカラーボックスが仕切りになり、自分の個室スペースのようになっています。自分だけの空間ができると子どもたちもよろこびそうですね。

本物のお店のようなおままごとキッチン

こちらのユーザーさんは、カウンターや冷蔵庫など、カラーボックスを使ってDIYされています。カウンターに、おもちゃを収納しているそうで、正面からは見えないため、すっきりしていますね。本物のお店屋さんのようで、カラーボックスを使って、思いどおりのインテリアを実現されているすばらしいアイデアです。

ままごとカフェのキッキンカウンターには、おもちゃを収納しています。 リビングからはゴチャゴチャしたおもちゃが見えないので、この配置がお気に入りです
pancake-cafe

プレイテーブル兼おもちゃ収納スペース

カラーボックスを使ったプレイテーブルをDIYされたユーザーさんです。下はおもちゃの収納スペースとして使っているそうです。小さいお子さんが遊ぶのにちょうどいい高さで、移動も可能だそうです。遊び終わったら収納ボックスに片付けができるという、とっても便利なプレイテーブルです。

理想のインテリアをカラーボックスで実現する

既存の家具では、サイズが合わなかったり、お部屋のイメージに合うものがない場合は、カラーボックスをDIYして、お好みの家具に変身させてみませんか?シンプルな形だからこそアレンジができる、ユーザーさんたちの素晴らしい作品をご紹介します。

シャビーなキャビネット

こちらのユーザーさんはアンティークなブルーのキャビネットをカラーボックスを使ってDIYされたそうです。扉や引き出しをつけて、カラーや柄もお好みに仕上げています。既製品を探すと価格もそれなりにしそうですが、カラーボックスを使えばプチプラで理想の家具が作れますね。

フレンチカントリーテイストのキャビネット

ディスプレイスペースとして使われている、フレンチカントリーテイストのキャビネット。ユーザーさんがカラーボックスをDIYされたものです。元がカラーボックスだったとは思えない仕上がりです!しかも、脚以外は100均の素材を使われたそうです。工夫しだいでこんなにも好みのテイストにできるんですね。

こちらはもとはカラーボックスで、 脚以外は全て100均材料で扉やモールディングを作り、取り付けました♪ 扉の木材は、スノコとMDF材を使用しています。 撮影のために外していますが、両開き扉には、ガラス風に見立てるためプラ板を取り付けています。
Mimi-blanche2

カフェ風キッチンカウンター

カラーボックスを使って、キッチンカウンターをDIYされたユーザーさんです。周りを木材や、シートでリメイクすることで、インテリアに合ったイメージに仕上げています。キッチン側はもちろん収納として使えます。上に枠をつくることで、よりカフェのカウンターらしくなり、装飾もできるスペースになっています。


いかがでしたか?ホームセンターなどでも手に入りやすく、おてごろなカラーボックス。理想の家具に変身するすてきなアイデアがたくさんありましたね。みなさんもぜひ取り入れてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カラーボックス DIY」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ