落ち着ける空間作りのお手伝い☆棚で間仕切りをした実例10

落ち着ける空間作りのお手伝い☆棚で間仕切りをした実例10

お部屋の中でスペースを分けるため、もしくは目隠しなどをするために利用される間仕切り。今回は、そんな間仕切りに棚を利用しているRoomClipユーザーさんたちの実例をご紹介していきます。収納やディスプレイを兼ねた間仕切りは、インテリアのアクセントにもなりますよ。

目隠しにもなる背板つきの棚

最初に、背板がついているタイプの棚を、間仕切りとして使っている実例を見ていきましょう。棚を向ける方向によって、隠す収納をすることも見せる収納をすることも可能です。

カラフルなおもちゃの目隠しに

リビングから、お子さんのおもちゃが見えないようにカラーボックスを置いて間仕切りにしたというユーザーさん。おもちゃはカラフルなものが多いため、このように目につきにくくするとインテリアのシックな雰囲気が保たれるのがいいですね。また、遊ぶスペースを区切ることで、散らかりすぎるのを防ぐ効果もありそうです。

寝室とリビングをさりげなく区切る

寝室とリビングをカラーボックスで仕切っている実例です。背板がついている棚だと、このように、壁と同じ感覚でその前にテレビを置いたり、雑貨などをディスプレイしたりできるというメリットがありますよ。低めの間仕切りなので、お部屋の爽やかさと開放感はそのままに、さりげなく仕切られているのがGOOD。

寝室とリビングはニトリのカラーボックスを3つ並べて区切っています。
Miki

ソファーの背面に設置

ソファーの長さに合わせてオーダーされたという棚で、リビングとダイニングが仕切られています。ソファーだけでも間仕切りになりますが、そこにこの棚が置かれたことで、よりはっきりと空間が区切られている印象を受けますね。棚の古材風の落ち着いた色味が、こなれ感があるお部屋とマッチしていて素敵です。

キッチンカウンターのように

こちらの実例では、キッチンとダイニングの間仕切りとして、棚が設置されています。棚の中にキッチン家電を置くことができ、さらに天板が載せてあるのでキッチンカウンターとしても使うことができるなど、間仕切りとしてだけではないその利便性が◎。作り方も簡単とのことなので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

カウンターキッチンに憧れたのでDIYしたカウンター~♪ メタルラックに、板を貼るだけの簡単なおしごとでした☆
hig.

圧迫感のないオープンシェルフ

次に、オープンシェルフを間仕切りとして使用している実例をピックアップしていきましょう。オープンシェルフは、部屋の真ん中で使っても圧迫感なくゾーイングしてくれるのがポイントです。

両サイドから物を手に取れる

リビングと小上がりの間にオープンラックが置かれている実例です。リビングの方から見ると2段の棚として、小上がりの方から見ると1段の棚として使えるようになっています。このようにどちらからでも使えるのが、オープンラックのいいところですね。すっきりと片付いたお部屋に、軽やかさのある棚はぴったりです。

棚に変化をつけてゆるく目隠し

オープンシェルフの視界に入りやすい位置にバスケットを取り入れることで、ベッド周りがゆるく目隠しされているこちらのお部屋。反対に視界に入りにくい一番下の部分には何も置かれていないため床が見え、それにより広々とした印象になっています。雑貨の取り入れ方も含めた空間作りのセンス、ぜひ参考にしたいですね。

アクセントとなるディスプレイ

ベッドとソファーの間に、オープンシェルフを設置したユーザーさん。スタイリッシュなシェルフに、余白を十分に取りつつディスプレイされた雑貨が映えていますね。シェルフが一番高い家具ということもあり、シンプルナチュラルなお部屋の中、目を引くアクセントとなっています。

お部屋素敵ですね!この部屋で何畳くらいなんですか?
roooolpan
部屋はワンルームでキッチン部分まで入れて15畳です!
ann

大きめのシェルフで部屋を分ける

最後に、大きめのシェルフでお部屋を仕切っているRoomClipユーザーさんたちの実例をご紹介します。存在感のあるシェルフを使うことで、それぞれの空間がよりしっかりと際立ちますよ。

大きな本棚を使って

キッズルームの間仕切りとして使われているのは、ユーザーさんご夫婦がDIYされた大きめの本棚です。勉強スペースと、読書スペースの間に置かれているそうですよ。本棚は、両面とも本を収納できるようになっているとのことで、それぞれのスペースにあった本を置けるのが便利ですね。

オープンラックを並べて

オープンラックを3つ並べて、しっかりと空間を分ける間仕切りとしている実例です。洗練された男前な部屋に、落ち着いた色味のラックがマッチしていますね。こちらの実例のように、ラックの下の方に大きめのものを、上の方に小さめの雑貨などを置くというのは、軽やかさを出したいときにはマストのテクニックですよ。

キャビネットを利用

味のある雰囲気が魅力のキャビネットを間仕切りとして使っているこちらのお部屋。古民家と北欧のヴィンテージ家具という組み合わせが、おもむきのある空間を作っています。オープンになっているキャビネットの一部から見えるインテリアも含め、絵になりますね。


間仕切りに棚を使うとき、安全のためにもベッドのそばに高さがある棚や重さがある棚を置くことはできるだけ避けるようにしましょう。ぜひ、棚を上手に使って部屋の間取りを自分らしく変えてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「間仕切り 棚」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ