「好きなものや四季を心穏やかに家族で楽しむ、和モダンの家」 by aymさん

「好きなものや四季を心穏やかに家族で楽しむ、和モダンの家」 by aymさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、クラシックとモダンが溶け合い、心地よい温もりを漂わせた住まいづくりをされているaymさんと、そのお宅をご紹介します。精神性の部分で通じる、和と北欧のテイストミックスも絶妙です。

今回ご紹介するのはこの方です!

家づくりでは、大きな窓から四季を感じる家、スペースを大きくとった子どもと楽しく過ごせる家、家事動線を考え大人がゆったり寛げる家、であることを心掛けました。着工前に長女、竣工の1年半後に次女が生まれましたが、考えていたものに近い暮らしができています。

和と北欧で紡ぐ、大切な時を包むモダン

凛とした佇まいと温もりの両立

愛知県にご家族で暮らすaymさんのお宅は、2階建ての6LDKです。ご主人のご実家を建替えられたというお宅の中には、かつての住まいから引き継いだ伝統的な和の趣が、モダンなディティールで一層洗練された、美しくも温もりあふれる空間が広がっています。住まいのほぼ中心に位置するこちらは、家族が団らんするダイニング&キッチン。全体的に明るく落ち着きのあるトーンでまとめつつ、カタチや柄でさりげなく変化をつけたインテリアは、凛とシンプルでありながらも目と心を惹き付けます。

ダイニングを正面に見るオープンスタイルのキッチンもまた、無駄のない凛とした佇まいでインテリアを盛り上げていました。カウンター部分は20cm立ち上げ、シンクやコンロ周りが、外側からは見えないようにしているのだそう。違和感なく手元が隠れることで、見通しのよさと生活感のオフを両立されています。また、取っ手のないノイズレスな収納と、厳選された見せる収納・ディスプレイのメリハリも素敵です。

季節を感じながら、ゆったり伸び伸びと……

ダイニングの横は、大きな窓を背にしたゆったりリビングです。この窓の向こうには、建替え時に残した和風の庭があります。庭に広がる日本ならではの四季の風景は、家族のリラックスタイムをきっと美しく、そして穏やかに彩ります。

そんな眺めのよいリビングインテリアの顔は、『北欧ヴィンテージのライティングビューロー』だとaymさんは語ります。時を経てきた風格が、その存在感でインテリアを引き締めているのが印象的です。

自然素材を活かし、職人の手仕事や長く使い続けることに価値を見出す点で、日本人の心と北欧の人々の心は古くから通じるものがあります。だからこそ、北欧ヴィンテージ家具の多くは、和の趣とも相性がよく、合わさることでクラシカルでありモダンでもある、文化や時を越えた絶妙なミックステイストを表現してくれます。

調和が美しい、心で通じるミックステイスト

aymさんは、受け継いだ和に、北欧デザインや素材を生かしたものを組み合わせながら、『好きなものに触れられる暮らし』を楽しまれています。和室の床の間をとらえた、こちらの一枚の写真には、そんなaymさんの心が詰まっているよう。ひとつひとつのものは、それぞれにまったく異なる文化や背景、物語をもっています。でも、どこか心が通じていて、不思議としっくりまとまっているように感じませんか?その心地よいまとまり感、調和している様こそ、aymさんの住まいづくりの魅力の源なのかもしれません。

こちらは、ダイニングと和室の間にある壁に飾られた、丸い鏡です。アイテム単体であれば、和とも洋ともとれるひと品。aymさん宅にあると、日本の寺院などに見られる円窓が思い浮かびます。寺院の円窓が、美しい日本の四季を切り取り人々の心を癒すように、この鏡もご家族の和やかな団らんを映し、そっと暮らしを飾っている……そんな風に感じるのです。

好きなテイストをミックスして、自分らしく住まいや暮らしをつくり上げていくことは、インテリアの醍醐味と言えます。ぜひ、aymさんの住まいづくりを参考に、大好きな家族の息づかいを感じながら、好きなものに触れられる毎日を手に入れてみてください。

aymさん邸の間取り図

aymさん宅は、より快適な暮らしを意識して、スムーズな家事動線に配慮された2階建て6LDKです。1階のランドリールーム兼キッズスペースとファミリークローゼットの関係や、2階の各部屋の間につくられたセカンドリビングの在り方からは、育児と家事をスマートに両立できる暮らしが垣間見えます。インテリアだけでなく、考え抜かれた有意義な間取りもチェックしてみてください。

aymさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

aymさん

夫の実家を建て替える際、和風の庭を残すことと、仏間や床の間のある和室を設けることになりました。その趣を活かすようにインテリアは、和モダン×ほっこりし過ぎない北欧のミックステイストをテーマにしています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

aymさん

ネットショップのscopeさんです。北欧ブランドの取り扱いが多いだけでなく、別注や復刻もしていて、ものを捨てない暮らしをコンセプトに使い方やメンテナンスなども提案しているのがお気に入り。お陰で、ただ安いだけのものを買わなくなり、ライフスタイルを変化させるキッカケをくれたショップです。 また、実用的なところでは、山崎実業のTOWERシリーズや無印良品、IKEAをよく利用しています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

aymさん

chikuniの丸台座照明。壁やお気に入りのものを照らすのに活躍中です。照射角度を自由自在に変えられるので、いろんな表情を楽しませてくれます。デザインも、無垢の木と裸電球の組み合わせとシンプルなのに、無骨さがなく、我が家のインテリアとも好相性です。間接照明にとどまらない、優秀なひと品だと思います。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

aymさん

経年変化が美しいもの(ヴィンテージや手仕事のもの)に惹かれるようになり、ガラスや陶磁器の器や自然素材のカゴ、リネンのカーテンやテーブルナプキンなどで家や暮らしに表情をつけたいと思って、少しずつ揃えています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

aymさん

家の設計当初は、1人目の子が生まれる前だったので、モデルハウスやショールームをたくさん回ったり、時間の許す限り打ち合わせをしたり、なんてことはできませんでした。そんな時、RoomClipからたくさんのエッセンスをもらって建てた家です。まだまだ家族に合わせて変わっていく段階ですが、私の記録が誰かの役に立ったり、家が家族に馴染んでもっとよくなっていくことのキッカケになったりしたら嬉しいです。

aymさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


aymさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ