気持ちも余裕が生まれる♪寝る前にしたい夜家事のススメ

気持ちも余裕が生まれる♪寝る前にしたい夜家事のススメ

掃除や洗濯、毎日やらなければいけない家事。特に朝はバタバタして、気持ちにも余裕がないなんてことも。そこで今回は夜家事を行っているユーザーさんをご紹介します。寝る前にお家をキレイにリセットしたり、洗濯を済ませたり。時間に余裕がある夜のうちに家事を済ませておくと、翌朝を気持ちよく迎えることができます。

キレイな状態にリセットして朝を気持ちよく迎える

一日のおわりは眠りにつく前にもうひと頑張り。リビングやキッチンを何もないキレイな状態に片付けて、リセットすれば、翌朝起きたときも気持ちよく過ごすことができ、また一日がんばろうとやる気が出てきます。

寝る前に家族皆でお片付け

mayoさんのお家では寝る前に散らかったおもちゃを家族全員で片付けるように決めています。お母さん一人がやるのではなく、皆でやることで、片付けも早く終わりますし、お子さんのお片付け習慣をつけるためにもいいことですね。キレイになった状態でスッキリとして眠りにつきたいものです。

息子に合わせてそろそろ就寝準備なので、とっ散らかったおもちゃは家族皆でお片付けしてます😊💡 必ず1日の終わりに綺麗にして朝を迎えられるようにしたいのと、息子に出した物は片付ける習慣を付けて欲しいので、全員でリセット作業は我が家のお決まりです
mayo

使ったら元の場所に戻すを習慣に

何もない状態にリセットされたダイニングテーブル。kinaさんは夜にお部屋をリセットするようになって、散らかる原因が出しっぱなしだということに気が付きました。リセットを繰り返すことで、使ったら元の場所にしまうという解決策を身に着けることができたそうです。

すごく当たり前な事だけど、「使ったら、元の場所にしまう」これがちゃんとできれば、部屋は散らからないんですよね。。 子供のお手本になれるように、私自身 気をつけていきたいところです ^ - ^ お部屋リセットを繰り返すことによって、我が家の散らかるポイントが知れたのは 良かったなぁと思います (*^^*)
kina

一日のおわりに清潔なシンクに戻す

makochi.mさんは一日のおわりにはいつもシンク周りをキレイな状態にするように心がけているそうです。水滴一つ残っておらず、蛇口もピカピカに磨き上げられています。毎日同じ状態を保つことで、汚れがたまることなく、清潔を保つことができます。

余裕のある夜に家事を済ませておけば朝慌てない

家族皆が出かける朝はバタバタしがちです。作り置きをしたり、パンを取り出しやすい場所にセットしておくなどの朝ごはんの支度や、時間のかかる洗濯は夜のうちに洗って干しておくなど、余裕のある夜に家事を済ませておけば、慌てることなくスムーズに出かける準備ができます。

夜の準備で心豊かに朝ごはんを

mimiedenさんはブレッドケースの中に朝食のパンをセット、作り置きおかずを準備することで翌朝の食事の支度をぐっと楽にしています。余裕がある夜に準備しておくことで、慌てることなく気持ちも穏やかに朝ごはんを楽しむことができますよ。

夜洗濯で効率的な家事動線

keh_xxxさんは夜に洗濯をされています。洗濯がおわったらそのまま脱衣所で干すという効率的な家事動線です。さらに小物類は寝室に干して乾燥対策をしているそうで、まさに一石二鳥ですね。

静かな灯りの中で洗濯物を整理する

mimimoさんはお子さんが寝た後に洗濯物をたたんでいます。誰にも邪魔されることなく黙々と洗濯物をたたむことができますね。朝もあの洋服どこにあったけ?と慌てずにすみます。

便利アイテムを上手に活用して

時間を有効活用するためにも便利アイテムを利用してみるのもいいですね。夜のうちにロボット掃除機をかけておいたり、お風呂の残り湯を使って、強力な洗剤でつけ置きするなどユーザーさんは上手に使いこなしています。

除湿機と移動できる物干し竿をフル活用する

kanさんは夜洗濯した後除湿機をかけて干しています。気になる部屋干しの匂いもこれでスッキリ解決、朝までには乾いてそのまま収納できるそうです。軽くて移動もできる物干し竿は掃除の時も楽で大活躍だそうです。

疲れている夜はなるべくお皿洗いは楽に!

yukikoさんは、自動で洗剤がでるソープディスペンサーを使い、生ゴミもその都度排水口の網でキャッチして片付け、折りたたみ式水切りマットを使うことで水切りかごを洗う手間も省いています。便利なアイテムを使うことで、徹底的に台所仕事を効率的に行っています。

夜のうちにロボット掃除機をかけておく

p-p-maruさんは寝る前にロボット掃除機を作動させています。夜のうちに掃除機をかけておいてもらうことで、食べこぼしやホコリなどその日の汚れがなくなり、朝にはスッキリした気持ちで活動できます。そのために物を置かない暮らしにしているのもポイントです。

残り湯をオキシ漬けに使う

mokaさんは残り湯にオキシクリーンを溶かし、洗面器からブラシとつけ置きにしています。高い温度で威力を発揮するというオキシクリーンには残り湯を使うことで節約につながります。こする手間なく、朝にはピカピカスッキリです。


寝る前に片付けをしておくと忙しかった気持ちもリセットされ、一日頑張った自分やモノを大切にする心も生まれます。夜家事は気持ちも時間も余裕が生まれるのでおすすめです。楽しみながら時間を有効活用してみてくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「夜 家事」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク