「家族みんなが扱いやすい工夫が詰まったシンプル収納」 by harumamaさん

「家族みんなが扱いやすい工夫が詰まったシンプル収納」 by harumamaさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、北欧風のアクセントを楽しむシンプルなインテリアづくりをされているharumamaさんに、収納のコツをお伺いしました。子育て中でもすっきりと、建売でも私らしく楽しみたい……そんな思いから生まれた、等身大の工夫はどれもさっそく真似したくなるものばかりです。

今回教えてくれたユーザーさん♪

幼稚園児、小学生の子どもが2人います。2014年に戸建てを購入。『建売でも、自分好みに素敵に暮らしたい!』そんな思いを胸に、ライフスタイルや子供の成長に合わせて模様替えや収納を楽しんでいます。

模索するのは、すっきり&ざっくり家族に合った収納

harumamaさん宅の収納は、戸棚の中もスペースに合った収納道具を使って、すっきりと整理整頓が行き届いています。収納道具も、ただスペースにフィットさせているだけではなく、しまうもののサイズや用途に合わせて種類を変えているのが印象的。使いやすさに、とことんこだわっているようにお見受けします。harumamaさんにはまず、収納づくりにおいて大切にされていることや意識していることからお伺いしてみましょう。

harumamaさん

「まずは、自分や家族にとって分かりやすく使いやすいということを大切にしています。例えば、ものの場所がひと目で分かるように、タグをつけたりラベルを貼ったりしています。 基本的にズボラなので、見た目すっきりでも、中はざっくりがほとんど(笑)細かすぎる収納はストレスになるので、その上で家族に合った収納方法をいろいろ試行錯誤中です。家族だけでなくゲストも集まるリビングは特に、美収納を目指しています。」

頑張って細かく分けても、小さなお子さんをはじめ他のご家族が協力してくれなくては、うまくいきません。なにより、ここまでやったのに……と自分のモチベーションが落ちてしまうことも大いに予想されます。家族みんなに易しい、でもインテリアを邪魔しないharumamaさんが導き出した収納は、きっと日々の快適により適っています。

ここからは、harumamaさんが導き出した収納づくりにおける大切なポイントをピックアップしていただきました。いずれも、身近なアイテムを利用したり、簡単なひと手間で実践できたりするものばかりです。

分かりやすく、使いやすい収納づくりに大切な3つのこと

その1 細かくキレイにこだわり過ぎないこと

harumamaさん

「おもちゃで言うと、我が家は子どもが大きくなるにつれてどんどん小さなおもちゃが増えていきました。100均の仕切り付きケースでキレイに収納していたこともあったのですが、続かず……。今は、大まかな仕切りのついた引き出しに適当に入れているだけです。見た目こそ、ラベルを貼ってキレイに収納しているように見えますが、お人形やおままごと、ブロックなどの分類が簡単なおもちゃ以外は、ひとつつくった『なんでもBOX』に入れるだけでOKにしてます。」

その2 快適に使えるスタイルを見つけること

harumamaさん

「例えば、洗面所のバスタオルの場合、最初は普通に畳んで重ねていました。でも、なんだか取りづらいんです。そこで、ホテルのように丸めてみたら、片手でサッと取れることを発見!かなり快適になりました。」

その3 必要最低限に絞り込むこと

harumamaさん

「こちらは、文房具収納です。必要最低限のものだけを入れてます。あえて余白を埋めようとせず、よく使うものだけをリビングの引き出しに入れるようにしたのがポイント。 キッチンの引き出しも同じように、必要なものを入る分だけにしています。まだ多いかも……ですが、以前はこの倍近いフライパンや鍋がありました(笑)キッチンは、上から見て取りやすい収納にしました。」

オススメの収納アイテム

ITEMニトリのレターケース9個引き出し
PRICE2,085円(税込)

仕切りがたくさんついてるので、小さなおもちゃを収納するのに便利です。おもちゃだけでなく、文房具や薬を収納したり、どのお部屋でも大活躍してくれること間違いなしです。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

harumamaさん

「我が家はものが多く、常に探し物をしているような状態だったので、そこから収納を考えるようになりました。『今の生活に必要なものだけを残す』簡単なようで難しいですね。まだまだ私も断捨離の途中です。 定期的に収納を見直すことで、不要なものが分かってくると思います。いろいろ試して、最も快適な収納方法を見つけるようにしています。」

ものは最小限、工夫は最大限

harumamaさんは、ものの要・不要を見つめ直し、家族みんなが扱いやすい収納をみつけることで、すっきりとした暮らしを実現されていました。中でも、扱いやすさへの工夫は徹底されています。みんなが頑張ることなく自然に、ものを見つけ・使い・片付けてくれるシンプルな仕組み、素敵ですよね。そして、その収納づくりのどれもに、特別なテクニックを要しません。誰もが身近で出会える道具、誰もがすぐに実践できるちょっとしたひと手間で、暮らしを快適に整え、維持することができるとharumamaさんは教えてくれます。ぜひ、参考にしてみてください。


harumamaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク