「ユニットバスのフラットな鏡を便利に変える、L字金具×板の簡単レシピ」 by mmさん

「ユニットバスのフラットな鏡を便利に変える、L字金具×板の簡単レシピ」 by mmさん

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。

今回は、明るくエレガントな海外スタイルのインテリアで、ひとり暮らしのお部屋を素敵にコーディネートされているmmさんにアイデアをお伺いしました。賃貸のユニットバスを手軽に便利にセンスアップする簡単レシピ、さっそくチェックしていきましょう。

教えてくれた人

ワンルームのお部屋を少しずつカスタムして、ひとり暮らししています。

必要なもの

所要時間

10分

購入する材料 計6アイテム 600円(税抜)

  • 木材【ダイソー 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】
  • L字金具2個入り【ダイソー 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】
  • アルミワイヤー【ダイソー 売場:DIY材(スノコ、工具、フック等)】
  • タイルシール ×2【Seria(セリア) 売場:】
  • グルーガン【ダイソー 売場:】

必要な道具

  • ペンチ

つくりかた

STEP1

まず、設置したい鏡の背面に、L字金具を差し込める隙間があることを確認してください。

STEP2

確認できたら、お好きなサイズの板の両端に、グルーガンでL字金具を2個取り付けます。今回使用した板は、鏡に合わせて30.5cm×9cmです。

STEP3

お好みで塗装してください。今回は塗装ではなく、セリアのタイルシールを2枚貼りました。ちなみに、タイルシールはあらかじめ、5mmほどカットしておくと、端っこ部分にキレイに貼り足すことができます。

STEP4

続いて、L字金具のネジ穴にワイヤーを通して、鏡の金具に引っ掛けられるようにしていきましょう。写真は、分かりやすいように鏡を外した状態です。

STEP5

STEP4までの状態で、ガタつきがあるようなら、L字金具に、厚み出し兼滑り止めとしてグルーを付けてみてください。写真のように、金具の両面に付けます。

STEP6

微調整ができたら、鏡に設置して完成です。

ちょっとあったらいいなは、意外と簡単につくれる

ひとり暮らしのユニットバスでは、やりたいことがたくさんあります。お風呂はもちろん、身だしなみを整えたり、寝る前に歯を磨いたり……だからこそ、鏡の前に置いておきたい小物も多いはず。ただ、ちょうど良い収納や置き場がないのが、ユニットバスのあるあるではないでしょうか?mmさんのレシピなら、そんな『ちょっとあったらいいな』と感じるものおきスペースを、さらっと手に入れることができますね♪mmさんは、歯磨きセットを置いたり、ヘアピンなどの小物を置くのに使ったりしているそうです。

今回教えていただいたアイデアは、塗装や装飾次第で、アレンジの幅も無限大。ぜひ、インテリアを楽しみながら、暮らしを便利にできる簡単DIY、参考にしてみてください。

ワンポイントアドバイス

  • つけてしまったグルーを手直ししたい場合は、ドライヤーなどを使って温めると扱いやすくなります。火傷にはご注意ください。
  • 我が家と同じタイプの鏡ならば、上に持ち上げるようにすると取り外すことができます。

mmさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

みなさんの投稿をお待ちしております♪

本連載に連動して、ただいまイベントを開催中です。みなさんが試された10分でできる100均リメイクをぜひ投稿してください!

■■■■■■!以下3点ご確認ください!■■■■■■

  • 10分以内でつくれるもの(乾かす時間等、何もしない時間はのぞく)
  • 工具や塗料は初心者が持っていそうなもののみ
    →持っていなさそうなものは、100均でも購入できる工具・塗料であればOK
  • 執筆時点で材料がすべて購入できそうなもの
お待ちしております♪

関連記事

RoomClipの関連リンク