快適に暮らせる♪過ごしやすくリノベーションした魅力的なリビング

快適に暮らせる♪過ごしやすくリノベーションした魅力的なリビング

新しく住む人のライフスタイルに合わせて、間取りや内装を新たに考えて作る「リノベーション」。賃貸だけでなく、中古のマンションや家もリノベーションして暮らす方が増えています。過ごしやすくオリジナリティのあるお家になったら素敵ですよね。今回は、リビングを通して快適にリノベーションされた実例をご紹介します。

間取りを広くとる

リビングのリノベーションでは、それまでの間取りよりも大きくすることで、開放感があってリラックスできるお部屋にすることができます。また、家族やお客様など人がたくさん集まる場所なので、柱だけを残して壁を取り払うといったような、窮屈にならない空間づくりがポイントになりそうです。

柱を残した広々リビング

kazumi_innbさんのリビングは、抜けなかった柱だけを残した、日当たりのよい広々としたお部屋です。和室と洋室とキッチンの一部をつなげて一部屋にしたそう。三つの部屋をくっつけることで、大きな空間を実現しています。お子さんも、思いきり走れそうな広さでのびのびできそうです。

セルフリノベーションで部屋をつなげて

セルフリノベーションで、ゆとりのあるリビングを完成させたchikichikiさん。奥の仕切り壁風の部分が、息子さんのお部屋だったそうです。壁がなくなることで、まったりくつろげるオープンな印象のリビングになっています。流木インテリアもお部屋の雰囲気にピッタリで、さらに落ち着いた時間を過ごせますね。

壁取っちゃいましたw奥に仕切り壁風にしてある所が昔は息子の部屋だったんです。
chikichiki

階を丸ごとLDKに

こちらは中古の三階建て共同住宅の三階部分を、LDKにリノベーションしたmilk-crownさんのリビングです。十分な広さとたくさんの窓が、リラックスできる開放感と落ち着きを与えてくれます。家具や家電など置けるものの範囲が広がって、選択肢が増えるのも大きなリビングの魅力の一つです。

収納作りもこだわって

リノベーションする際は、内装にもこだわってみながら、計画を立てて使いやすいリビングを作っていくことも重要です。たとえば、壁紙の色や質感はもちろん、収納を増やしてみたりと、一工夫加えるだけでグッと魅力的なお部屋になりますよ。物が増えがちなリビングでも、大きな収納を作れば何でもさっとしまえて便利ですね。

壁の一面を大きな収納に

hiro_life_dayさんのリビングは、壁一面が収納として使えるお部屋になっています。これだけ大きな収納があると、物が散らかりがちなリビングでもすっきりと見せることができそうです。扉の色も白いので圧迫感を感じさせず、お部屋のナチュラルなイメージとも合っていて素敵ですね。

お店のような見せる収納

ターコイズ色の壁に、たくさんの棚を取り付けているte..dte..dさんのリビングです。こちらの棚は、自由自在に動かせる可動式なので、収納のみならずインテリアなども、好きなようにカスタマイズすることができそうですね。まるでお店のようにたくさんあるのも、迫力があってアクセントになっています。

小ぶりな収納をたくさん並べて

リビングの上下に扉付きの収納をたくさんつけたayyさん。小ぶりなサイズは、細かなものでもしっかり分けて収納できるので、機能的で使いやすいですね。扉付きなのもお部屋全体が片付いて見えます。本棚などの見せるタイプとこちらの隠すタイプの両方の収納があることで、バランスが取れて抜け感があるコーディネートに。

オリジナリティのある空間

最後に、リノベーションでオリジナリティのある内装や空間にこだわっている実例をご紹介します。床に段差をつけてスペースを作ってみたり、壁や床の素材を個性的なものに変えてみたり、自分らしいデザインで居心地の良いお部屋が作れますよ。さらに統一感があると、まとまった仕上がりになるので意識してみるといいですね。

アクセントになる室内窓

こちらは、壁上部に室内窓を取り付けたMacさんのリビングです。大きな窓とはまた違ったさりげない趣があって、アクセントにもなっています。また、壁だけにするよりも、少しだけ開放感が出てインテリアにもなりますよ。明るさを他の部屋からも取り込めるので、リビングでも暗くならずに光を感じて過ごせますね。

今や、リノベーションといえば、室内窓!ですよね〜 * いろんな施工例を見ると、大きめで開放感のある窓もとても素敵で魅力的だったけど、我が家は適度な開放感と、なんとな〜くさりげな〜く部屋のアクセントになったらいいなこの窓あったら、リノベーションやった感でるよねくらいの軽い気持ちだったので、控えめなサイズ感のfix窓。 窓ガラスは、チェッカーガラスで寝室丸見え防止
Mac

収納も兼ねた小上がりスペース

Asamiさんは、リビングの一角に小上がりスペースを作っています。ここは収納も兼ねているので、荷物などをしまいながらスペースを活用できます。シンプルなダークブラウンの木目が、大人っぽい内装とマッチしていて落ち着いた雰囲気です。ほっと一息つきたいときにも、くつろぎスペースとして活躍してくれそうです。

こういうスペース、それだけでワクワクしちゃいます(≧∇≦)
YABA0618

カフェのようなワークスペース

こちらは、なんとDIYで作られたとのことです。erisimさんのリビングには、階段付きの大きな小上がりスペースがあります。下は収納、上はワークスペースとして活用されているそうです。まるでカフェのようなパーソナルスペースが、リビングでの自由な過ごし方を想像させてくれます。

モルタルとコンクリートでクールなお部屋に

コンクリートの壁やモルタルのカウンターで、クールな内装を作ったyukapekossさん。さらに北欧インテリアもプラスすることで、可愛らしさも持ち合わせたリビングに。グレーと北欧のカラフルさがオリジナリティのある空間を作っています。上手に組み合わせていて、リノベーションを最大限に楽しんでいる実例です。


いつまでも心地良く暮らせるように行うリノベーションは、自分らしいインテリアや過ごし方のポイントを押さえると、ワンランク上のコーディネートになりますよ。ぜひ機会があれば、参考にしてみてくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「リノベーション リビング」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク